ブログメニュー

カレンダー

<< February 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

教員免許を保育園から大学院まで統合せよ

2017.05.27 Saturday

このブログで何度も取り上げている大学教員が教育学を理解してない問題、そして社会問題にもなってる保育士不足、待機児童問題、余剰ポスドク問題まで同時に解決できるような画期的な解決策を思いつきましたので紹介します。
しかもこれはデメリットが全く思いつかないという実に素晴らしいものです。

それは大学教員の教員免許必須化と教員免許の統合です!

大学教員は教員免許が必要ないため、研究はできても教育はパッパラパーの素人が指導と称してアカハラを自覚なしに行うことがしばしばあります。
教員免許を持ってる人間でさえ教育の適格者はひと握りしかいないのに、それすらない人間を教壇に立たせることにそもそも無理があるわけです。
もちろん大学教員でも教育上手はいますが、それは長年の経験であったり独学で身につけたものであろうと考えられます。

教員免許不要で教授会が採用を決めるというシステムは不可避的にコネ採用になりますし、これは腐敗の温床にもなってます。
したがって大学を教育機関だと位置づけるのであれば大学教員の教員免許必須化は必要なことです。

・・・

私もかつて大学教員志望でしたが、大学教員は人気職種のようでなりたい人はたくさんいます。
ところが現実は残酷で、まず博士を取るのは簡単ではありませんし、取ったとしても多くが万年ポスドクで助教にさえなれません。
教育者としての才能があったとしても研究能力がないという理由だけでアカハラしか能のないパッパラパーのスカポンタンがデーンと居座っていつまで経っても席を譲ってもらえないわけです。

大学教員に一番大事なものは教育者としての適性のはずなのにこれはおかしいでしょう。
そもそも大学教員を目指す人が多すぎるというのもひとつの原因であります。

・・・

一方で初等教育や中等教育の教員は足りません。
足りないから少子化してるのに一人あたりに割り当てられる教員数が増えず、個性を尊重しない無能が跋扈し、待機児童問題も解決しないわけです。
にもかかわらず教えられる人を十分に準備しないままプログラミングを必修化しようなんてむちゃくちゃです。
プログラミングと教育学の両方を修めてる人材が一体日本に何人いるというのでしょうか?

だったら高等教育の余った人材がそっちに流れてこれるようにすればいいのでは?
これが教員免許統合案の趣旨です。

現行の制度では保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校で免許が分かれていますが、それは実に非効率です。
中学校の免許だけあっても小学校や幼稚園を教えられないのはどう考えてもおかしいでしょう。
だったら全部一緒くたにして上から下まで全部教えられるようにすればいいじゃない。

・・・

教育は一種の技術であり、誰でもできるものではありません。
だからこそ教育学という学問があるわけで、研究ができれば教育もできるじゃろっていう前提は狂ってるとしか言いようがありません。
初等教育と高等教育の違いは教える知識の種類に過ぎず、教育に必要な基本的な技術は全く同じなわけです。
初等教育者に求められるのは基礎学力+教育学、高等教育であればそこに専門が加わるだけです。言い換えれば専門だけできても教育学がわかってなければダメです。

幼稚園の先生をする人に元素記号の知識はたぶんいらないと思うので、専門の勉強を避けて初等教育だけしたい人は車でいうオートマ免許にあたる「中学までだけ教えられる教員免許」を作ればいいのです。
「全部教えられる教員免許」と「中学まで教えられる教員免許」の二種類があれば十分です。

副次的なメリットとして最先端の専門知識を持った有能な人材が高等教育のポストを取れなければ初等教育にほうに流れてくると思われるので、それは個性尊重教育に役立ちます。
どこの学校でもクラスに一人ぐらいは歴史マニアとか周期表マニアがいたりするものですが、そこに共通の話題のできる先生がいると大いに救われるでしょう。

コメント

Posted by: 無題2017/06/07 2:19 AM
単純に大学教員になるには
教育を学ばないといけないでは駄目なんでしょうか?
多数問題を解決できるのはいいですが変更点が多すぎて制度を変更するだけで力尽きそうに思えます
Posted by: ふーちゃん2017/06/07 5:33 AM
> 無題さん

大学だけならそれでいいですが、これは教育全体の問題なので大学だけ対症療法するよりは教育自体を変えてしまったほうがいいと思います。
いずれにせよ一番の問題は過渡期における新世代教員と旧世代教員の対立です。ゆとりと非ゆとりが対立してるように。
小中学校では新世代が威張るでしょうが、大学ではおむつの交換や簡単なピアノ演奏ができないかわりに研究能力だけはある旧世代が新世代にアカハラしそうですね。
Posted by: ふーちゃん2017/06/09 4:48 PM
そもそも大学生や院生ぐらいの歳になると同じ大学1年生でも精神年齢の幅は10歳ほどあります。障がい者を考量しなくてこれです。
発達の速度に個人差があるためこのようなバラツキが生じるわけで、これが学力格差の本質でもあります。

大学では小学1年生から高校1年生まで同じ学年に詰め込まれていると考えなければなりません。
大学院ならこのレンジはさらに広くなり、20年にも達します。

このそれぞれの発達段階全部に対応しようと思えば全部の段階に必要な教育を学んで教育実習だけで修士課程が終わるぐらいになるため、これだけの教育を受けた人間が大学でしか指導できないのはもったいないでしょう。
だから教員免許は統合したほうが合理的です。ここまでやれば大は小を兼ねるのです。
Posted by: 無題2017/06/16 10:53 PM
思ったんですが発達段階ごとに専門の人を用意した方がいいのではないですか?
全部の段階に必要な教育を学んでもいない段階があればあまり意味なくなるので。
Posted by: ふーちゃん2017/06/17 11:45 AM
一応教員全員がさらっと全段階を教育実習も含めて勉強しておく必要はあると思いますが、人それぞれ得意不得意はあると思うので人数でカバーすることは必要ですね。
大学だと教授、准教授、助教、院生で適当に分担すればいいと思います。
Posted by: ふーちゃん2017/06/17 11:50 AM
分担できるのはそれぞれが対等であるという前提がないと成り立たないですがね。
小泉政権の時代に教員免許持ちの学生を輪毒で叱責して泣かせた武勇伝をお持ちのどっかの教授みたいなのが一人でもいたらダメです。
 

この記事のトラックバックURL

http://blog.hoju.jp/trackback/395

トラックバック

ページ先頭へ