ブログメニュー

カレンダー

<< February 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

オーストラリアの思い出

2019.02.13 Wednesday

今日は2月13日の水曜日です。
私にとって13日の水曜日とは13日の金曜日以上に忌まわしき日で、それも2月13日の金曜日となればもう震え上がるぐらい恐ろしい日なのです。
そんなわけで今日は配送以外引きこもって大人しくしてました。

・・・

遡ること11年、2008年2月13日。
その時私はオーストラリアにいました。
まだ投資もしておらず語学研修目的で来たはずでした。ところが思わぬトラブルに巻き込まれて大変な目にあったのです。

11年前の今日、些細なきっかけだったと記憶してますが、同じ大学(京大ではない)から来たDQNに喧嘩を売られました。
うまいこと逃げ切ったと思いきや追いかけてきました。万事休す。そこから先は記憶がないですが多分喧嘩になったのでしょう、DQNともども拘束されてました。

あのDQNが何を言ったのか知りませんが、いつの間にかこっちが悪いことにされてました。
奴のほうが英語が得意なので今度はあっちがうまいこと言って逃げやがったようです。
語学学校の教職員の奴らも頼んなかった。ああ、オーストラリアってこういう国なんだな、と失望しました。

それから金をぼられたりお土産を買わせてくれなかったりいろいろあありました。DQNはというと何事もなかったように学校に復帰。
私はどうなったか?ご想像におまかせします。

・・・

投資家の間ではオーストラリアドルは高金利で有名ですが、その高金利は旅行者、留学生、ワーホリ等の犠牲の上に成り立ってるのです。
というわけで投資で旅費やぼられた分を取り返すことを決意しました。

結果、取り返せました!

YahooのFX掲示板でこの話をしたら「お前が悪いだけだろ、ファンダメンタルズと絡めるな」とかほざいてた馬鹿トレーダーがいましたが、どうぞそう思って損してくださいという感じです。
実際そいつはアメリカ大統領選の大相場で退場したのか掲示板から姿を消しました。
一方で私は豪ドル投資で無事に旅費と予想外のぼったくりを取り返しました。
どっちが正しかったか言うまでもないでしょう。

・・・

当時の写真が残ってるので、せっかくなのでいくつかピックアップします。
昔のガラケーのカメラですので画質はあまり良くありません。



車からの景色。オーストラリア到着の初日に撮影しました。(2008-02-03)







メルボルンの市街地。東京と比べると小ぢんまりしてるように見えますが、南半球で一番高いビルがあります。後ほど登場します。(2008-02-06)



馬車が走ってます。日本ではなかなか見られない光景です。(2008-02-06)



博物館か美術館。どっちか忘れました。(2008-02-06)



車からの景色。写真じゃわかりづらいですがこの日は天気が良かったです。(2008-02-07)



バスからの景色。フィールドトリップでフィリップ島へ向かう途中です。広大な牧場にたくさんの牛がいます。(2008-02-09)



海。青春を感じる風景です。(2008-02-09)

さて、この4日後に喧嘩を売られたわけです。
喧嘩した奴はこのトリップで一緒に行ったメンツの中にいましたが、トリップは無事にやり過ごすことができました。
残念ながら喧嘩を売られた時の写真はありませんが、13日は本来ならビーチに行く予定だったと記憶してます。



13日以降、別行動になって行動も大きく制限されてしまいましたが、それでもホストファミリーが融通を利かせてくれて私のことを気遣っていろんなところに連れて行ってくれました。今でもとても感謝してます。
写真に写ってるのはホストファミリーの子どもです。(2008-02-16)





記憶が曖昧ですが戦争の記念館だったと思います。背後に見える高いビルが南半球で一番高いビルだと思います。ちょっと自信がないので間違ってたらコメント欄で指摘してください。(2008-02-16)

ちなみにこの場所で私と子どもたちで一緒に記念撮影したのですが、プライバシーに配慮して載せるのはやめておきます。
写真を見てしみじみ思うのですがあの子たち大きくなっただろうなあ…。



オーストラリアよさらば。あまりにも早すぎる別れでした。(2008-02-18)

