ブログメニュー

カレンダー

<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

地震・気象兵器の嘘と真実

2018.06.18 Monday

今朝大阪北部で大きな地震がありました。
大阪北部や京都在住の皆様はご無事でしょうか。
熊本地震の時は最初の地震から数時間経過後に本震が来たことで被害が広がったというケースがありますので、万が一に備えてお風呂に水を貯めておくなどの対応をおすすめします。

また、小さなお子様のいるご家庭では絶対にパニックを起こしてはいけません
私は阪神淡路大震災を経験していますが、地震そのものよりも大人のパニックのほうが嫌でした。これはトラウマになってます。
いい年をした大人がパニック、これは大人げないだけでなく二次災害の原因となりますので絶対にやめましょう。

・・・

さて、表題の件ですが、大きな地震が起きると「地震兵器だ」と言う人が出てくるのが一種の風物詩になっています。
地震兵器なんてものが存在するのか? それが被害が起こるような地震を引き起こせるのか?

いずれも嘘です。

小さな地震であれば穴を掘って爆薬を仕掛けるなどすれば起こせますが、それで体に感じる地震が来るのはせいぜい数キロ、被害が出るかというと全く出ません。
核実験レベルなら近くにたまたま活断層があると刺激されて動く場合があります。北朝鮮の核実験で刺激されたと思しき地震も実際にありましたが、それは既に歪みが溜まっていたので核実験がなかったとしても早かれ遅かれ動いていたでしょう。
核兵器で歪みが溜まってそうなところをピンポイントで刺激して地震を誘発するぐらいなら核兵器をそのまま使ったほうが手っ取り早いです。
しかもそのような場所はほっといてもいずれ地震が起こるので、それをわざわざ誘発したところで兵器としての意味は全くありません。

以上のことから地震兵器は存在しないと結論付けられます。

・・・

では気象兵器は存在するのでしょうか。
こちらは何とも言えません(あえて言いません)が、少なくとも実現可能であることだけは確かです。

地震の場合は相手が厚さ数キロにも及ぶ岩盤ですので、歪みが溜まってるところを核兵器でピンポイント攻撃しない限り地震らしい地震を起こすことは不可能です。
ところが相手が大気の場合はそれよりも遥かに簡単に操れてしまうのです。

人類による気象操作は古くから行われていましたし、今日でも人工降雨は実用化されています。
よく知られてるのは雨乞いで、火を燃やすことで上昇気流を発生させて雲ができやすくします。
この時にある植物の葉っぱを燃やしたり爆竹で大きな音を出したりするとそれが凝結核になったり、過冷却状態を破る刺激となるのでより効果的です。
葉っぱを燃やす、爆竹を鳴らすはそれぞれアフリカと中国で見られる文化です。

日本の雨乞いでも太鼓を鳴らしたりしますが、それが刺激となって雨が降りやすくなることを昔の人は経験的に知っていたのでしょう。

今日では主にアフリカのやり方、つまり凝結核となる物質を散布する方法が実用化されています。
凝結核としてよく使われているのはヨウ化銀という化学物質で、多摩川上流の小河内ダム付近にはヨウ化銀を加熱して蒸散させる装置が設置されています。
雨が降らない時はこれを作動させることで気休め程度ですが都内の渇水を緩和することが期待できます。

気象兵器も基本的な原理は雨乞いと同じです。
ただ雨乞いとの違いは煙モクモクというレベルではなくロケット等を使ってダイレクトに上空に凝結核を散布します。
実際に中国では北京オリンピックの開会式を快晴で迎えるためにロケットで風上に雨を降らし、雨雲を撃退しました。
戦争の時はこのロケットを使えば敵国に豪雨や干ばつを引き起こせることになります。

・・・

去年、私が埼玉県内の山岳地帯に行った時のことです。
駅にいた時は晴れてたのに山に入ったら突然雷とともに大雨が降ってきました。
しかもこれは2回ありました。

何の用があってそこに行ったかというと、京大アカハラ問題やその他いろいろタブーの話をするためです。

裏で糸引いてる奴らがついに気象兵器HA○RPで攻撃し始めたか!

