ブログメニュー

カレンダー

<< January 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

手相占いはなぜ当たるのか

2018.11.29 Thursday

去年のクリスマスは好きな人と都内と横浜でデートしました。
あれからもう1年近く経つわけですが、今年のクリスマスは多分ぼっちだと思います。
もしかするとクリスマス会に行くかもしれませんが、そこに好きな人はいません。

・・・

さて、去年のクリスマスはある一つの転換点でもあります。
それは私が手相占いに興味を持ったことです。

当時の記事はこちら
永久に片想い?

デート2日目、両国のホテルを出発して錦糸町に寄ってから横浜に行きました。
当初占いに行く予定はありませんでしたが、中華街のお店で好きな人が占いに行くことを提案してくれたので適当に安い占いの店を探して入りました。

占ってもらってびっくり! ちゃんと当たってるではないか!
これは認知バイアスやバーナム効果なんてレベルではなく、かなり細かいところまで言い当ててました。
相手の方も同様です。
この時に惜しかったなと思ったのは相性を占ってもらわなかったことです。気まずくなるのを恐れてのことでしたが、もし占ってもらったらこれが良いきっかけになったかもしれません。

これ以来手相占いに対する考え方が変わり、後日その店に一人で足を運んだことは秘密です。

・・・

タロット系は乱数ですので今でも懐疑的ですが、手相のほうは実際に当たるのです。
占い師はこれを「統計学」だと言います。

手相占いが当たるのは先人が積み上げてきた経験則の賜物で、統計的にもそれは確かなのでしょう。

ただ、なぜ当たるかという科学的な裏付けについては占い師もうまく説明できないと思います。
私はもともと科学畑、それも生物学が専門ですのでそこに切り込んでいきます。

・・・

手相は遺伝形質として生まれつき持ってるものであり、また後天的に変形していくものでもあります。
利き手は未来を表し、利き手じゃない方は過去を表します。これは利き手のほうが使用頻度が高くて手相が変形しやすいためのように思えますが、実際はもっと複雑な分子生物学的過程が関係してるのかもしれません。

発生学的な手相の形成過程ははっきりとわかってませんが、性格に関係する遺伝子との相互作用でバリエーションが出るのではないかと考えられます。これは性格が顔に出る説にも通じるところがあります。

DNA→mRNA→タンパク質

この過程は分子生物学のセントラルドグマとして知られています。そして、近年はRNAがDNAとタンパク質の単なる橋渡し役だけでなく様々な機能を持つことが明らかになっています。
手相とは直接関係のない遺伝子が手相に影響を与えるのはRNAが干渉したり、あるいはその遺伝子自体が何らかの副反応を起こすためかもしれません。
例えば、性格や感情に関係するある遺伝子が発現して特定のコドンに対応するtRNAが消費された結果、同じコドンを持つ手相に関係するmRNAの翻訳にブレーキがかかるといった副反応が考えられます。

DNAが後天的に変わることは(免疫細胞を除いて)ありませんので、手相の形成や変形にはRNAやタンパク質の副反応が関わってると考えるのが自然です。

・・・

手相は私の専門ではないためラフにしか議論できませんが、遺伝子発現の副反応が関係してることだけは間違いないと思われます。
これは大変興味深いことだと思うのですが、残念なことに科学とスピリチュアルは敵対関係にあるためほとんど手付かずなのではないでしょうか。

はっきり言って生物学者の多くは生物のことなど何もわかってません。
「君はなにもわかってない」とほざいてた京大のクソーリン然り、なまじ知識と学歴と社会的地位があるからこそ自分の知識がこの世の全てだと思いこんでしまうのです。
私はこのことに早めに気づいたからこそ生物から化学へと移ったのですが、残念ながら・・・京大に私の期待してたものはありませんでした。