ウイルスはなぜ宿主を攻撃するのか

2019.01.31 Thursday

1月中にSSL化するとか言っておいてできてませんwまあいつものことなので気長に待っててください。
あえて言い訳をするとすれば体調不良です。ここ数日どうも風邪を引いたような感じなのです。

最近すごくめでたいことがあったのですが、このせいで残念ながら立ち会うことができませんでした。
全然電車に乗ってないのにどこで風邪をもらってきたのか、思い当たるのはスーパーか郵便局です。

ところで風邪で医者に行くのは全く無意味であるばかりかマイナスしかないのでやめましょう。
まず風邪のウイルスに直接効く薬はなく、風邪薬は市販だろうが処方だろうが症状を抑えるという対症療法しかできません。

医者の薬のほうがよく効くと言う人がいますが、それはプラセボ効果と過剰処方で説明が付きます。
「これは医者にもらった薬だから絶対に効くはずだ」と思って飲めば市販薬のパッケージだけ変えたものや、薬ですらないラムネでも効いてしまうものです。
それに医者は有効成分の量が市販薬よりも多くなるように出す場合が多いようです。このほうが儲かるのとその時効果が出やすいからですがとんでもないですね。市販薬の用法用量は意味があって決められてるのに、それを超えて処方するのはODと同じで副作用や耐性がついてしまうリスクを伴います。

そしてなんと言っても最大のリスクは余計な病気をもらうことでしょう。
風邪で弱ってる時にいろんなウイルスや細菌が集まっているであろう病院に行くのは自殺行為と言ってもいいぐらいです。
インフルエンザをもらってきたのでは何のために行ったのかわかりませんよね。

さて、これが今回の表題の話に繋がっていくところであります。

・・・

風邪にしてもインフルエンザにしても、ウイルスに感染すれば熱が出て喉が痛くなったり吐き気やめまいがしたりと大変苦しいことになります。
これはウイルスが攻撃を加えているからで、それに対抗するために熱を出してウイルスの動きを弱めようとしたり白血球が応戦するわけです。
風邪やインフルエンザが治る時は免疫系がウイルスに勝利した時です。一度勝利すると抗体ができるため、今後しばらくは同じタイプのウイルスには感染しにくくなります。

ところでウイルスとは一体何なのでしょうか。
漠然と生物の一種だと思われがちですがそれは間違いです。ウイルスは生物ではありません!

そもそも生物の定義に当てはまるには(1)複製能力を持つ、(2)代謝を行う、(3)膜系など外界との境界を持つという三要素を満たしている必要があります。
ウイルスはDNAやRNAをタンパク質の殻で包んだだけという単純な構造をしてますから、(1)は不完全で(2)はなく、(3)も脂質二重膜を持つ生物の細胞とは大きく異なるものです。
したがってウイルスは生物ではなく「結晶」のようなものと言ったほうが正しいのです。

ウイルスは自分で複製や代謝ができないからこそ他の細胞に寄生する必要があり、それがウイルスを特徴付けていると言えます。
ウイルスが細胞に付着すると細胞の中にDNA(レトロウイルスの場合はRNA)が入り込み、細胞内のポリメラーゼやリボソームを拝借して勝手に自分の部品を作らせます。
部品ができるとそれらは中で固まってウイルスになり、やがて外に出て次の細胞へと感染します。これがウイルスの基本的な生活環です。

別に何も悪いことをしないのであれば少しぐらい細胞のものを拝借されたり栄養を取られても大して害はありません。実際に無害なウイルスが多数私達の体の中にその存在を知られることなく住み着いていると思われます。
むしろそれらは有用であるとすら言え、人間のDNAにはレトロポゾンという太古の昔からウイルスが感染して作ってきた痕跡が多数残っています。これは進化を助けたり、時には種をまたいで遺伝子を運搬する役割を担ってると考えられます。

少し話が脇道に逸れましたが、なぜ風邪やインフルエンザは人間を攻撃して場合によっては死に至らしめるのでしょうか。宿主を死なせてしまえばウイルスもおしまいで、これは一見何の得にもならないように思えます。

