ブログメニュー

カレンダー

<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

熱中症や皮膚がんは地球滅亡の前触れ

2018.07.25 Wednesday

いかにも釣りのようなタイトルですが、決して釣りではありません。

連日の猛暑で全国的に熱中症が多発しています。
暑さがなぜここまで猛威を振るうようになったのか。
よく温暖化がここで持ち出されますが、本質的な原因は太陽にあります。

太陽はゆっくり膨張を続けており、地球誕生時と比べて既に30%も明るくなっています。
これはどういうことかというと今人類が受けてる太陽光線の強さは過去最大であり、人類に限らず全ての生命体はこの強さの太陽光線には十分に適応できていないということです。
適応してもどんどん太陽が膨張してるせいでいたちごっこになるのです。
その結果起こってることが熱中症や皮膚がんで、これは地球滅亡の前触れと言えます。

いや、前触れと言うのは語弊がありますね。既に滅亡は始まっていて、その過程で起こってるのが熱中症や皮膚がんであると言ったほうが正しいです。

地球滅亡と言うとアルマゲドンをはじめとしたパニック映画のようにいきなり隕石やブラックホールが襲ってきて一瞬にして地球が破壊される様子を想像してしまいますが、実際はそうではありません。
何億年もかけてじわじわと悪くなって気づいたときには滅んでるのです。
その主たる過程が太陽の膨張で、これは既に地球生物にとって限界に近づいてます。
一説によるとあと5%明るくなれば海水が蒸発して失われると言われてます。
1億年で1%とすると40億年の生物の歴史は残り5億年で終わる可能性すらあるのです。

繰り返すようですが5億年で滅亡するということは5億年は大丈夫なのかというとそうではありません。
5億年かけてじわじわと真綿で首を絞められるかのように滅亡の道筋を辿っていくということです。
滅亡には順序があり、大まかには体の大きい生き物から順に絶滅の危機に瀕することになります。
比較的よく生き延びるのは微生物で、微生物の中でも耐熱性に優れた古細菌は海がカラカラに干からびて100度を超える高温になってもまだ生きてるでしょう。
やがて地球がドロドロに溶け始めると古細菌も生きられなくなります。

人類はどうかというと地球から逃げるか地球の公転軌道に介入できない限り間違いなく最初の方に滅びます。
これまで生命を育んできた母なる太陽が年老いて凶暴化し、今度は生命を殺しにかかり始めてるのは直視すべき事実であります。

・・・

膨張を続ける太陽に殺されないためには文明で対抗するしかありません。それがエアコンや日傘、日焼け止めです。
猛暑の中をエアコン無しで過ごすということは無理心中を企んでいるキチガイ(太陽)に自分の命を差し出してるようなものです。
自分がエアコン無しで過ごすのは勝手ですが、学校にエアコンがいらないと言うのは子どもたちを生贄に差し出すと言ってるのと同じであるという自覚を持ってください。

コメント

Posted by: 通りすがりの藤坂2018/08/01 1:15 AM
地球における気候変動は数百年から数万年のタイムスケールで起きる変動であり、これの主たる要因に数億年スケールでの太陽の長期的膨張を挙げるのだから荒唐無稽と言う他ない。
とりわけ、今年のように連日猛暑が続くと温暖化が取り沙汰されるわけだが、地球全体でみた時に局所的に異常に暑い、寒いといった地点は毎年のように生じているのだからであり、今年はたまたま日本にその番が廻ってきたと解すべきである。
太陽の膨張など、数億年スケールでの変動であり、生命体、とりわけ哺乳類が誕生してからの変動はびびたるものである。タイムスケールを無視したこの議論は全くもって支離滅裂でしかない。
これで、サイエンスに対して深い見識を有しているのかのごとく文章を書いているのだからお笑いでしかない。
Posted by: ふーちゃん2018/08/01 6:20 AM
通りすがりの藤坂 様

コメントありがとうございます。
おっしゃる通り短期スパンでの気候変動と長期スパンの気候変動はある程度分けて考える必要があるでしょう。
地球の気候は太陽光度の他に軌道の微妙な変化、温室効果ガス、海流、アルベド等様々な要因によって左右されます。したがってそれを太陽の膨張のせいだけにしてしまうのは強引であるというのは私も理解してるところであります。

しかしながら長期目線で太陽が膨張を続けていることは事実であり、これまで温室効果ガスを取り除くことでその影響をうまく相殺してきたものの既にそのバッファが底を尽きかけてるというのが実情ではないかと思います。

> 地球全体でみた時に局所的に異常に暑い、寒いといった地点は毎年のように生じているのだからであり、今年はたまたま日本にその番が廻ってきたと解すべきである。

そうでしょうか。外国は知りませんが日本の猛暑は毎年のことですし、特に最近暑い日が続いてるのはただの偶然と見ていいと思います。
さすがに先日の青梅41度には参りましたがこれはゆらぎの範囲内と見てます。
為替相場や株式相場では長期と短期のトレンドが重なった時は二つの波を単純合成した以上の値動きがあるように思えます。
この考え方は投資家の間でも賛否があるため、長期と短期の波動が完全に独立してると思うのであれば押し付けませんのでその考えを大事にしてください。

> 太陽の膨張など、数億年スケールでの変動であり、生命体、とりわけ哺乳類が誕生してからの変動はびびたるものである。タイムスケールを無視したこの議論は全くもって支離滅裂でしかない。

生命体の誕生から20%以上も明るくなってますがこれは微々たる変動ではありません。
哺乳類誕生後は3%程度ですが、消費税が8%から10%に上がるのをこれだけ大騒ぎしてることを考えると微々たる変動とは言えないでしょう。

藤坂様がどのような立場かは存じ上げませんが、熱中症にだけは気をつけてお過ごしくださいませ。
生物は微妙なものですのでちょっとした体温や水分量の変動が命取りとなりえます。
Posted by: ふーちゃん2019/01/12 4:05 PM
テスト
Posted by: ふーちゃん2019/01/12 4:06 PM
テスト2
 

この記事のトラックバックURL

http://blog.hoju.jp/trackback/438

トラックバック

ページ先頭へ