到着した時そう思いましたし、現地にもそれを疑う人がいました。
HA○RPとは電離層に電磁波を照射する研究施設(表向きは)のことで、本家はアメリカにあります。しかし構造が単純であるため然るべき波長の電磁波を電離層に干渉できる強度で出せるものでしたら何でもその代用になります。
また、メーザー(レーザーの電波版)を用いることで移動式気象兵器も可能かもしれません。

HA○RPの動作原理は電離層を刺激することで下層大気への宇宙線の入射量を増加させ、それが凝結核となって雲が発生しやすくなるものと考えられます。

いろいろ議論した結果あの雷雨は気象兵器ではない、たまたまゲリラに見舞われただけだろうという結論に落ち着きました。
ロケットよりも低コストとはいえ、広範囲の気象に影響を与えうるものを私個人に攻撃するためだけに使うのはいくら裏で糸引いてる連中であっても考えられないことです。

しかしこれで気象兵器の存在が否定されたわけではありません。もし今なかったとしても今後作られる、あるいは気象兵器として作られたわけではないものが気象兵器として転用されることは大いに考えられます。

怪しいのは京大の前の総長が研究していた宇宙太陽光発電で、これも気象兵器として転用可能です。
こんなものに1兆円もの科研費が出てたというのはどう考えてもおかしいわけで、エネルギーフラックスが1.4kW/m2(太陽定数)を超えなければ太陽光発電と渡り合えません。
焼き鳥野郎はそれよりも遥かに低い100W/m2で送電するとほざいてます。
こんな素人でもダメだとわかるものに巨額の科研費が降りてるのは当然裏があります。

HA○RPなんかは局地的にしか気象操作できませんが、宇宙兵器なら世界中どこでも、場合によっては台風の発生や進路までコントロールできてしまうかもしれません。
こんなものが実現していいわけがないでしょう。

・・・

地震兵器は不可能だし存在しない、気象兵器は可能でそれに転用できるものは既に存在するし作ろうとする者もいる。
実際に兵器として使われたことがあるかどうかはわかりませんが、以上が地震兵器と気象兵器の嘘と真実です。

投資とギャンブルの違い

2018.06.17 Sunday

私は投資をしてますがギャンブルはなるべくしないようにしてます。
パチンコ、競馬、競輪、宝くじなど言わずとしれたギャンブルは全くしませんが、投資のつもりがいつの間にかギャンブルになってしまってたことならあります。

投資とギャンブル、一体何が違うのでしょうか。
一番わかりやすい違いは期待値です。期待値とは投資額が平均してどれだけ増えて、あるいは減って返ってくるかということです。
パチンコは0.9、競馬や競輪は0.8、宝くじは0.5ほどと言われてます。つまりこれらは当てずっぽうにやれば必ず損するのでギャンブルであると言えます。

株は1年間続ければ平均して15%のリターンがあります。配当と自社株買いによるものです。
こちらは期待値がプラスなので我慢強ささえあれば当てずっぽうにやっても勝てます。ただしタイミングと銘柄選定が悪ければやはり負けますので最低限の分析は必須です。
ただ、配当が無視できるほどの短期でやった場合は証券会社に払う手数料分だけ損しますのでギャンブルになってしまいます。

微妙なのはFXです。
FXも株でいう配当にあたるスワップポイントがあり、それを考慮すれば期待値はプラスになりそうです。
ただ、スワップポイントは金利から出ているもので、金利はインフレを抑えるためにあります。
金利平価説に従えば高金利通貨はそれだけ減価しやすいのでスワップポイントを考慮してもゼロサムあるいはマイナスサムゲームになるという論調もあります。
実際には金利平価説は当てはまりませんし、為替市場のプレーヤーはFXトレーダーよりも実需が圧倒的に多いので、全体がゼロサムだったとしてもFXがゼロサムである理由にはなりません。

FXトレーダーの収益はどこから出てるのか

・・・

投資とギャンブルの境目は意外と漠然としていて、長い目でよく考えてやれば投資になるものも近視眼的にやってしまうとギャンブルになります。
「投資のつもりがいつの間にかギャンブルに」というのはこういうことです。長期で持ちこたえるためにはレバレッジを低くして少々の暴落でも平気なように手堅くやる必要がありますが、ついつい欲を出してレバレッジを上げてしまうと暴落時にやられます。
実際2月のVIXショックでやられてしまったので、これに反省して投資手法を見直しました。

