ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    あえて言おう、一人で○ねと

    2019.05.31 Friday

    川崎で痛ましい事件があり、幼い命がまた犠牲になりました。
    平成から令和の変わり目は池袋、大津などで痛ましい事件や事故が相次ぎましたが、それが繰り返されることを止めることができませんでした。

    今度の犯人は飯塚幸三と違って下級国民のためすぐに捕まり、多少の勿体ぶりがありましたが名前も出ました。岩崎隆一、岩崎隆一です。
    繰り返します、岩崎隆一です。

    この事件の不幸中の幸いと言えるところは犯人が死んでくれた点です。飯塚幸三はのうのうと生きてますが岩崎隆一は潔く死んでくれました。
    生きてたら改めて死刑にしなければなりませんので税金が無駄になります。見苦しい言い訳も聞きたくありませんので死んでくれてよかったと思います。
    上級国民と下級国民の扱いに賛否はありますが、一応若い頃は(煽り運転やアカハラ、パワハラをやってたと思うが)技術者としてそれなりに社会に貢献していた飯塚幸三と、最初から社会のゴミクズだった岩崎隆一で扱いが違うのは当然と言えましょう。

    ・・・

    さて、飯塚幸三にしても岩崎隆一にしても事件を起こすまで大人しく生きてきたと考えるのは無理があります。
    こういう性格ですから今までに絶対何か悪いことしてるはずだろうと思ったら案の定、岩崎隆一は近隣住民ともトラブルを抱えたトラブルメーカーだったようです。
    この点は飯塚幸三も似たようなものだと思いますが、飯塚幸三は上級国民ですのでこういう情報はなかなか出てきません。
    いずれにせよ、パワハラや煽り運転のような比較的軽微な悪事を犯した時点で経済活動から締め出しておくべきだったと言えるでしょう。

    ・・・

    この期に及んでこんなことほざいてる輩がいます。

    川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい(藤田孝典) - 個人 - Yahoo!ニュース

    これを言ってる藤田孝典は税金で下駄を履いた教育産業の人間であり、これをきっかけに新たな福祉利権を作って国からお金をせびれば一儲けできると目論んでるのかもしれません。
    多分、「パワハラや煽り運転のような比較的軽微な悪事を犯した時点で経済活動から締め出しておくべき」という論調もこういう連中の目に触れると目の敵にされるものと思われます。
    犯人に同情したり、味方をするような態度を取るのは被害者に対する侮辱と取られるだけでなく、悪いことをすれば同情が得られたり世直しに繋がるということを予備軍に教えることになりますので模倣犯を出すことに繋がります。

    というわけであえて言おう、一人で○ねと。
    伏せ字にしているのは放送禁止用語をブログに書くと検索エンジン順位に悪影響が出る恐れがあるためです。

    岩崎隆一が引きこもりで社会に居場所がなかったことを原因とする論調がありますが、労働現場におけるパワハラやバイトテロが問題になってることを見てわかる通り悪人を企業が雇ったところでそのリスクを企業が引き受けることになるだけです。
    むしろ、引きこもりだったからこそ最小限の被害で済んだのかもしれません。宅間守は小学校で働いた経験があるおかげで小学校に侵入して犯行を起こせたと言えます。
    もし岩崎隆一に保育士の経験があって保育園の侵入経路を熟知していたと考えると恐ろしくなります。

    そういえば最近保育士が保育士を殺害して逮捕されましたね。このことから悪人でも保育士になれることがはっきりしました。
    保育士資格を取るための課程は悪人を排除できなければ矯正することもできず、また保育園の面接は悪人を見抜けませんでした。
    安倍のバカタレは幼児教育無償化とか言ってますが、ただより高いものはありません!
    こういう市場原理を無視した無償化で預ける必要のない人まで保育園を利用するようになれば保育士が不足するわけで、そうなったらバイトテロリストやアカハラ魔としてネットに名前が晒されてる連中が排除されずに採用されることもあり得ます。
    保育園を利用する場合はそこに我が子の命を預けても大丈夫かよく考えてから利用してください。

