ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

必要なのは無償化ではなく市場開放だ

2019.05.16 Thursday

先日大学無償化法が成立し、所得制限はあるもののタダで大学に行けるというおかしな社会の到来が現実のものとなりました。
これで喜んでる人にはこう言ってやりたい、ただより高いものはないと。

このブログでは以前から言ってるように大学は実にひどいことになっていて、それも所謂Fランと呼ばれる無名のところよりも国立大学のほうが悪いという逆転現象すら起こってます。
大学無償化の対象が一部の高偏差値のところだけになるのか、全部になるのかわかりませんが、何れにせよますます腐敗が進むこと間違いなしです。

大学を無償化すれば極限まで腐敗する

・・・

そもそもなぜ大学がこれほどまでに腐敗し、法外に高い学費に見合わない粗悪なアカハラ教育(もはや教育とすら言えない)を売りつけるような状況になったのか。
これは大学が政策的に高い参入障壁で保護されていて税金で下駄を履いてるからです。
国立は学費だけでも半分、他に科研費や補助金でも下駄を履いてますが、私学も下駄が低いだけで履いてることには変わりありません。
この下駄をもっと高くして客つまり学生はお金を払わなくていいようにしようというのが大学無償化です。

もし税金を投入し法外な安さでご飯が食べられる公営のレストランができたとします。しかも低所得者限定でタダだったとしましょう。
近くにある他のレストランはどうなりますか?潰れますね。
じゃあ潰れないように他のレストランに補助金を撒けばいいのか?
そうすると競争がなくなって不味いレストランが跋扈することになるでしょう。

税金ドーピングはより良いサービスを適正な価格で提供しようというインセンティブを著しく低下させます。
それは最初ダンピングから始まり、やがてサービスも価格相応以下に落ちぶれるケースが多いです。
学校がそうですし、文化財補助金のドーピングによる大名商売で店と客層の両方が悪くなってると疑われてる銭湯が都内にあります。
教育無償化がどういう結果になるか、結果は火を見るより明らかです。

・・・

大学に必要なのは無償化ではなく市場開放です。
大学の認可をなくし、誰でも大学を作って学位を発行できるようにすればいいのです。
名前が被ったり、紛らわしい名前の大学を作れないようにだけ規制すればいいのです。
そうすれば良い大学には価値が出ますし、そうでないところは無名に甘んじるか淘汰されていきます。
競争原理が働くことでク宗リンなんか真っ先に排除されますし、学費は全体的に安くなるでしょう。

医療や保育も同じで、必要なのは市場開放です。
税金で下駄を履かせたために本来の価格がわからなくなり、医療や保育のサービスを受けるためにそれ相応の対価を払わなくても良いという状況がこんな歪んだ社会を作ったのではないでしょうか。
子どもを預けて働いたほうが預ける費用を差し引いても儲かるという状況は、その差額を納税者に払わせたり保育士に十分な報酬が支払われないことで成立してると言えます。

ブログのSSL化完了

2019.05.15 Wednesday

昨日ブログの移転が完了し、SSLに対応しました。
ショップの本体は2年前にSSL化してましたが、ブログはサーバーを移転する必要がありなかなか大変でした。
SSL化したことでいろいろ変わることがあります。

まず閲覧を盗聴されにくくなりました。
URLを見たらわかると思いますが、http://がhttps://になっています。
これにより通信が暗号化され、野良WiFiなどを使って閲覧したとしてもどの記事を読んでるのか、WiFiの管理者にはわかりません。
ただしこのブログのどこかにアクセスしたという記録は残ります。

そして若干ですが通信量を節約できます。
暗号化されると同時に圧縮されるので理論上はデータのサイズが少し小さくなるはずです。
ただ、画像などのコンテンツを大容量のものに差し替えていくので全体の通信量は増えるかもしれません。
サムネと高解像度版に分けるので極端に増えることはないとは思います。

サーバーを移転したことでより高解像度の画像を載せられるようになりました。
現時点ではまだ前のままですが、羊山公園など新しい記事から順に画像を差し替えていこうと思います。

SSLサイトは検索エンジンにも優遇されます。
私の言うことをトンデモだの言ってる人がいましたが、直ちに立証することが難しい命題において正しいかどうかは声の大きさであったり支持者の数で決まります。
検索エンジンの上位に来ることが多ければそれだけ支持者が増えることを意味します。
言い換えれば今まで検索エンジンに冷遇されるというハンデを被っていたわけです。

あとは京都大学化学研究所のク宗リンや藤カスの所属や実名を伏せる必要がなくなりました。
前のサーバーは規約にだいぶ縛られましたが、このサーバーは殺害予告や脅迫行為をしなければ基本的にセーフです。
これで侮辱罪や名誉毀損を成立させるには公益性や危険引受法理をクリアしなければなりません。
アカハラ批判は公益に則することであり、またアカハラをした時点で晒される危険を引き受けていると言えます。
いきなり実名晒しはちょっと抵抗があるので、様子見しつつ伏せ字を外していこうと思います。