株にも為替にも裏で相場を動かしてボロ儲けしてる卑怯者がいます。卑怯者は暴落(急騰というパターンもある)を発生させてそれでボロ儲けします。
リーマンショックも、スイスショックも、VIXショックも、卑怯者によって引き起こされました。レバレッジ規制騒動の本当の理由も卑怯者が今以上にさらにボロ儲けしたいからです。
卑怯者は資金力がありますので各国の政府までコントロールできてしまうのです。

もしかすると株もFXも卑怯者ではない善良な市民にとっては実はマイナスサムゲームなのかもしれません。
相場で安定的に勝つためには卑怯者の行動パターンを読むということが必要になってきます。

・・・

投資のつもりがギャンブルになるのは相場に限った話ではありません。
受験戦争や学歴ロンダリングは世間一般にはそのコストを後の人生で回収可能な投資だと思われてますが、経験者から見るとそれこそギャンブルではないかと思います。

それもパチンコや競馬よりもずっと悪どいギャンブルです。

受験戦争は多くの軍資金が必要で、子どもの頃のかけがえのない時間を勉強に費やすことで多くの機会損失が発生します。
また受験戦争を勝ち抜いても勉強について行けなかったりアカハラでやられることも珍しくありません。
入学しても戦争は続くのです。

そして就職すれば回収できるかどうかというのも怪しいと言わざるを得ません。
おそらく京大生が好んでいくような大手もかなりブラック化してるであろうという確信があります。京大が上場企業にDQNを数多くねじ込んでるのをこの目で見てきたからです。
アカハラに加担するようなDQN学生が就職先でパワハラをやらないわけがありません。おそらく今頃新人をいじめまくってることでしょう。
既にクソーリンチルドレンのせいで退職に追い込まれた人もいるかもしれませんね。

これも相場と同じでずる賢いやつとかならず者ばかりが勝って、生真面目な人は平均すれば負けてるのかもしれません。
それに国立大学はそれだけのコストに見合った教育を提供してくれません。
当時はクソーリンがハズレクジだった、京大がハズレクジだったなどと考えてましたが、どうやら国立大学はどれもこれも似たようなものだったようです。
そして私立はまだマシかと思いきやアメフト事件が起こってしまいました。

ある程度有名な私立は国立と同じでグズグズに腐っていて、胴元(教授や経営陣)とイカサマ学生ばかりが得をする世界です。
国立は税金がぶっ込まれてるので挑戦しなければ損という考え方もありますが、挑戦するのであれば損切りラインを決めてから入ることをおすすめします。

それにしてもこんなパチンコよりも遥かに遥かに悪どい不健全な賭博場が教育機関の皮を被ってるのは大問題ですね。
教育機関は本来人を選別するようなものではあってはならないはずです。

理想を言えば希望者は全員入れるべきです。
ただそれはコスト面から無理があるので、仕方なく定員までに絞るために入試があるのではないでしょうか。
「たまたま入っただけ」は完全なるアカハラ発言です。

そして入った人全員には平等に扱われるべきで、落ちこぼれを出すことはとにかく避けるべきです。
ところが現実は気に入らない学生をいじめたり、学生同士を対立させたりしています。
受験勉強を頑張ったのが馬鹿らしくなりましたよ。
数年にもわたる努力を否定するような発言ももちろんありました。

多くの学生が脱落に追い込まれた中で私が最後まで乗り切ったのは、根性というよりは単にギャンブル脳で損切りができなかっただけではないかと思ってます。
原価のない京大卒の学歴がほしくてアカハラを我慢するのは当たりが出るまでパチンコに張り付くのと何が違うのでしょうか。たまたま出たから良かったものの、出る前にお金がなくなったかもしれないのに。

・・・

世の中には投資の皮をかぶったギャンブル、それも蓋を開けたらパチンコや競馬よりも遥かに悪どいものがあふれています。
それもイカサマ師に限定して言えば投資なのです。
逆にギャンブルとして認知されてる競馬や競輪は選手に対する投資と考えることもできます。
実際に競馬で安定的に勝ててる人もいるので、そういう人にとっては競馬は投資と言えそうです。

