ブログメニュー

カレンダー

<< April 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

高等教育の費用対効果はかなり悪い

2019.04.12 Friday

やっと暖かくなったと思ったら不意打ちのように寒くなり、東京では雪が降って桜がかなり散ってしまいました。
季節の変わり目で体調を崩さぬようくれぐれも気をつけてお過ごしください。

・・・

先日、文系の女性研究者が自殺しました。一歩間違えてたら私もこうなってた可能性があります。
博士が100人いる村という創作があります。博士課程を出ることがまず大変で、博士号を取得する前に死ぬ人もたくさんいるのですが、無事に取得したとしてもそのうち19人は就職できずニートになり、8人は行方不明になります。
行方不明の内訳はおそらく自殺です。

昔はよく「末は博士か大臣か」と言いましたが、今や博士の末がこれですし大臣は大臣で石巻が読めずに辞任に追い込まれる時代です。

私は修士課程を出てますが、もともとは博士志望でした。博士課程に引きずり込まず門前払いにしてくれたクソーリンには感謝してます。
日頃悪口を言ってますが感謝してますよ。
博士号を持っていても教育学は知らないし分野がちょっと違えば何もわかってないし、そのくせ他人には「君は何もわかってない」と言う、そういうレベルの人間を出すのが博士課程であり国策の高等教育なのだということを身をもって教えてくれました。

連中も私の悪口を言いまくってるでしょうな。私の悪口を言えば言うほどこんな馬鹿を出した自分らの無能ぶりをお仲間、大学当局、文科省、世間様にさらけ出すことになるのでドンドン言ってください。

・・・

ところで、私が博士課程に行こうと思ってたのは研究者になりたかったからです。
子どもの頃から知的好奇心の塊のような人間で、SFの漫画や小説をよく読んでました。
また農家の家系ですので農業に興味があり、高校は農業高校に進学しました。

農業高校で植物学を勉強し、私立大学では生物学科に進学して植物から全ての生物に範囲を拡大し、そして生物を理解するには化学の理解が必要だということを強く感じて大学院は京大の化学に行くことにしました。
生物一本では就職も厳しいので潰しの利く化学へ、という考えもありました。

生物と化学は全く違うとか言ってる人がいますがそんなことはありません。化学と生物学は延長線上の関係ですので生物学を突き詰めていくと自ずと化学にたどり着きます。

化学と生物学の関係

こうしてやっと京大の化学に入ったわけですが、あいにくクソ研究室に入ってしまったためアカデミックに見切りをつけるきっかけとなりました。

もし優良研究室に入ってたら良かったかというとそういうわけではなく、永久にそこにいられるわけではないのでいずれクソ研究室に飛び込むことになったと思われます。
今ぐらいの歳になって初めてクソ研究室に入ってにっちもさっちも行かなくなることを考えれば早めにクソに出会っておいてよかったです。

・・・

日本は学歴社会で、大学進学率は短大を合わせると6割近くになってます。高学歴だからといって頭がいいとは限りませんし人間性がクソなやつはいくらでもいます。私も京大卒に相応しい人間かというと怪しいですね。
これはつまり学歴という単なる共同幻想に過ぎないもののために若者の貴重な時間と、労働力と、お金が無駄になっているということです。

勉強だけなら図書館があればできますし、誰かに教えてもらわないとできないタイプの人なら民間のスクールにでも通えばいいのです。
ところが図書館や民間のスクールでは学歴がもらえません。今の学歴社会では実力があっても学歴がないと評価されないので、学歴をもらうためには大学に行くしか仕方がないのです。
もちろん大学の方も足元を見てますので、適正価格の5〜10倍ものぼったくりの学費を吹っかけた上にアカハラが蔓延した粗悪な教育を売りつけます。粗悪さは国策と税金で保護されてる国立大学ではより顕著です。

特に大学院重点化は完全に失敗です。平成の負の遺産を令和に持ち越すことになってしまいましたが早めに元に戻しましょう。

学歴社会の弊害は高学歴・高所得ほど子どもが少なくなるというところにも出ています。
これは優秀な人ほど学歴取得のために無駄な時間を消費することを強要され、生殖に対してはそれが機会損失になってるのだと言えます。
本当に優秀な人は中学ぐらいから頭角を表して勝手に勉強して勝手に成長しますので、それに応じて早く社会で活躍できるようにすべきなのです。
無駄に学歴を積むとアカハラにあって才能が潰されるリスクもあります。