関連記事
化学と生物学の関係

しかし上京してからの4年間で秩父や横浜、飯能で素敵な出会いに恵まれましたので、科学とスピリチュアルの橋渡し役的なポジションを目指しつつあります。

本当は科学とスピリチュアルはもっと仲良くすべきだと思います。

最近中国で人間の遺伝子をいじってエイズに耐性を持った赤ちゃんを作ったというニュースがありましたが、これは大変危険なことです。
大事なことなのでもう一度いいますが生物学者の多くは生物のことなど何もわかってません
何もわかってないからこそこんなことができてしまうのです。

遺伝子とは情報である、情報をこうやって弄くればこういうことができる。それはそうでしょう。
自然に起こってる進化の過程もそう大きく違うものではなく、人為的に進化を加速させてるだけと言えます。
ところがこれが問題で、自然に起こる進化は何万年という気の遠くなるタイムスケールで起こるもので、環境と折り合いをつけながら調和的に変化していくものです。
しかしゲノム編集のような人為的な進化はそれらをすっ飛ばして出し抜くものであり、危険な副作用を伴います。
これは人類を滅ぼし、地球全体の生態系に不可逆的なダメージを与えるかもしれません。

・・・

科学者は悠久の歴史を持つ自然界に対して畏怖の念を持つべきであり、生物を都合のいいように改変しようと考える前に生物からもっと多くのことを学ぶべきです。
人類も他の生物も40億年かけて作られ、絶え間なく手直しされ続けてきた大変完成度の高いものです。これをたかだか200年程度しか歴史のないテクノロジーで今よりも良い形に改変できるでしょうか?
それが一見良いように見えてもあとから問題が出てきてその問題のせいで人類が滅亡の危機に立たされることだけはあってはなりません。

生物系の皆さん、画面の前で私のことをボロカスに言ってる京大や京大OBの皆さん、どんなに優れた能力も人間としての高潔さがあってはじめて価値を持つものだということを肝に銘じておいてください。

母なる地球、それは毒親だった

2018.09.05 Wednesday

地震に台風に自然災害が相次いでます。
台風21号は東京から500キロも離れた場所を通りすぎたにもかかわらず昨日は東京でも外出できないほどの大雨と強風でした。
そして各地で信号機が曲がったり空港が使用不能になったり、場合によっては家まで吹き飛ぶなど被害は計り知れないものがあります。

・・・

強力な台風もまた太陽膨張による破滅への序章と言えるかもしれません。
雷、台風、竜巻、豪雨などの気象災害のエネルギーはどこから来てるかというと太陽で、太陽が膨張して明るくなるということは地表や大気がより熱せられるため宇宙へ放熱するためにそれらの元になる積乱雲が出やすくなります。
局地的には液体炭酸やヨウ化銀を散布すると積乱雲を消せるかもしれませんが、熱はどこかで逃さなければならないのでその分別の場所に積乱雲が発生するだけです。

それに地震や火山の原因である地球の核は太陽の寿命の何倍も冷えきらないですから、人類はこれからも末永く災害と付き合っていかなければならないのです。

母なる地球は紛れもなく人類の生みの親です。ところがそれはとんでもない毒親だったようです。
長い歴史を鑑みると地球は幾度となく生物種を滅ぼしています。
人類を含めて多くの生物が凶暴であることもそれと無関係ではないでしょう。
いずれ人類は地球を離れて完全に自立するか、あるいはより条件のいい母星を見つけるべきです。
このまま地球に残ると仮に多くの災害を乗り越えたとしても太陽の膨張で確実に滅ぶことは運命づけられています。

・・・

地球の中心核が未だに冷えきらず、惑星を作った残り物である小惑星や彗星が太陽系内に未だに存在し、そして太陽の寿命があまりにも短すぎることがこの地球の悲劇でした。
宇宙には地球よりももっと良い条件の星が確実に存在します。星の数は十分に多いので、存在するとだけは言い切れます。
ただ問題はその星が手の届く場所にあるかどうかです。存在しても行くことができなければ意味がありません。