投資とギャンブルの違いを決めるのは結局のところ自分自身なのかもしれません。

安易な障害者手帳取得に物申す

2018.06.15 Friday

先日秋葉原事件、池田小事件のあった日を迎えましたが、もう同じパターンの次の事件が起こってしまいました。
今度は新幹線車内の殺傷事件です。

犯人の小島一郎は喧嘩慣れしておらず、然るべき武術訓練を受けてなければ効果的に扱えないナイフのかわりに力任せに振り回せばとりあえず切れる斧を選びました。
被害が秋葉原事件よりも少なく済んだのは不幸中の幸いという他ありません。
もし犯人が喧嘩慣れしていたり事前に練習していた場合なら被害はこれでは済まなかったと考えられます。

・・・

さて、犯人の小島一郎は発達障害であったことが話題になってます。
なお発達障害と犯罪性の関係は無いと言われており、犯罪性に関係するのは人格障害です。
発達障害と人格障害はバッティングしないので両方持ってるパターンは普通にあります。
いずれも全人口の3%だとすると1000人に1人は両方持ちがいる計算になります。
わざわざ斧を選定して女性を狙うという小島の行動パターンは完全に人格障害者のそれであるため、人格障害者がたまたま発達障害を持っていたということでしょう。
人格障害に触れずに発達障害だけ話題にするのは完全に的外れとしか言いようがありません。

なお、両方ダブってるパターンは計算上1000人に1人ということですがなんとなく実数はそれよりも多い気がしますよね。
これに関しては後述します。

・・・

この件で「薬を飲んでおけばよかった」とか「小さいうちから診断を受けて云々」を言う人がいますがそれも的外れです。むしろ薬が人格障害を悪化させた可能性のほうが高いですし、安易に診断を受けることは将来的に大きなリスクを背負うことになります。

発達障害者は基本的に良くも悪くもお人好しなので深くは考えてないのだと思いますが、この社会は発達障害に対する差別意識で溢れかえっています。
今回マスゴミが騒ぎ立ててるのも発達障害を悪者にすれば視聴率が取れるからです。人格障害に言及しないのはマスゴミに人格障害者がたくさんいるからです。

ネットの掲示板やツイッターでは「ガイジ」「池沼」という言葉をよく見かけます。
現実世界でガイジを連呼する人は流石にそうそういないとは思いますが、ネットの掲示板にガイジとか書いてる奴も社会の一員としてあちこちに潜んでるわけです。
もしかすると表の顔ではポリコレポリコレうるさい奴が匿名掲示板にはガイジと書いてるかもしれません。

発達障害者にこれだけ偏見の目を向けられて、場合によっては敵視までされてるのは避けようのない事実です。
しかしそれは発達障害者のほうにも原因があり、全員ではありませんが何でもかんでも社会や障害のせいにしてるからではないでしょうか。

発達障害者は社会に理解を求めます。国にもあれこれ要求します。手帳を取得して年金をもらう者もいます。
そのお金一体どこから来るの?

税金です。みんなの税金です。発達障害にかかってるコストなんて国立大学という脱法賭博場の運営費と比較すれば微々たるものだと思いますが、国立大学が脱法賭博場であることを多くの人は知らず社会に必要なものと考えられているため槍玉に挙げられるのは発達障害のほうです。
これは理不尽だと思いますが、社会がそうなってるのだから仕方ありません。

それに微々たるものとはいえ発達障害のために税金など社会的コストが余分にかかってるのはやはり事実です。
これからまだまだ増税が控えてるわけですから、比較的叩きやすい発達障害者にヘイトが向けられるのは避けられません。

発達障害の人は「理解してください」と言いますが、相手に理解を要求するのであればまずは自分が相手を理解するのが筋です。
ところが発達障害の多くは相手を理解するのが苦手ですので多くの場合一方的に押し付けることになってるのではないかと思います。
これも発達障害が嫌われてる原因の一つかもしれません。

手帳を取得すれば等級によっては年金がもらえますし、就職も福祉就労でやりやすくなるでしょう。手帳があることを予め言っておけばアカハラやパワハラの被害に遭いにくいでしょうし、知らないやつがアカハラしてきても手帳があると言えば顔を青くして態度を変えます。

配慮はしてくれるでしょう。しかしそれは多くの場合心の底から思いやってくれているのではなく、障害者団体などを敵に回すといろいろ面倒だから渋々腫れ物として扱われてるだけです。表向き配慮してくれてる上司もネットの掲示板には陰口をたっぷり書いてるかもしれません。
発達障害(予備軍含む)の皆様、そんな人生楽しいですか?