そうするとコメントが荒れることが予想されます。
前からソリチルと思しきアクセスやコメントがちらほらとあって律儀に返信をしてましたが、ここは私のブログですので文章の書き方をとやかく言われる筋合いはないと思ってます。
正しいのかトンデモなのか、それは検索エンジンが決めることです。
コメントが荒れると検索順位に悪影響が出る可能性もありますので誹謗中傷の意図を感じたら削除させて頂きます。
ソリチル対策としてクソー林の踏み絵を設置し、顔写真を真っ黒に塗りつぶさなければコメントが投稿できないようなシステムも検討中です。

もはや科学としての体をなしてない生命科学

2019.05.05 Sunday

昨日多摩市では雹が降りました。
イヤホンで動画を見て笑い転げてる最中でしたのですぐには気づきませんでしたが、外を見てびっくりです。
ツイッターを見てると窓ガラスが割れたとか網戸が破れたという報告がちらほらとありました。

うちはツルハシで殴りまくっても5分で人が通れる穴を開けるのは不可能なぐらい頑丈な窓ガラスが付いてるのでノーダメージでした。
だからこそ雹が降っててものんきに動画見て笑い転げてられるわけです。
窓ガラスの交換や補強は高くつきましたが、命が助かると思えば安いものです。
東京に住むということは東京特有の災害リスクを引き受けるということであり、富士山噴火や首都直下地震、核ミサイル攻撃にはしっかり対策しておくことをおすすめします。

太陽が膨張してるからか単なる地球の気候サイクルのせいなのかわかりませんが、歴史上の記録にないほど強力な台風に襲撃される危険もかつてないほどに高まってます。
あまり考えたくありませんが令和も災害の時代になるであろうことは容易に想像できます。

・・・

では表題に入ります。

生命科学クライシス リチャード・ハリス著 過剰競争が招く研究の衰退 :日本経済新聞

なんと学術雑誌に発表された実験の90%が再現できないという衝撃の事実があるのです。
生命科学の内情を昔から見てきた私に言われてみれば別に驚くことではないというのが正直なところです。

私は高校から大学3年まで生物をやっていて、大学院も生物系に行きたいと思ってました。
ところが内情があまりにもひどいため生命科学には見切りをつけて化学に進路変更することに決めました。
学問の政治利用で権力者に都合のいいインチキまみれ、研究はというとハラスメントが頻発していて純粋な知的探求などあったもんじゃありません。

例えば生物多様性を口実にしたニホンザルとタイワンザルの混血個体の虐殺は人種差別に学術的お墨付きを与えるために行われてるとしか考えられません。
もしかすると人間でやることを見越した動物実験かもしれません。

ある掲示板でタイワンザル虐殺やインチキダイエット理論を批判すると私のほうがトンデモ呼ばわりされました。
当然言うまでもなくウソをついてるのはトンデモ呼ばわりした助教やポスドクです。
連中はロビー活動でウソ情報を定説として定着させてそれを飯のタネにしていますので、ウソがバレたら食い扶持を失うため歯向かう者は徹底的に攻撃します。
学術的な反論ができなくなると人格攻撃にすり替えて、私の学歴を見て「Fラン」を連呼し始めました。
これも私が京大に行った理由のひとつです。

はっきり言って生命科学は学問としての体をなしてません!

特に生態学や疫学はもともと再現性が怪しかったり立証できないことをいいことにやりたい放題です。
中にはちゃんとした研究者もいますが、多くはいかに大衆を騙すか、役人を騙すかということに腐心しています。
ありもしない問題をでっち上げて恐怖心を煽ったかと思えば難病が治るなど甘い言葉を言う、それで大衆も役人もコロッと騙されてしまうのです。
連中からしてみれば「しめしめ」です。

STAP細胞はたまたま話題になったからすぐウソだとバレましたが、あれは氷山の一角です。
これだけ話題になることを予想できなかったというのがオボボの誤算だったのかなと思います。
でっち上げるなら再生医療みたいなセンセーショナルなものではなく生態学や疫学、精神医学でやるべきでしたね。
再生医療は安倍によって大金がバラ撒かれてるので(無駄)それに乗っかろうとしてやらかしたのでしょう。

・・・

生命科学がこんなことになってしまったのは医学など一部を除けば商業的な利益を上げるのが難しいこと、そして政治利用しやすいからです。
例えば生態学はお金になりませんので、政治家やそれを裏で操っている組織が人種差別を正当化する研究をするよう札束ビンタしつつ唆しました。これがタイワンザル虐殺問題です。

疫学、医学はもともと政治との結びつきが強いので腐敗とでっち上げは生態学以上です。
優生保護法なんかがその最たる例で、これはタイワンザル虐殺と車輪の両輪の関係でもあります。

これらは国民の責任でもあります。国民が無知だからこのような不正と横暴が許されてきたのです。
ダーウィン進化論をちゃんと説明できる人は周りにどのくらいいるでしょう?