国公立大学に国策で多額の税金がぶっこまれてきた建前として「高等教育への投資は社会的見返りが大きい」という前提がありますが、それは完全に間違ってます。学歴社会が少子化を助長していることからも明らかです。

・・・

収量漸減の法則という、経済学の経験則があります。
横軸に投資額、縦軸に収量をプロットすると投資回収率は「∩」の形の曲線になります。
すなわち、ある程度までは投資額を増やすと収量はそれ以上に増えるのですが、行き過ぎると収量が悪化するということです。
これはもともと農業の経験則ですが、車の燃費やフラッシュメモリの容量と耐久性の兼ね合いなど様々なことに当てはまります。
おそらく単なる経験則というよりは数学的な裏付けのあるれっきとした物理法則であろうと考えられます。

そして教育も例外ではなく収量漸減の法則に支配されています。
家庭教師をやっていた頃、0点近い点を20点に引き上げるのはものすごく大変でした。ところがそれよりもずっと少ない労力で30点を60点に上げることができました。
じゃあ同じだけの労力で60点が90点になるかというとなりません。90点を100点にするのはもっと大変です。

つまりこういうことなのです。税金による教育の投資は費用対効果の高いところにすべきであり、費用対効果の悪い高等教育に投資する前に義務教育の問題をなんとかすべきです。
また、幼児教育も費用対効果が悪いので税金を突っ込むのはナンセンスです。今回の記事では触れませんが幼児教育無償化も大変な弊害を生みます。

一方で義務教育の問題、例えば発達の遅い子が教育から取り残される問題を解決すれば非行、引きこもり、バイトテロ、無免許運転など様々な社会問題を減らすことができます。
これは一握りのICP-MSが使える人材を育てるよりも遥かに費用対効果が高いはずです。

実は税金による公教育の妥当性についても疑問を感じつつあるのですがね。

・・・

令和は平成の負の遺産である大学院重点化が終了し、国公立のボンボン学校や国公立大学が民営化されて国家による教育の統制が瓦解し、そして必要な人が必要な教育を適正な価格で受けられる時代になればと思います。

高尾山でお花見

2019.04.03 Wednesday

今日は高尾山で一人でお花見してきました。



高尾山は八王子にある高さ599mの山です。
東京都民の間ではよく知られたハイキングスポットで、ドラえもんでは高井山という名前でよく登場します。
私は東京にもう4年住んでますが、今日はじめてこの山に登りました。

ちなみに今朝の夢でも山に登っていて、女性二人が山を勢いよく駆け上がっていてそれを一生懸命追いかけてました。
「帰りはこの道を降りるんだよな…」と言って途中で引き返したところで目が覚めました。

もともと今日はどこかに出かけようと思っていて、ムーミンバレーパークか高尾山か一瞬迷って高尾山に行くことにしました。夢の影響もありますが、主な理由は後ほど。

・・・



というわけで、京王電鉄の高尾山口駅にやってまいりました。
電車の中で双眼鏡を忘れてきたことに気づいたのでややテンション低めです。



ケーブルカーで上まで行けます。
というわけでこれに乗り…ません!



万年金欠の私にケーブルカーに乗るお金があるわけもなく。
470円を浮かせるためにここから歩いて登ります。
ちなみに、ムーミンバレーパークにまだ行けてない理由も金欠です。恥ずかしながら。



意外と険しいです。なめてかかったからそう感じるだけかもしれませんが。
あちこちにベンチが置いてあるので休憩しながら登ることができます。
そういう意味で子どもとお年寄りに優しい山と言えます。



