ブログメニュー

カレンダー

<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

コメント

カテゴリー

検索

プロフィール

Feed

星座の風船

2017.03.27 Monday

気づけば東京進出2年達成です。
今年の8月には開業から4年を迎えます。

ショップ大賞2017に参加したのをいい機会にショップのプログラムに修正を加えました。
お気づきの方もおられると思いますが、おすすめ順の並び順がこれまで登録した順番になっていたのを本当におすすめできる順になるように修正しました。
並び順は売上数、売上高、売上回数などを加重平均して独自のアルゴリズムで決めています。
それによりほしい風船をより見つけやすくなりました。

・・・

さて、トップページに出ていますがショップ大賞に合わせて多くの風船を仕入れました。
その中でも星座の風船は実にユニークです。

星座

現在のところ青と金が互い違いになってますが、売上や要望がそれなりにあれば全星座で2色とも揃えようと思います。

月曜の休日

2017.03.20 Monday

今日は春分の日でした。皆さんは三連休楽しく過ごせましたでしょうか?
三連休なんてなかったよ、という声が聞こえてきそうです。お仕事お疲れ様です。

大学院生の頃、月曜日が休みだととてもうれしくて、カレンダーで月曜の休みを発見する度に喜んでました。
なぜか? それは月曜のミーティングがなかったからです。

大学生、院生やその経験者ならわかると思いますが、毎週ミーティングがあって各自週ごとの進捗を発表したり、あと雑死に掲載された論文を発表する雑会もありました。
私は研究室に入った段階でぞんざいな扱いを受けたためすっかりやる気も熱意も萎縮してしまいましたので、木曜日まで適当に過ごして金曜日になって慌てて実験するというパターンが多かったです。

木曜日まで何やってるかというとネットしたり、ア○ラとかに記事を投稿したり、居眠りしたり、研究とは関係ないプログラミングしたり、中抜けしてゲーセンに行ったり、銀閣寺や奈良公園でデートしたり、2013年08月以降は店の運営をやってました。
そして来週月曜日にミーティングがないとなればもう1週間遊びまくれるわけで、やったー!ラッキー!というわけです。

雑死会で私の番が回ってきたときであれば先延ばしになるという意味でさらに嬉しかったです。
一旦翻訳ソフトに丸ごと食わしてそれを要約するだけですが、めんどくさくてやりたくないことには違いがないのでゆっくりできることに越したことはないです。

ちなみに雑死会の資料は今もパソコンの中に残っていて、ファイル名は「人生最後の雑死会.pdf」でした。これはラストの雑死会資料で、本当の意味で人生最後になりました。
学生の頃なんて今では遠い昔の思い出に過ぎず、大学に戻ることはもう二度とないでしょう。

カラーミーショップ大賞2017にノミネート

2017.03.17 Friday

カラーミーショップ大賞2017にエントリーしてみたところ、一次審査を通過して無事ノミネートしました。
4/5まで一般投票期間となっておりますので、当店を応援してくださる方は清き一票をお願いします。


カラーミーショップ大賞2017


他にもおもしろそうなショップがたくさんエントリーしてますので、良いと思ったショップさんには投票してあげてください。
投票はショップ1つあたり1人1日一回可能です。

・・・

エントリーされている同業に近いショップさんを紹介します。

Chubby Balloon チャビーバルーン

存在を知ったのは今日なんですが、バルーン業界でエントリーされているのは当店とチャビーバルーンさんだけのようです。
チャビーバルーンさんは膨らまして飾り付けした状態で販売されているので、膨らまさない状態で販売することに専念している当店とは対照的です。

自分で風船を膨らましたり飾り付けができる人なら当店で購入されたほうが安くついていいですが、自分でするのが不安な方は完成品を購入されたほうがいいでしょう。
特にぶっつけ本番で急に必要になったような時は不良品だったり焦って割っちゃったりした時に間に合わなくなるので完成品を買ったほうが安心です。

100円ショップブランド風船

2017.03.02 Thursday

取り扱い始めてから結構日が経つのでお気づきの方も多いと思いますが、100円ショップブランド風船の取り扱いをはじめました。
現在のところ扱っているのはダイソーとセリアの風船です。

100円ショップブランド

100円ショップで売ってるものそのままで、価格は税込み108円。
ダイソーに風船があるという話は京都の頃から耳にしてましたが、京都のダイソーで風船を置いてるのを見たことがありませんでした。
このことからダイソー風船も手に入らない地域では需要があると判断し、取り扱うことに決めました。

ちなみに利ざやはありません。裏ルートから仕入れたバッタモンではなく、都内の100円ショップで普通に買ったものです。
利ざやがなくても取り扱う商品を増やすということ自体に意味があるのです。うちは風船のデパートを目指しているので。