    ・・・

    悪人を早めに社会から排除する論調については賛否があると思いますが、私は前述の通り早めに排除して経済活動から締め出すべきだという立場を取っています。
    そうすれば更生ができなくなって余計に悪いことをするのではという反論もあることでしょう。

    そもそも悪人は更生可能なのか?
    次回はこれについて論じたいと思います。
    たまたま前回の記事ではプリオンというタンパク質のお話をテーマにしましたので、次回はそれ繋がりでタンパク質の作られ方など分子生物学についても解説しようと思います。

    必要なのは無償化ではなく市場開放だ

    2019.05.16 Thursday

    先日大学無償化法が成立し、所得制限はあるもののタダで大学に行けるというおかしな社会の到来が現実のものとなりました。
    これで喜んでる人にはこう言ってやりたい、ただより高いものはないと。

    このブログでは以前から言ってるように大学は実にひどいことになっていて、それも所謂Fランと呼ばれる無名のところよりも国立大学のほうが悪いという逆転現象すら起こってます。
    大学無償化の対象が一部の高偏差値のところだけになるのか、全部になるのかわかりませんが、何れにせよますます腐敗が進むこと間違いなしです。

    大学を無償化すれば極限まで腐敗する

    ・・・

    そもそもなぜ大学がこれほどまでに腐敗し、法外に高い学費に見合わない粗悪なアカハラ教育(もはや教育とすら言えない)を売りつけるような状況になったのか。
    これは大学が政策的に高い参入障壁で保護されていて税金で下駄を履いてるからです。
    国立は学費だけでも半分、他に科研費や補助金でも下駄を履いてますが、私学も下駄が低いだけで履いてることには変わりありません。
    この下駄をもっと高くして客つまり学生はお金を払わなくていいようにしようというのが大学無償化です。

    もし税金を投入し法外な安さでご飯が食べられる公営のレストランができたとします。しかも低所得者限定でタダだったとしましょう。
    近くにある他のレストランはどうなりますか?潰れますね。
    じゃあ潰れないように他のレストランに補助金を撒けばいいのか?
    そうすると競争がなくなって不味いレストランが跋扈することになるでしょう。

    税金ドーピングはより良いサービスを適正な価格で提供しようというインセンティブを著しく低下させます。
    それは最初ダンピングから始まり、やがてサービスも価格相応以下に落ちぶれるケースが多いです。
    学校がそうですし、文化財補助金のドーピングによる大名商売で店と客層の両方が悪くなってると疑われてる銭湯が都内にあります。
    教育無償化がどういう結果になるか、結果は火を見るより明らかです。

    ・・・

    大学に必要なのは無償化ではなく市場開放です。
    大学の認可をなくし、誰でも大学を作って学位を発行できるようにすればいいのです。
    名前が被ったり、紛らわしい名前の大学を作れないようにだけ規制すればいいのです。
    そうすれば良い大学には価値が出ますし、そうでないところは無名に甘んじるか淘汰されていきます。
    競争原理が働くことでク宗リンなんか真っ先に排除されますし、学費は全体的に安くなるでしょう。

    医療や保育も同じで、必要なのは市場開放です。
    税金で下駄を履かせたために本来の価格がわからなくなり、医療や保育のサービスを受けるためにそれ相応の対価を払わなくても良いという状況がこんな歪んだ社会を作ったのではないでしょうか。
    子どもを預けて働いたほうが預ける費用を差し引いても儲かるという状況は、その差額を納税者に払わせたり保育士に十分な報酬が支払われないことで成立してると言えます。

    平成最後の日

    2019.04.30 Tuesday

    今日は平成最後の日です。皆様はどのように過ごされてますでしょうか。
    私はいつもどおり発送やら製作やら雑用やらしつつ適当に息抜きしながら昼寝もしてのんびり過ごしてました。
    GW中は注文が少ないので暇なんですよね。
    暇だからこそ暇な時しかできないことを仕事も遊びも問わずやっておきたいところです。