幸いにも多くの恒星は太陽よりも小さく、あわよくばそのすぐ近くに地球型惑星があれば人類の第二の故郷にすることはさほど難しくはなさそうです。
小さい太陽は長寿命で、また適温の惑星は太陽のすぐ近くを公転するため同じ顔を常に太陽に向けていて気候は非常に安定しています。
このような星は地球から半径1000光年ほどの範囲で見るとさほど珍しいものではなく、NASAあたりはかなり掴んでると思うのですがあまり話題にならないほうが不思議なぐらいです。

・・・

1000光年以内であれば人類にとってアクセス可能な距離です。どうやって行くんだって?
行き方に関しては素晴らしいアイデアが私にはあります。
それは葉巻型の大きな方舟を作って何万年、何十万年もかけて世代交代しながら向かうことです。

船の全長は30キロ、直径は7キロほどです。
壁面は分厚いチタンとカーボンの複合材料で、ガンダムのスペースコロニーと似てますが暗闇の宇宙を飛ぶため採光用の窓はありません。
中心部には軸が通っていて、それが蛍光灯のように光ることで太陽の役目をします。雨の日はシャワーから水が出ます。
そしてゆっくりと回転することで擬似的な重力を作り出し、中に住む人は地球とほぼ変わらない生活ができます。

中の地面は東京23区と同じくらいの面積があり、街も山も海も全て揃っています。ただ一つ違うところは空には大きな蛍光灯があって反対側の地面が見えるという点です。
燃料は重水素で、重水素同士の核融合がまだできてない文明水準ならヘリウム3も搭載する必要があるかもしれません。
重水素もヘリウム3も土星などのガス惑星には無尽蔵にあるのでそれを使います。
エンジンでは核爆発を利用して推進・制動し、また中の発電所では穏やかな核融合反応で気温を保ったり水を循環させたり光合成で酸素や食料を作るためのエネルギーを供給します。

人口は10万人ぐらい余裕で収容できますが、最初は5万人ぐらいからスタートするのがいいでしょう。
しかし出資額の関係からそれは難しいかもしれません。
人口が多ければ空気や水質を保つ設備の故障サイクルが速くなるため、できれば少数から始めるのが望ましいです。
もちろん故障したものは中で直さなければなりません。直せなければ待ってるのは死です。

・・・

地球を脱出するという考え方は100年以上前からあるアイデアですが、それは科学技術の発達とともにようやく現実味を帯びてきたように思います。
おそらく最大の問題は耐久性や燃料などのハード面よりも狭い世界で人間同士がうまくやっていけるかどうか、より具体的には必ず発生する格差や政治腐敗によるグダグダをどうやって防ぐかでしょう。
これも解決策が見えてきたように思えます。政治を全てAIに任せて、通貨は全て純金との交換が保証された仮想通貨で行うことです。

対処不可能な故障や事故さえなければ地震も火山も台風もない方舟は最高の生活環境です。
太陽が巨星化する前であれば、外宇宙に出なくても方舟を太陽系内に係留させておけば膨張する太陽から適度に距離を取りつつそのエネルギーを利用できます。
今は地球しか住むところがないので仕方なく地球に住んでますが、将来的に滅亡を防ぐためには必ずこの選択肢を採用せざるを得なくなるでしょう。

熱中症や皮膚がんは地球滅亡の前触れ

2018.07.25 Wednesday

いかにも釣りのようなタイトルですが、決して釣りではありません。

連日の猛暑で全国的に熱中症が多発しています。
暑さがなぜここまで猛威を振るうようになったのか。
よく温暖化がここで持ち出されますが、本質的な原因は太陽にあります。

太陽はゆっくり膨張を続けており、地球誕生時と比べて既に30%も明るくなっています。
これはどういうことかというと今人類が受けてる太陽光線の強さは過去最大であり、人類に限らず全ての生命体はこの強さの太陽光線には十分に適応できていないということです。
適応してもどんどん太陽が膨張してるせいでいたちごっこになるのです。
その結果起こってることが熱中症や皮膚がんで、これは地球滅亡の前触れと言えます。