池沼やガイジを徹底的に言葉狩りすればいいと言う人もいますが、これは発達障害に対するヘイトをより強めるだけです。
そもそも言論の自由に反しますし、発達障害に対する正当な批判までできなくなります。これを実行したのが同和ですが、同和問題は解決しませんでしたよね。
障害の「害」を嫌って「障がい」と言う風潮もどうかと思います。

・・・

よく発達障害は治らないと言われてますがそれは間違いです。発達障害は治ります。
どの病気にも原因があります。風邪ウイルスがあれば風邪を引きますし、腐ったものを食べたら食中毒になります。
風邪も食中毒も死なない限り原因を遠ざければ治ります。発達障害も同じです。
日常生活に支障をきたすことが障害の定義ですので支障がなくなればそれは障害ではありません。

私のことを発達障害だと言う者がいましたが、何も困ってませんので発達障害ではありません。

発達障害の原因は環境にあります。
機能不全家庭、機能不全学校、ブラック企業などです。解決策は簡単でそれらを遠ざければいいのです。
社会そのものが原因で逃げ場がないと言うのであれば自分の周りだけバリケードを張って守ればなんとかなります。

一番問題なのはやはり機能不全家庭でしょうね。
学校や会社がクソでも家庭がマトモなら引きこもって身を護ることができますが、機能不全家庭だとそれもできません。
小島もこのパターンです。

機能不全家庭から逃げるには自分で努力するしかありません。
お金がなくて逃げられないなら恋人を見つけて相手の家に転がり込むとか、そういう方法を取る必要があります。
それが嫌ならお金を貯めて出ていくことですね。

投資やプログラミング技術を身につけるのは良い処方箋ではないかと思います。
プログラミングはともかく、投資はそれ自体に失敗しても投資家の考え方ができるようになるので無駄な努力には決してなりません。
発達障害者はなぜか明後日の方向に努力してる人が多いですが努力は結果が出て初めて意味があるのです。

診断や手帳の無い方は診断をもらう前にちゃんと治すことをまず考えてください。
薬は対症療法にしかなりませんし、長期連用すると中毒になりますよ。

腐ったものを食べながら下痢止め飲むのはやめましょう!

・・・

発達障害のかかりやすさは個人差があり、かかりやすい人は小さいうちに見つけて特別扱いすればいいという論調があります。
これも問題は手帳と同じで、それをすることによって将来的に差別を受けるリスクを負わせることになります。
よほど重度でない限りそれは拒否すべきです。

腐ったものを食べて下痢しやすい人に少しずつ腐ったものを食べさせて慣らしていくのはリスクがありますし、それにそのような扱いを受けたという記録がどこかに残ってしまいます。
お役所のデータベースなんていい加減なものですからそのような個人情報が漏洩し、リストが出回って将来保険に入れないとか就職できないという弊害が出てきかねません。

腐ったものを食べて下痢しやすいのであれば腐ったものを食べなければいいだけの話です。
お子様がそのような体質だとわかったのであれば腐ったものを食べさせないように注意し、また社会にある腐ったものからも守ってあげてください。
間違っても腐ったものを無理やり食べさせるとか下痢止めで抑えるようなことは絶対にしないでください。それは虐待です。

・・・

最後に人格障害と発達障害がダブってる率が1000人に1人よりも多いような気がする件について触れておきます。
勘の良い方はお気づきだと思いますが、原因はおそらく薬にあるのではないかと考えてます。
これは私の勝手な想像ですが。

発達障害の薬は安全だとみんな口を揃えて言います。しかし絶対安全な薬なんてありません。
精神科医は薬を売れば売るほど儲かりますので法律で厳しく規制された向精神薬を気前よくガンガン出します。

しかもこの薬は常習性がありますので中毒になってしまうと離脱は困難です。
薬を売る側からするとこんないい金づるはないわけです。
クソーリンが人格障害と思しき状態になったのは有害物質暴露の影響であろうことを考えると薬の副作用で人格障害になるのは考えられないことではありません。