だいぶ登ってきて道の様子が変わってきました。あと少しかと思いきや…。
え?まだ1/3だって?マジかよ〜



少し進んだところですが山頂までの距離が変わってないように見えるのはきっと気のせいでしょう!
ちなみに帰りはルートを変えようとJR高尾駅方面を選びました。



そのすぐ上に眺めの良い場所があり、ちょっと一休みしました。
空気の澄んだ日だと東京湾も見えるそうです。



写真中央の黒いビルはタワーマンションのサザンスカイタワーレジデンスで、八王子で一番高いビルになります。





ケーブルカーの上の駅のところまで来ました。絶景です。そして桜が綺麗。
自動販売機でジュースを買おうとしたら500mLのペットボトルが180円、高けぇ…。
それとこのあとカメラの電池が切れてしかも予備電池を忘れてきたために売店で電池を買う羽目になりました。
単三電池2本で400円なり。




樹齢450年のたこ杉。



ケーブルカーの上の駅を通り過ぎてだいぶ歩きましたが、このあたりから寺院が連続するゾーンに入ります。
高尾山薬王院です。一つ一つ賽銭を入れてお辞儀をしながら進んでいきます。
山頂までまだ距離はありますが勾配はそれほどでもないので歩きやすいです。
普通に子連れもたくさんいます。



晴天に桜に朱色の門、絵になります。



天狗。





ついに山頂につきました!
富士山がよく見えます。



相模原方面の景色。



帰りしにもう一度絶景スポットで写真を撮りました。



双眼鏡を忘れたので据え置きの双眼鏡に100円を入れてカメラをくっつけて写真撮ってみましたがなんか微妙です。




雲ひとつない青空で帰りも美しい景色に恵まれました。



来た道の高尾山口駅方面とJR高尾駅方面の分岐点に差し掛かりましたが、帰りはJR高尾駅方面に降ります。
道狭いけど大丈夫なのかこれ…。



きれいな花が咲いてます。アヤメ科のシャガという植物だそうです。



山を降りてちょっと歩いたところに桜が咲いてました。
山を降りてから高尾駅まで少し距離がありました。

・・・

午前中に登り始めたので明るいうちに山を降りられました。
ケーブルカーで登ったらすごく楽だと思うのですが、あえて自分の足で登るのも良い運動になったと思います。
今度は双眼鏡と電池を忘れずに持ってまた登りたいです。

エイプリルフールそして新元号

2019.04.01 Monday

今日ついに新元号が発表されました。新元号は令和です。
もちろんエイプリルフールではありません。

エイプリルフールの日に新元号を発表するという大事なイベントが重なってしまったため今日のエイプリルフールはあまり盛り上がらなかったなというのが正直なところです。
なんとなく嘘をついてはいけないような空気を感じませんでしたか?

・・・

平成は私の人生そのもので、年齢とほぼ一致しててある意味便利でした。
それがあと1ヶ月で終わってしまうと考えると寂しいものです。実質的には既に終わってるようなものですが。
令和は読みづらくしっくりこない気がしますが、それもいずれ慣れるのでしょうか。
昭和と同じ「和」の字が入ってるところになんとなく懐古的なものを感じますね。

令和は社会のシステムが全地球的に変革されるような、そういう時代になりそうな予感がします。
前半は混沌として、後半は落とし所を見つけて落ち着いていくといった感じでしょうか。
その先に待っているものが明るい未来であることを願いたいと思います。

技術と責任

2019.03.24 Sunday

今日で東京に来てから丸4年になります。自転車で上京したのがまるでつい先日のことのようです。
だいぶ日が長くなって入射する太陽光線が確実に増えてるにもかかわらず異常に寒い日があります。
大量のフラワーパウダーが凝結核となって雲ができやすくなり、それが太陽光線を遮るせいでしょうか。

・・・

では表題に入ります。
私はもともと生物が専門なので技術に対する責任問題にはとても敏感です。
例えば野放図にクローン人間が作られたりしたら大変まずいことになりますし、限られた時間でできる実験で目先の安全性が確認された遺伝子組換え作物ですら自然界に出た場合に思わぬ影響が出る可能性があります。
高度な技術には重大な責任が伴うということはどの分野にでもありそうな話ですが、生物学ではそれがより顕著です。