実はこれは人間の行動パターンを読んだ策略なのです。
熱が出たり吐き気が止まらなかったらどうしますか? 病院に行きますよね。私は極力自分で治そうとしますが、そういう人は少ないでしょう。
病院には体が弱った人がたくさんいるので、ウイルスにとってみればチャンス以外の何物でもないわけです。
つまり、ガンガン攻撃して熱を出したり吐き気を催したりするほど病院に行ってウイルスをばら撒くことになるという行動パターンを完全に読まれてしまってるのです。

もちろん、ウイルスが考えてそうしてるわけではありません。ウイルスは生きてすらいないですが、仲間を増やす時に生物と同じようにコピーミスが起こることがあります。攻撃性の強いコピーミスが出た時にそれが人間の行動パターンに当てはまってうまく生き残ってしまったというだけの話です。

これに関連してもう一つ興味深い話があります。
日本脳炎ウイルスはブタにも感染しますが発症しません。これはどういうことなのか。
もし仮にブタに感染した日本脳炎が人間と同じように発症してしまったらどうなるでしょうか。ブタもろとも殺処分されますね。
つまり、ブタに感染した場合は気付かれないように大人しく潜伏するように進化したと考えられます。

・・・

ウイルスは世代時間が短いためとても早く進化することができます。今日では地質時代と比較しても何桁も速いペースでウイスルが進化しており、それが毎年のように新しいインフルエンザが流行している原因と言えます。

冒頭で「一度勝利すると抗体ができるため、今後しばらくは同じタイプのウイルスには感染しにくくなります。」と述べましたが、原始時代であれば一度かかって治れば一生かからないのが普通だったと思われます。
これがなぜ毎年のようにかかるようになってしまったのか。人口が増えたり畜産のせいで進化のスピードが上がり、人間の免疫で追いつけなくなってしまったためです。

今はインフルエンザウイルスのアキレス腱であるRNAからDNAへの逆転写を逆転写阻害剤で止めてやったら治ることが多いですが、この手はいつまで通用するかわかりません。細菌が抗生物質に耐性を付けるようにいたちごっこが繰り広げられるでしょう。

やはり、本質的には人間のほうが世代時間を短くして回転を速くすることでウイルスの進化に対抗すべきです。
ところが実際に起ってることは少子化に晩婚化、人類は完全に劣勢で、文明が生み出した武器を突破されてしまったら敗北しかねません。
最近小学校六年生が20代女性と性行為を行って女性が逮捕されたというニュースがありましたが、恋愛に第三者それも国が介入してウイルスを利するとは本当にこの国はバカげたことをやってるなと思った次第であります。

ごく一部の人にしかメリットがないであろうプログラミングを学校で教える前に生物学をちゃんと教えなければなりません。
ところが役人は馬鹿ばかりなのは言わずもがな、プロの生物学者すらホラ吹きや御用学者ばかりでマトモに教えられる人がいないときた。困ったものです。

私を生物の「先生の先生」に指名して未来の生物教師をたくさん育てるようなプロジェクトを始めてくれたら喜んで行きますが、そんなことはありえないでしょうね。
何しろ私は生物学で権力持ってる連中からすると敵ですからね。

ブログをSSL化します

2019.01.19 Saturday

あけましておめでとうございます。
年末年始は棚卸しとかで多忙だったためこれが年明け最初のブログ投稿になりました。

さて、ブログのことですがSSLに対応してないため現在SSLに対応する作業を進めております。
おそらく1月中にはSSL化できるかと思いますが、切り替えの時に数日ぐらい一旦閉鎖するかもしれません。
以前もシステムの変更で3ヶ月ぐらい閉鎖したことがありますが、今回の切り替えはそれよりもスムーズにできる見込みです。

SSLに対応するメリットは盗聴されにくくなることと表示が速くなることです。
ファーウェイ端末の盗聴疑惑が問題になりましたが、このブログの読者さんにもファーウェイ端末を使用されてる方がいらっしゃるので常連さんにはきちんと配慮しなければならないと思っていた次第です。

ところがSSL化はコスト的にも技術的にもややハードルが高いため今までずっと後回しにしてきました。
やっと重い腰を上げてブログのSSL化を進めていってるところです。

今年もよろしくお願いします。

最高のクリスマスから1年(2日目)

2018.12.24 Monday

1日目の続きです。
最高のクリスマスから1年

好きな人とホテルでお泊りして朝を迎えました。
付き合ってるわけじゃないので指一本触れてません。(ここ重要!)