いや、前触れと言うのは語弊がありますね。既に滅亡は始まっていて、その過程で起こってるのが熱中症や皮膚がんであると言ったほうが正しいです。

地球滅亡と言うとアルマゲドンをはじめとしたパニック映画のようにいきなり隕石やブラックホールが襲ってきて一瞬にして地球が破壊される様子を想像してしまいますが、実際はそうではありません。
何億年もかけてじわじわと悪くなって気づいたときには滅んでるのです。
その主たる過程が太陽の膨張で、これは既に地球生物にとって限界に近づいてます。
一説によるとあと5%明るくなれば海水が蒸発して失われると言われてます。
1億年で1%とすると40億年の生物の歴史は残り5億年で終わる可能性すらあるのです。

繰り返すようですが5億年で滅亡するということは5億年は大丈夫なのかというとそうではありません。
5億年かけてじわじわと真綿で首を絞められるかのように滅亡の道筋を辿っていくということです。
滅亡には順序があり、大まかには体の大きい生き物から順に絶滅の危機に瀕することになります。
比較的よく生き延びるのは微生物で、微生物の中でも耐熱性に優れた古細菌は海がカラカラに干からびて100度を超える高温になってもまだ生きてるでしょう。
やがて地球がドロドロに溶け始めると古細菌も生きられなくなります。

人類はどうかというと地球から逃げるか地球の公転軌道に介入できない限り間違いなく最初の方に滅びます。
これまで生命を育んできた母なる太陽が年老いて凶暴化し、今度は生命を殺しにかかり始めてるのは直視すべき事実であります。

・・・

膨張を続ける太陽に殺されないためには文明で対抗するしかありません。それがエアコンや日傘、日焼け止めです。
猛暑の中をエアコン無しで過ごすということは無理心中を企んでいるキチガイ(太陽)に自分の命を差し出してるようなものです。
自分がエアコン無しで過ごすのは勝手ですが、学校にエアコンがいらないと言うのは子どもたちを生贄に差し出すと言ってるのと同じであるという自覚を持ってください。

化学と生物学の関係

2018.05.07 Monday

私の経歴は変化に富んでいて、農業高校から生物学科、そして化学科(大学院)、風船屋、兼業投資家という異色の経歴を持ってます。
おかげで様々な経験を積むことができました。
生物や化学をやってなければ風船屋になることも投資で利益を上げることもできなかったでしょう。

・・・

昔から風船屋を目指していたわけではありません。
風船や空ビは好きでしたがそれで食べていくという考えはなくて、じゃあ何になりたかったかというと大学教授です。
植物が好きだったので植物の研究・教育をしたいと思ってました。

そして農業高校に入って寮生活や実習を通して多くのことを学びました。
成績はまあまあ良かったですが飛び抜けて良いわけではなく英語がダメだったので国公立大学に入ることはできませんでしたが、タイミングよく近くの大学に生物学科ができたのでそこへ行きました。

生物学科はできたばかりで、まだ学生は多くありません。
良くも悪くも女の子は少なかったので色恋に惑わされることなく勉強に励んで学科でトップクラスの成績になりました。
そして教授の勧めで京大を目指しました。
余談ですが生物学科の教授は京大出身が多く、しかもいい人ばかりだったので教授と京大への憧れはどんどん強くなっていきました。

ところが生物学は就職が良くありません。ネットの書き込みとか見てるとアカハラが頻発してるなど研究も泥臭いことばかりです。
そこで生物学には見切りをつけて大学院は化学に行くことにしました。

・・・

大学院に行くと例のアカハラ教授から「生物がダメで化学に逃げてきただろ」とか「生物と化学は基礎も実験手法も違う」とかほざいてましたが、もちろんこれは何もわかってないやつの言うことです。

生物学科では決して落ちこぼれていたわけではありません。
学科でトップの成績を叩き出してましたし、生物に関してはそこらのバカ生物学者よりもよく理解していました。
じゃあなぜ物理とか工学じゃなくて化学に行ったかというと生物と化学は密接に関連してるからに他ありません。