私の周りでも半分ぐらいの人は進化論をちゃんと理解してません。
アカデミアの連中でもク宗リンみたいに専門が違えばパッパラパーですし、もっと言えば生物学者でも進化論の理解が怪しいやつはゴマンといます。
これは教育が悪いのですが、学校でちゃんと生物学を教えないのはやはりウソがバレたら困る連中が肝心なことを教えないよう圧力をかけているためではないかと思われます。

独学で勉強するにもウソ情報が氾濫しているため最初からちゃんとした知識を身につけるのは非常に困難です。私もかつてウソ情報を信じ込み、それに振り回されてきた経験があります。

このブログでは一般の方々にわかるよう、今後も中立な立場から生命科学について解説していきたいと思います。
アカデミアの不正と闇を暴き、真実に近いことを啓蒙していくことがアカデミアに見切りをつけた私の、せめてもの科学者の良心としてできることだと思ってます。

平成最後の日

2019.04.30 Tuesday

今日は平成最後の日です。皆様はどのように過ごされてますでしょうか。
私はいつもどおり発送やら製作やら雑用やらしつつ適当に息抜きしながら昼寝もしてのんびり過ごしてました。
GW中は注文が少ないので暇なんですよね。
暇だからこそ暇な時しかできないことを仕事も遊びも問わずやっておきたいところです。

・・・

平成は私の人生そのものですので今更ここに平成の思い出をつらつらと書くまでもありません。
今までの人生のことについては過去記事でたくさん触れてます。

年齢とほぼ一致する年号とお別れするのは少し寂しいですが、私に関して言えば令和になっても今までと変わらない日々が続いていくだけです。
令和になっても変わらず風船を売り、たまにソフトも作り、アカハラ研究室を叩いてるでしょう。
東京で風船を売りつつ一人でひっそりと暮らすことは私が平成の終盤に見つけた安住の地だったのかなと思います。

今日は平成最後の発送をして、平成最後の買い物を終えて、平成最後の食事を終えました。
まだ眠くないのでちょっと仕事をしてから寝ます。

そうそう、年末もそうですがこういう日はにわかにだらだらしてる時間がもったいなく感じたりするのですよね。

・・・

というわけで令和も豊充風船商店をよろしくお願いします。

羊山公園の芝桜を見てきました

2019.04.27 Saturday

最近写真入りの記事をよく書くようになりましたが、SSL化と同時に高画質版も見れるようになる予定です。
SSL化までもうしばらくお待ちください。

・・・

今日はGW初日ということで前から行きたかった秩父の羊山公園に行ってきました。



羊山公園は秩父市と横瀬町の間にあり、芝桜の丘では4月中旬から5月上旬にかけて芝桜が見頃を迎えるため多くの観光客で賑わいます。
今日はその羊山公園に行ってきました。

・・・




都内からアクセスする場合は最寄りの横瀬駅まで西武池袋線で池袋から2時間ぐらいで行けます。
私は特急に乗るお金がないのでいつも鈍行で行きますが、お金のある人やお金がないけど彼女の前で背伸びしたい人は特急レッドアローがおすすめです。
横瀬駅につくとまず大きくそびえる武甲山が出迎えてくれます。




横瀬駅から羊山公園まで距離がありますが、案内板があるのでまず迷いません。
今日は晴れの予報のはずでしたがどんよりとしていて雨もパラパラ降ってます。そして何より寒い。
チケット売り場には人がまばらにしかいません。
普段は無料で入れますが、芝桜まつりの期間は入園料300円が必要です。




いい感じに見頃です。去年も行ったのですが、去年はちょっと遅かった感じでだいぶ散ってました。
私より何日か先に行ったリア充兄妹はちょうど見頃だったようなので、今年こそはということで同じくらいのタイミングを狙いました。




芝桜を近くで見るとこんな感じです。
なお、芝桜と桜は分類学上全く異なります。




芝桜の絨毯と背後の武甲山。うーん、晴れてたらもっと良かったのになあ。




武甲山と反対の方向。




ピンクと紫と白のコントラストが美しいですね。




チューリップもあります。




ニッコリ。




秩父路の特産市会場でお土産を買いました。
タピオカドリンクの看板が写ってますが、うどんとかそばとかいろいろ食べれます。
ここでもうちょっとゆっくりしたかったですが、次の目的地があるので羊山公園をあとにしました。
秩父鉄道の御花畑駅を目指します。ちなみに御花畑駅は別名を芝桜駅ともいいます。




御花畑駅に向かう途中、見晴らしの丘から駅の方向を臨むと平坦な台地が見えます。これは秩父盆地の中央を流れる荒川が長い年月をかけて削ってできた地形です。
秩父はダイナミックな自然の力を感じることのできる場所でもあるのです。
ところで武甲山も自然の力が生み出した宝の山で、サンゴ礁の島だった名残で良質の石灰岩がたくさん採れます。だからあんなに削られてしまったわけです。

・・・

この先はトップシークレットですのでお見せできません。
電車とバスを乗り継いでアンチクソーリニズムの拠点となっている場所へ行きました。最後の写真が都会に見えるぐらいの山奥です。
いろいろ雑談して帰りました。

あの場所では私が来るとなぜか雨が降るというジンクスがありますが、今回は降らずに済みました。

ページ先頭へ