手帳を勧める者も小さいうちにレッテル貼りすればいいと言う者も薬屋の回し者です。
原因を遠ざけさえすれば治る病気を治らないようにしてしまうのを果たして精神医療と認めていいのでしょうか。

発達障害は良くも悪くもお人好しが多く騙されやすいと言われてます。
これはつまりカモになりやすいということなので、騙されないように気をつけてください。

・・・

診断や手帳は原因を取り除いても治らない場合のみ考えるべきです。
原因がはっきりしてる場合はまず原因を取り除いてください。
発達障害は治る病気ですから。

キムトラはじきに仲違いする

2018.06.13 Wednesday

昨日、歴史的とも言われた米朝首脳会談が行われました。
まず握手から始まり、特に言い争い等もなくあっさり終わったようです。

はい、茶番劇乙です〜^^

今回の会談の成果は何かと言うと単なる合意です。
しかも非核化費用は日韓が出せ? 冗談じゃねーよ。
キムトラよ、お前らでやれ。日頃から相場を動かしてボロ儲けしてんだからできるだろう。

非核化費用を韓国が出せるかと言うと無理でしょう。
もしかするとムンは出すと口走るかもしれませんが、韓国経済にそんな余裕はないので言った途端ムン政権はおしまいです。
クネのように刑務所行きになります。

さて問題は安倍のほうです。
今までトランプにいろいろ貢いだ実績があるので、もしかしたら韓国の分まで出すかもしれませんね。そうなったら最悪です。
しかしさすがにこの要求は飲めないような気がします。

誰も非核化費用を出せないとなればやっぱり振り出しに戻るわけです。
したがってキムトラが程なくして再び仲違いする可能性は高いと言えるでしょう。

・・・

本当に朝鮮戦争が終わることが期待できるのであれば円安、株高がもっと進行しないとおかしいはずです。
しかし大して動かなかった。これはどういうことかというと市場は冷ややかな目で見てるということです。
一部の脳天気な個人投資家と、それに乗っかる順張り勢で動いたに過ぎません。

もしかすると茶番劇の筋書きを予め知ってる連中がいずれ決裂することを前提に空売りして売り圧力をかけてるのかもしれません。
2月のVIXショックの時もショックが始まる1ヶ月前からその前兆のような動きがありました。ショックが起こることを予め知っていた連中がいたのです。
むしろ、ショックは意図的に引き起こされるものと言えるでしょう。

そう考えればレバレッジ規制の真の目的が何だったかというのも見えてくるのではないでしょうか。

加藤智大の弟は死ななくてもよかった

2018.06.08 Friday

今日であの忌まわしき秋葉原通り魔事件からちょうど10年です。
当時私は大学2年でした。

事件のおぞましさは言わずもがな、犯人の加藤智大が未だに拘置所でのうのうと生きてると考えるだけで虫酸が走ります。
あんな奴さっさと吊るせばいいのにと思う半面、ちょっとだけ同情できなくもないところもあります。
むしろどこまでも惨めな人生を自分で終わらせる決意をしたのだからさっさと吊るしてやるのがせめてもの慈悲ではないでしょうか。

・・・

さて、この事件の後に加藤の弟は婚約者がいたのに婚約を破棄して自殺しています。
別に弟が共犯だったわけでもそそのかしたわけでもありません。
世帯も別で完全に別々の人生を送っていたのです。

なぜ離れた場所にいる身内の罪を被って死ななければならないのか、絶縁して知らんぷりしておけばよかったじゃないか、と思ってしまいます。
加藤なんて姉歯とかクソーリンと違ってメジャー名字ですからすっとぼけておけばわからないでしょう。
ましてや自分から婚約破棄しなければ結婚できたわけですから、どさくさに紛れて加藤という名字をしれっと捨てることだってできたはずです。

私が同じ立場ならそうします。
子どもが未成年のうちに犯罪を起こしたという場合なら親の監督責任が問われますが、成人した子どもや兄弟が何かやらかしても一緒に住んでなければ関係ありませんし責められる筋合いはこれっぽっちもありません。
死刑囚の多くが親族と同じお墓に入れず無縁仏となっていることからも、すっとぼけるのは模範解答と言えるでしょう。

まあ加藤家は機能不全家族でしたからそこまで機転を利かせられなかったのでしょうね。
なんというか実に気の毒です。

全[83]ページ中[1]ページ目

ページ先頭へ