このような重大な責任を伴う技術の一つに不妊治療があります。

昨年1月、愛知県で三つ子の母親が次男を虐待死させました。
この三つ子は自然に授かったのではなく不妊治療の結果です。

不妊治療は無理に排卵を起こすため多胎になりやすいのです。
これは母体にとって大きなリスクがあり、また産まれても育てられなかったりということもあるので減胎、つまり間引きする人もいます。
やることがもうめちゃくちゃですよね。

妊娠しないのは妊娠しないなりの理由があります。妊娠および出産は母体もろとも死の危険を伴うため、何らかの問題があれば妊娠しにくいようになっています。
これは何億年もの進化の過程で獲得した安全装置ですが、医療介入はそれをわざわざ無効化してしまいました。
医療介入で技術的には三つ子の出産に成功しましたが、精神的には持ちこたえられませんでした。

・・・

この件に関して何やら母親に執行猶予を求める署名をやってる連中がいますが気が狂ってるとしか言いようがありません。
また父親がダンマリしてるのも問題です。こんな頼りない父親だから尚のことあてにしてはいけないでしょう。
支援団体がついてるというのも非常に怪しい話です。

それと担当医がダンマリしてるのはどういうことでしょうか。
お前が不妊治療しなかったらこの悲劇はなかったのだぞ。

母親、父親、担当医、三人揃って人間のクズですね。
医師は説明責任をきちっと果たさなかったものと思われます。
なぜならきちっと説明責任を果たしてしまうと100人いたら95人は不妊治療を断念するからです。

多胎になる可能性があること、減胎するかリスクを承知で産むか選択を求められること、産んだら膨大なコストと人員が必要になること、これらをちゃんと説明すればクソーリンも真っ青なぐらいの厳しい口調にならざるを得ません。
口約束ではなく預金通帳や証券口座を見せてもらったり、産後頼れる人を10人ぐらい呼んできて面接してから不妊治療を行うべきです。そうすればこの悲劇は防げました。
まあここまでやれば誰も不妊治療なんて受けなくなりそうですけどね。

ところがこの医者は金儲けや自らの技術を誇示することしか考えておらず、不十分な説明と生半可な口約束で不妊治療を行って悲劇のきっかけを作ってしまいました。
父親も自分が産むわけじゃなし、料金も大半を国に肩代わりさせてるので軽いノリで「お願いします」と言ったのでしょう。

・・・

今後少子化で産婦人科の需要が減り、生き残りをかけて客単価の高い商売にシフトしていくであろうことを考えると悪い予感しかしません。
不妊治療からの減胎手術はさぞかし儲かることでしょうな。

このような良からぬことを考えてる医者はごく一部であること、またこんなヤブ医者をあてにする客は痛い目を見て妊娠できないことを祈るばかりです。

何事にも技術には責任を伴うこと、技術的に可能でもやってはいけない場合があること、これをよく肝に銘じておきたいところです。

桜風船入荷

2019.03.21 Thursday

長いようで短かった冬が終わり春が来ました。
春と言って真っ先に想像するものは?

おそらく大半の人は春といえば桜を思い浮かべると思います。
日本人にとって桜は春の象徴です。



桜風船 メタリックバルーン (横32cm×縦32cm)


その桜が風船になりました。
価格は390円、さくらの語呂合わせと掛けています。
他の語呂合わせとして396円や、「ら」が5に似ていることから395円にすることも考えましたが、少しでも安いほうがいいと思って390円にしました。

わざと一つ一つ色合いが異なるように作られているので、たくさん束にすると本物の桜のような自然な色彩を再現できそうです。
大量生産された工業製品で一つ一つ色合いが異なるように作るのはかなり高度な技術だと思います。

メーカーは横浜風船で、当店が横浜風船を扱うのはこれが初めてになります。
他にも横浜風船から仕入れており順次登録予定です。

新着商品をチェックしてくれてる方はお気づきだと思いますが商品はどんどん増えています。
未登録商品や仕入れ予定商品がまだまだありますので、ぜひ新着商品をチェックして頂けたらなと思います。
アプリを入れると新着商品の通知が届きます。

豊充風船商店 - Google Play のアプリ

なお、アプリは今年大幅に進化する予定です。

全[88]ページ中[1]ページ目

ページ先頭へ