朝起きて写真をパシャリ。
曇ってるのが惜しいですね。



こちらはレストランのほうから撮った写真で、東京駅の方角になります。
手前に両国国技館が見えますね。

このあと朝食を食べました。第一ホテル両国の朝食はバイキングです。
ここでも写真を撮っておけばよかったなあ。

特筆すべき点はドリンクバーが機械ではなく昔ながらの大きい入れ物から注ぐ方式だったことです。
これは一見不便なように見えますが、ものがいいことを意味します。
良いジュースはドリンクバーの機械に入れると劣化してしまうためあえてこの方式を取っているのです。

第一ホテル両国は食事ひとつ取ってみてもここにしておけば間違いないというクオリティがあるのでデートにはおすすめです。
クリスマスなのでめちゃくちゃ高かったですが、普段はそうでもないです。


 


チェックアウトは11時なのでゆっくり過ごしました。
2日目は東京メトロ・都営地下鉄フリーパスが使えないので行き先と行く方法を話し合いました。

少しでも早くチェックアウトしてしまうと宿泊費がもったいないのでギリギリにチェックアウトしました。

ホテルをあとにして錦糸町に向かい、アルカキット錦糸町で買い物しました。
アルカキット錦糸町には日本一大きいダイソーがあります。
錦糸町で買い物したあとはJRの快速で横浜に向かいました。



山下公園はカップルでいっぱいです。
私たちもその中に混ざりましたが手は繋げません!



カモメ。



最後は横浜中華街、この2日間のクライマックスです。
どこも人が多かったですが、たまたま空きがあったフカヒレ屋さんに入りました。
店の名前は忘れてしまいましたが、もしかしたらレシートがどこかに残ってるかもしれないのでまた足を運んでみたいです。

思い出の場所に再び足を運ぶ趣味があるのでこの記事を書いてて行きたくなりました。
今度横浜に用事がある時までにはレシート発掘して行ってみよう。

もともと占いは行かない予定でしたが、この店にいる時に好きな人が手相占いに行くことを提案してくれたので行ってみました。
占いは1000円が多いですが、500円のところを見つけたので半信半疑で入りました。

占ってもらってみてびっくり!当たってるではないか!
この瞬間は私にとっての転換点になったと思います。この日まで占いなんてただの乱数とか、認知バイアスとか、そういうものだと思ってましたが、実際に手相占いでいろいろ当てられたことをきっかけに手相占いは実際に当たるものであると確信することになりました。

手相占いを生物学的に考察する記事についてはこちらを御覧ください。
手相占いはなぜ当たるのか

この時に相性も占ってもらわなかったことを後悔しています。
気まずくなるのを恐れてのことでしたが、この時に相性を占ってもらったら占い師の人が良い方に結びつけてくれたのではないかと思ったりもするのです。
後日またここに足を運んだことは秘密です。
なお、行く末に関しては悪い結果ではなかったので待てば海路の〜ではないかと思います。(楽観しすぎ?)

そしてついに夢のような2日間が終わり、新横浜駅で見送りました。
新横浜駅構内にはスタバが2つぐらいあり、これまで新横浜に来た時はガラガラなことが多かったので新幹線の時間までスタバで待つつもりでしたが、こんな時に限ってスタバが満員だったので改札の近くでこの2日間のことを話しました。

「最高のクリスマス、夢のような2日間だったよ」

「それ何回も聞いたから」

こんな会話をしてたのがまるで昨日のことのよう…。

そして16時40分頃、改札へと吸い込まれていきました。
ほどなくして私も横浜線の八王子行きに乗り込み、帰途に着きました。
帰りの電車の中で占い師の言ってたことを忘れないうちに必死にメモしました。
これだけ人の話を真剣に聞いたのは初めてかもしれません。

ところで占い師の名前に関しましては伏せさせていただきます。
占い業界は大変泥臭い世界らしく、同業者による嫌がらせ等で迷惑が掛かってはいけないためです。
また、単純に行きつけの占いが混んだら嫌だというのもあります。

私をこの手相占い師が気に入ってますが、もし悪い話をされた時はセカンドオピニオンで他の占い師のところにも足を運ぶつもりです。
手相占いはよく体系化されており、手相が明瞭な場合はどの占い師でもほぼ同じ結果になりますが不明瞭な場合は占い師によって判断が異なったりするようです。

・・・

1年前のクリスマスを懐かしんでますが、今年のクリスマスはぼっちです。
連絡は取り合ってますが良い友達という関係です。

今の関係性が実は一番いいのかもしれません。
そんなことを考えたクリスマスイブでした。

皆様はどんなクリスマスイブを過ごしましたか?