    ・・・

    平成は私の人生そのものですので今更ここに平成の思い出をつらつらと書くまでもありません。
    今までの人生のことについては過去記事でたくさん触れてます。

    年齢とほぼ一致する年号とお別れするのは少し寂しいですが、私に関して言えば令和になっても今までと変わらない日々が続いていくだけです。
    令和になっても変わらず風船を売り、たまにソフトも作り、アカハラ研究室を叩いてるでしょう。
    東京で風船を売りつつ一人でひっそりと暮らすことは私が平成の終盤に見つけた安住の地だったのかなと思います。

    今日は平成最後の発送をして、平成最後の買い物を終えて、平成最後の食事を終えました。
    まだ眠くないのでちょっと仕事をしてから寝ます。

    そうそう、年末もそうですがこういう日はにわかにだらだらしてる時間がもったいなく感じたりするのですよね。

    ・・・

    というわけで令和も豊充風船商店をよろしくお願いします。

    羊山公園の芝桜を見てきました

    2019.04.27 Saturday

    最近写真入りの記事をよく書くようになりましたが、SSL化と同時に高画質版も見れるようになる予定です。
    SSL化までもうしばらくお待ちください。

    ・・・

    今日はGW初日ということで前から行きたかった秩父の羊山公園に行ってきました。



    羊山公園は秩父市と横瀬町の間にあり、芝桜の丘では4月中旬から5月上旬にかけて芝桜が見頃を迎えるため多くの観光客で賑わいます。
    今日はその羊山公園に行ってきました。

    ・・・




    都内からアクセスする場合は最寄りの横瀬駅まで西武池袋線で池袋から2時間ぐらいで行けます。
    私は特急に乗るお金がないのでいつも鈍行で行きますが、お金のある人やお金がないけど彼女の前で背伸びしたい人は特急レッドアローがおすすめです。
    横瀬駅につくとまず大きくそびえる武甲山が出迎えてくれます。




    横瀬駅から羊山公園まで距離がありますが、案内板があるのでまず迷いません。
    今日は晴れの予報のはずでしたがどんよりとしていて雨もパラパラ降ってます。そして何より寒い。
    チケット売り場には人がまばらにしかいません。
    普段は無料で入れますが、芝桜まつりの期間は入園料300円が必要です。




    いい感じに見頃です。去年も行ったのですが、去年はちょっと遅かった感じでだいぶ散ってました。
    私より何日か先に行ったリア充兄妹はちょうど見頃だったようなので、今年こそはということで同じくらいのタイミングを狙いました。




    芝桜を近くで見るとこんな感じです。
    なお、芝桜と桜は分類学上全く異なります。




    芝桜の絨毯と背後の武甲山。うーん、晴れてたらもっと良かったのになあ。




    武甲山と反対の方向。




    ピンクと紫と白のコントラストが美しいですね。




    チューリップもあります。




    ニッコリ。




    秩父路の特産市会場でお土産を買いました。
    タピオカドリンクの看板が写ってますが、うどんとかそばとかいろいろ食べれます。
    ここでもうちょっとゆっくりしたかったですが、次の目的地があるので羊山公園をあとにしました。
    秩父鉄道の御花畑駅を目指します。ちなみに御花畑駅は別名を芝桜駅ともいいます。




    御花畑駅に向かう途中、見晴らしの丘から駅の方向を臨むと平坦な台地が見えます。これは秩父盆地の中央を流れる荒川が長い年月をかけて削ってできた地形です。
    秩父はダイナミックな自然の力を感じることのできる場所でもあるのです。
    ところで武甲山も自然の力が生み出した宝の山で、サンゴ礁の島だった名残で良質の石灰岩がたくさん採れます。だからあんなに削られてしまったわけです。

    ・・・

    この先はトップシークレットですのでお見せできません。
    電車とバスを乗り継いでアンチクソーリニズムの拠点となっている場所へ行きました。最後の写真が都会に見えるぐらいの山奥です。
    いろいろ雑談して帰りました。