生物学をどんどん極めていくと化学になります。
表面を撫でてるうちは化学を知らなくても理解できますが、タンパク質がどうやって塩基配列を認識するかという話になってくるともう完全に化学です。
逆に言うと生物学という領域に留まってしまうとその先に進むことができません。理解をより深めるために化学を本格的に学ぶことに決めたのです。

また、歴史的にも生物と化学には密接な関わりが見られます。
例えば有機化学の「有機」とは生命体を意味しますし、有機化学は無機化学や分析化学とも密接に関連して化学の一大カテゴリーとなっています。
それに生物の誕生は化学反応の偶然の連鎖から始まりました。生物学を究めていけば自ずと化学を学ぶことになるのは池袋から西武線を乗り続ければ秩父に行くのと同じくらい当然の帰結なのです。

しかし池袋から秩父に乗り換えなしで行けるのは特急レッドアローや土日限定の直通列車だけです。
私が乗ってたのは飯能止まりの急行でしたので飯能でレッドアローに乗り換えた…つもりでした。
どうやら間違えて八高線にでも乗ってしまってとんでもないところに連れて行かれたようです。
まあ多少遠回りになりますが、寄居あたりで秩父鉄道に乗ればそれでも秩父に行けます。

・・・

化学は生物学の延長線上にあり、生物学を極めていけば必ず化学にたどり着きます。
生物学だけでなく地質学も化学ですし、心理学も生物学を経由して化学に収束していきます。
そして化学を極めていけば物理学になり、そこで天文学なども含めたすべての自然科学が収束します。

さらに物理学は数学、数学は哲学へと帰結していくのです。
池袋と秩父のたとえは逆転させたほうが良かったかもしれません。
東京駅の位置に哲学があり、これがすべての中心であり基本です。銀座や丸の内界隈は数学で、四谷、市ヶ谷には物理学があります。
そして池袋、新宿、渋谷などの副都心は有機化学、無機化学、分析化学などが来ます。
池袋が有機化学だとするとそこから埼京線、西武、東武などが放射状に伸びているように合成化学や生物学など様々な派生学問へと発散します。

生物学の枝はさらに散らばり、生態学や心理学が派生していきます。経済学もこの枝の中にあります。
私が投資で利益を上げられていることは生物学や化学を学んでたことと無関係ではないことがわかるでしょうか。

もともと植物学という末端のほうにある田舎の駅で電車に乗り、どんどん極めていくうちに都会までやってきました。
そこで乗り換えれば別の末端駅に行くこともできるのです。

以上が生物学と化学、そして他の学問分野の関係性です。
おわかりになられましたでしょうか。

社会保障を削減しても平均寿命は縮まない

2018.01.12 Friday

去年は一年を通して日経平均が上がり続けて、年明け後もその勢いは衰えていません。
私はこの状態がまだ当分続くと見ています。
ドル円はドルの利上げにより円安に向かいやすいと言われてるので、それに引っ張られる形でもう少し伸びしろがあるでしょう。

さて、問題はこの強気相場がいつまで続くかです。こればかりは正直わかりません。
しかしひとつだけ言えることがあります。それはどんなに遅くとも2019年の春頃には再び下落局面に転換するであろうと言うことです。

なぜか?それは消費税増税が控えているからです。

また増税が延期または凍結されれば話は別ですが、そうでもない限り増税確定と同時に強気相場は終焉を迎えます。
インフレ圧力になるため円安だけは継続しそうですが。
おそらくこの増税がトリガとなってオリンピック後に空前の大不況が到来するのではないでしょうか。

・・・

そもそもなぜ増税が正当化されているのか。その建前は社会保障の維持です。
少子高齢化が進む状況で今の制度を維持しようと思えば最終的に20%を超える税率が必要と言われてます。

冗談じゃない!


そもそも今の制度を維持する必要があるのか?