最高のクリスマスから1年

2018.12.23 Sunday

去年の今日、好きな人と最高のクリスマスを過ごしました。
お泊りしましたが付き合ってるわけじゃないので指一本触れてません。

永久に片想い?

今年はというと多忙と金欠のため会えませんでしたが、また来年のクリスマスかできればもっと早くにでも会えたらなと思います。
なんか10年待っても付き合えそうな気がしませんが。

・・・

当時の写真があるので夢のような2日間を振り返ってみます。



当日の朝は早いので前日に池袋に行って一泊しました。
写真はサンシャイン池袋です。

翌朝池袋で無事合流し、池袋駅の西口側にある朝から開いてる喫茶店に入りました。



池袋から副都心線に乗って北参道で降りました。
明治神宮の森の中をくぐり抜けて原宿に出ました。



原宿の次は渋谷。
まだ時間がだいぶ早かったのでスクランブル交差点に人は少なく、店も開いてませんでしたのですぐに渋谷をあとにしました。
渋谷で店やってたこともあるので懐かしかったです。



青山。駅を降りたけどどこも閉まってたのでまた電車に戻りました。







霞が関で降りて桜田通りを進み、桜田門から皇居に入って丸の内に出ました。
何かイベントをやってたのか人がたくさんいました。



東京駅。中でいろんなお店に入り、そして八重洲に出ました。
銀座を散策してから今度は品川へと向かいました。



品川のマクセルアクアパーク。結構有名な水族館です。
ここに行くまでが結構大変で、東京メトロが品川まで来てないことを知らなかったので泉岳寺駅からかなり歩く羽目になりました。
もしこのミスをやらかさなければ付き合えてたかもしれません。(それはない)

水族館のチョイスは正解でした。
とても幻想的で楽しませてくれました。

水族館を出たあとは高輪台駅まで歩き、今度は築地へと向かいました。



築地はすごく人が多かったです。
回るすしざんまいに入る予定でしたが満員でしたので虎杖マーケットというお店に入りました。
築地の店は当たり外れがあり、ハズレを引くと食中毒の危険があるそうですがこの店は当たりでした。
海鮮丼を食べる前に写真撮っておけばよかったなあ。



チェックインの時間になったのでホテルに向かいました。第一ホテル両国です。
クリスマスなのでめちゃくちゃ高かったですが、高いだけの価値のある良いホテルでした。
見ての通り部屋からの眺めは最高です!





ホテルでちょっと休憩してから浅草の雷門へ。
好きな人のお土産を一緒に探しました。
パンダがちょっとしたブームになっていたのでパンダにまつわるお土産を探したように覚えてます。







生まれて初めてスカイツリーの展望台に行きました。
東京の夜景は見ての通り圧巻です。
写真2枚目には東京タワーも写ってます。

順番待ちがすごく長かったので前売り券を買っておかなかったことをちょっと後悔しました。
前売り券を買ってたら付き合えてたかも?(ないない)



丸の内のイルミネーション。



夜の東京駅。
ここでこれから飲みに行こうという話になり、慌てて開いてる飲み屋さんを探しました。
すると浅草橋の鳥貴族が開いてることがわかったので早速浅草橋へ。

写真はありませんが、酒が入ると会話が弾みます。
今までの人生で一番幸せな飲みでした。
昔の学校の話とか、あとから上京してきた同級生の話とか、いろんな話をしました。



終電は過ぎてたので歩いて両国のホテルに戻りました。



ホテルからの夜景。左にスカイツリーが見えます。
このあと別々にお風呂に入り、別々のベッドで眠りにつきました。

・・・

とても濃い1日でしたのでまるで昨日のことのようです。
2日目に続きます。

全[86]ページ中[1]ページ目

ページ先頭へ