    あの場所では私が来るとなぜか雨が降るというジンクスがありますが、今回は降らずに済みました。

    高齢ドライバーによる事故をなくす方法

    2019.04.21 Sunday

    一昨日、池袋で高齢者の運転するプリウスが暴走して8人が怪我をし、2人の母娘が犠牲になりました。
    運転していたのは飯塚幸三(87)で、官僚やクボタ副社長も経験している社会的地位だけは無駄にあるお方のようです。
    それを裏付けるかのようにまだ逮捕されておらず、マスゴミの報道もさん付け。
    しかしながら「アクセルが戻らなくなった」などと社会的地位に似つかわしくない稚拙な言い訳をしていて非常に見苦しいですね。

    ・・・

    高齢者の免許はやはり早いうちに没収すべきです。私のおじいさんは一昨年免許を返納しました。
    最終的に事故も起こすことなく運転がやめられたので良かったですがなかなか大変でしたよ。

    運転をやめてくれとはっきり言うと「じゃあお前が代わりに運転しろ」と言われたでしょう。
    私は教習中にアクセルとブレーキを踏み間違えて教官にこっぴどく怒られてしばらく教習所に行きづらくなった思い出があるので、いくら田舎とはいえ運転したくありません。
    なのでやんわりとしか言えずにいました。

    免許を返納したあとは私の両親や親類が時々おじいさんの家に行って買い物をしています。
    結局それで買い物には困ってないので私が運転する必要はなかったわけです。
    というかこういう話が出たのは東京に来てからだったので今更田舎に住めと言われても困ります。

    ・・・

    おじいさんは子どもも多く身内に頼れるのでそういう選択が取れましたが、それが無理な場合は公共交通機関やネットショップを使うべきです。
    しかしそれだけでは根本的な解決になりません。

    今日神戸で市バスが暴走して死者を出す惨事となりました。
    運転手は64歳、こちらも高齢ドライバーです。
    このことからわかるのは、高齢者の免許を没収して公共交通機関やネットショップを利用してもらうにしても運転手が必要であり、それを用意できなければ結局高齢者や私みたいな運転に向いてない人間に無理やり運転させて殺人バスや殺人トラック、殺人タクシーが跋扈する状況になるということです。

    ・・・

    解決策としては身内を頼れない高齢者には土地を捨てて都会に来てもらうしかないでしょう。
    現状では田舎の人が田舎に残って生活を維持できるようにインフラの維持等に税金を突っ込んでますが、それは市場を歪めるものでしかありません。
    田舎に残ったら余計なコストが掛かるという状況にして都会に来てもらえばいいのです。

    免許を没収して代わりに公共交通機関を安くしたりタダにすればいいと言う人がいますが、そのお金は税金です。
    ど田舎は移動距離が長くなるので公共交通機関に下駄を履かせるコストも高くなります。
    どうせ下駄を履かせるなら移動距離の短い都市部のほうがいいに決まってます。

    まあ、下駄を履かせる事自体がナンセンスだと思いますが。
    公共交通機関にかかる費用は年金から出せばいいじゃないですか。
    もったいないと思ったら歩けばいいのです。

    ・・・

    結論としては高齢者の免許更新の厳格化と容赦なき免許没収が高齢ドライバーによる事故防止に直接効果があります。
    ところがそれをすると今度は公共交通機関や運送会社の運転手が必要で、田舎では若くて運転に適した人材が不足して結局危険なバスやトラックが跋扈するという状況になりえます。
    ならば無理に田舎にしがみつかずに都会へ出てもらおうという話です。
    残りたい人は残ればいいのですが、税金を突っ込んでまでして引き留めておく必要はありません。

    私もおじいさんにもし家が台風や地震で吹っ飛んだら東京に来るように言ってます。
    同じ場所に家を建て直したところで二束三文です。
    なんというか不動産価値のなさが全てを物語っています。

    ページ先頭へ