もちろん答えはノーです。
年金の過度な減額は避けるべきですが、医療費に関しては逆にほとんどが不要です。
このことは医療が崩壊したのに寿命が伸びた夕張市の事例で証明されています。

医療縮小は百利あって一害あるかないか

昔の平均寿命が50歳ぐらいだったから社会保障カットで再び50歳ぐらいに戻るなんて言ってるバカがいますが、本気で言ってるなら頭に虫が涌いてないか確認したほうがいいです。

人類の老衰寿命は太古の昔(数十万年前)にはサルと同じ20年ぐらいでしたが、1万年に1年ぐらいのペースでゆっくりと伸びてきました。
1万年前でも成人まで生き延びられたら多くは現在とあまり変わらない寿命で大往生していたと思われます。
ただし平均寿命は今よりもずっと短く、それは乳幼児死亡率の高さが平均を著しく下げているためです。決して50歳ぐらいで死ぬ人が多かったわけではありません。

なお、遺骨は人為的に保存されるか一瞬にして泥に埋もれるようなことがなければすぐに分解されてしまって残りません。
動物の遺骨が落ちてるのを見かけないのは死後すぐに微生物の餌になってしまうからです。
人間の遺骨も今日まで残っているのは子どもや若者ばかりです。それは母親によって大切に保存されやすいためであろうと考えられます。
そう考えれば乳幼児死亡率もかなり過大評価されているのは間違いないでしょうね。

現存している遺骨はきわめて例外的に運のいいものです。底なし沼に飲み込まれたり洪水に巻き込まれたことで保存されてしまった遺骨は運が悪かったと言えますが。
このようなイレギュラーなものを根拠に推定した寿命が定説になってしまってますが、生物学的にはどう考えてもおかしいです。

ところで江戸時代から昭和初期まで寿命が極端に短かった時代がありますが、それは治安と疫病で説明が付きます。
もともと現在と同じくらい寿命がありましたが、人口増加と貿易で治安が悪化したり疫病の進化が加速して極端に寿命が縮みました。乳幼児死亡率も悪化したと考えられます。
それを元の寿命に戻したのが医療であり、とりわけ抗生物質の発見は寿命の奪還にかなり貢献したと言えます。

しかし皮肉なことに抗生物質の乱用が疫病の進化をさらに加速させており、耐性菌とのイタチごっこに医療が敗北すれば将来的に再び短命な時代が訪れるのではないかと危惧するところであります。
製薬、医療業界の利権はこのイタチごっこを利用してボロ儲けしてますが、いずれ負ける戦争であれば早めに白旗を揚げたほうが傷が浅く済むのは言うまでもありません。

昔の寿命の考察についてはこちらが詳しいです。

人生五十年の真相

これは一昨年書いた記事なので触れてませんが、紙のなかった時代は「おばあちゃんの知恵袋」が今以上に重要であったことが考えられます。
紙がなくて生きた人間が最大の情報媒体であった時代は今よりも長寿遺伝子が自然選択される傾向が強く、今よりも長生きする人が多かったかもしれません。

過去の話は言ったもん勝ちなので実際のところはわかりませんが。

・・・

以上の理由から社会保障、特に医療費を削減しても寿命には何の悪影響もないと言えます。
それをやってのけた夕張市は寿命が伸びましたし、社会保障費膨張の黒幕である製薬、医療業界がいたずらに病原菌を加速進化させることをやめれば将来寿命が大きく失われるリスクも回避することができます。

何時の時代も定説は御用学者が都合よく作って広めていくものです。
歴史的にみればつい最近の出来事である慰安婦や南京大虐殺でさえ決着がついてないのに、地質時代の寿命がなぜわかるのでしょうか。
あまりにも短すぎる推定寿命は生物学的に見て明らかにおかしいものであり、本当にそんなに短かったら人類はとっくに滅亡してます。

国民はもっと賢くならなければいけません。
税金や保険料が上げたい放題に上げられるのは国民がナメられてるからです。
もう一度言いますが、社会保障を削減しても平均寿命は縮まないので、そのことを念頭に置いた上で投票する政治家や政党を選んでください。

全[6]ページ中[1]ページ目

ページ先頭へ