ところで、空ビ系の掲示板に「これって大丈夫なのか?」という書き込みがありましたが、ライセンス的な意味合いであれば問題ありません。
ショップブランドであることをきちんと明記して、あるがままの価格で販売し、商品に何一つ改変を加えていないですから。
ダイソーで買ったものに自社ロゴをつけてあたかも自社ブランドかのように売ったらアウトです。

品質はどうなの?と聞かれると答えられませんが、普通の使い方をする分にはまあ大丈夫なのではないかと思います。
体重をかけたりなんかすればパーンだと思いますが。でも見た感じなんとなくアナ○ラム製より耐久性ありそう。

花粉症にはシソ油、えごま油

2017.02.28 Tuesday

冬もそろそろ終わりに近づいて春の足音が聞こえてまいりました。
当店は確定申告前なので製作の時間が取りづらくなってますが、3月中には振袖風船を出せたらなと思います。

・・・

春の嫌な風物詩、それは花粉症です。
私は目がかゆくなる程度ですが、人によっては鼻水が止まらないだとか呼吸困難だとか、下手したら命に関わるような症状が出てたりするようなのでたかが花粉症と侮れません。

さて、花粉症の改善方法として一つ発見したことがありますので書いておきます。
それはサラダ油、ごま油、マーガリンの摂取を控えてオリーブオイル、シソ油、えごま油中心にすること。
これでどの程度花粉症が軽くなるのかまだ実感できてませんが、口内炎はかなりできにくくなったようです。

なぜ油の種類と炎症が関係しているのか、それは炎症を起こしたり抑える物質が油の成分から作られることが関係しています。

食用油はグリセリンと脂肪酸のエステルであるトリグリセリドが主成分で、脂肪酸部分は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類できます。
飽和脂肪酸はマーガリンやバターに多く含まれていて、固まりやすいので動脈硬化の原因になると言われてます。
それに対して不飽和脂肪酸は二重結合があるため分子同士が絡みにくく常温でも液体でいられます。サラダ油やごま油が液体なのは不飽和脂肪酸が多く含まれているためです。

不飽和脂肪酸は二重結合の位置の違いからω-3脂肪酸とω-6脂肪酸、ω-9脂肪酸に分けられます。
このうち炎症の原因となるのがω-6、炎症を抑えてくれるのがω-3、中立がω-9です。

ω-6の代表はリノール酸で、菜種油やごま油に多く含まれます。リノール酸はアラキドン酸を経て炎症物質である悪性プロスタグランジンに変わりますのでリノール酸の摂取制限はアレルギー症状の改善につながります。

ところでリノール酸は体に良い脂肪酸だと宣伝されている場合があります。確かに人間はリノール酸を作れない(とはいえ体内の微生物が作ってくれたりする)ので必要なものではありますが、過剰摂取は禁物です。菜種油の揚げ物を食べるとすぐに過剰摂取になります。
また、動物性脂質にはアラキドン酸も多く含まれていますので、特にモツ鍋なんかは良くない影響を与えるでしょう。

ω-3の代表はα-リノレン酸やDHAで、シソ油やえごま油に多く含まれています。α-リノレン酸はDHAやEPAに変換されるため魚を食べても同じ効果があります。
これも自分で作ることができないため食べなければなりません。α-リノレン酸さえ足りていればそれを材料にDHAやEPAを作ることはできますが、α-リノレン酸は微生物をあてにするよりも意識して食べたほうが効率的です。
熱に弱く酸化しやすいので加熱調理には向きません。

ω-6の代表はオレイン酸で、オリーブオイルに多く含まれています。これは中立的ですので食べ過ぎても太る以外の悪影響がありません。熱にも強いので揚げ物に最適です。
この種類の油は自分で作れるので摂取制限も意識的な摂取も必要ないでしょう。

・・・

まとめると動物性脂質、マーガリン、サラダ油(菜種油)、ごま油を制限して魚の油やえごま油、シソ油を食べるようにすると花粉症やアレルギー体質が改善するのではないかということです。
ただしω-3は熱に弱く高価なので揚げ物など大量の油を加熱する用途にはオリーブオイルが最適です。

ω-6制限を去年から続けていてもう長いことサラダ油やごま油を買ってませんが、口内炎は確かにできにくくなりました。
花粉に関してはまだわかりません。完治は無理だと思いますが目のかゆみが少しでも改善したらなと思います。

ところで猫はアラキドン酸を自分で合成できないので、猫の花粉症は人間よりもかなりコントロールしやすいはずです。

全[74]ページ中[1]ページ目

ページ先頭へ