ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    CCSなんかもうやめよう

    2019.02.24 Sunday

    ブログのSSL化作業を1月中に進めてたのですが、体調を崩したりリア充兄妹の祝事があってあたふたしてるうちに確定申告シーズンに突入してしまったため2月中には難しそうです。
    なお、ショップのほうは一昨年にSSL化してますので安心してご利用ください。まだなのはブログだけです。

    多くのショップオーナーはショップサイトやブログの技術的な部分は全て業者にやってもらってると思いますが、私は技術がありますのでサーバーだけ借りてあとは自分で作ってます。
    サイトはHTML、JavaScript、CSSから構成されています。サーバー側はPHPやPythonで作られてますが、今見てるページはこの3種類でできてると言っていいです。
    そしてSSLとはこれらのデータを暗号化して送る技術であると言えます。

    HTMLはタグによって構造化されたデータで、Webページの基本となる形式です。
    JavaScriptはブラウザ上で実行されるプログラムで、HTMLの中に埋め込まれています。
    CSSはカスケード・スタイル・シートの略称で、Webのデザインを決めるものでJavaScriptと同じくHTMLに埋め込まれています。

    ・・・

    さて、今日の本題はCCSです。CSSではありません。
    CCSとはCO2を地中深くに加圧して封じ込めようとする技術のことです。
    北海道でまた地震がありましたが、鳩山由紀夫元首相がCCSが原因ではないかとツイートして話題になっています。

    これが問題のツイートです。




    「CCSによる人災と呼ばざるを得ない」と言い切ってるところがうーん、という感じです。
    北海道警察はこれをデマとして注意喚起しています。

    確かに、鳩山元首相の言い切る態度はどうかと思います。しかし北海道警察もそれをデマだと断定してる時点で同じではないでしょうか。
    これは性的や暴力的なコンテンツが犯罪傾向に繋がるかどうかという話と同じで、因果関係が立証できない以上は議論するだけ無駄です。

    私も一応専門家の端くれとして言わせてもらうと、「もともと歪みが溜まっていた場所にCCSなんかで刺激を与えたらそれがトリガになって地震が誘発されてもおかしくない」程度の話です。仮にそうだとすればCCSがなくてもいずれ地震が起きてたと言えます。

    ・・・

    そもそもCO2を地面に埋めようという話自体がナンセンスだと思います。
    これが地震のトリガになったかどうか関係なしにCCSなんかもうやめようよ。

    まずCO2と温暖化の関係自体よくわかってません。早い話因果関係が立証できないわけです。
    因果関係がよくわかってないものを原発推進に利用したのがイギリスのサッチャー政権で、そのために設立された利権団体がIPCCです。
    実際のところよくわからないものをさも因果関係があるかのように定説として定着させ、そしてCO2を減らすべき悪者だと吹聴してきました。

    CO2を減らすことはエネルギーを節約することになるのでそれ自体は悪いことではありません。実際、CO2削減キャンペーンのおかげで自動車や発電所の燃費が向上したのも事実です。

    ところがCCSだけはダメです。何がダメかというとCO2を地面に埋めて誤魔化すだけで実際の排出量はむしろ増えてしまうからです。
    地面に埋めたCO2が絶対に出てこない保証はありませんし、加圧して埋める時にエネルギーが必要です。つまり同じ量の燃料から得られるエネルギーが目減りして、これが資源の無駄遣いとなるわけです。

    地面に埋めたCO2がどんな挙動をするかよくわからない以上こういうことをすべきではないでしょう。
    CCSで得をするのは利権団体や御用学者だけです。税金の無駄ですから今すぐやめましょう。
    もしCCSがなければ鳩山前首相が変なツイートをすることも、北海道警察や気象庁がデマ認定することもなかったわけです。

    CCSに限らず温暖化やCO2が絡む研究はどれもこれも胡散臭いものばかりです。
    排出されたCO2を経済的合理性のある資源として利用しようというならいいですが、ただ捨てるために穴掘って埋めるだのドライアイスにして海に捨てるだのはただの利権目当てでしょう。

    移民政策は双方向であるべき

    2018.11.08 Thursday

    アメリカの中間選挙では上院で共和党、下院で民主党が勝つというねじれ状態になりました。
    もっともねじれはオバマも経験したことであり、トランプにはお灸を据えられたと思って残りの任期を頑張ってもらいたいところです。

    さて、なぜかこのタイミングで中米からの移民だか難民が隊列をなしてアメリカに向かっています。
    タイミングからして実に怪しいのですが、移民がわんさか入ってくるというのはヨーロッパもかつて通った道であります。
    トランプはもちろん移民に軍をけしかけて、発砲するかどうかはともかくとして絶対に入れないつもりです。

    ・・・

    ところでアメリカの人口は2億人ぐらいいます。そこに1万人の移民が入ったところでお風呂に大さじ一杯の醤油が入る程度、微々たるものではないでしょうか。
    よく移民が入ると治安が悪くなると言う人がいますが、犯罪率が2倍の移民が人口の半分を占めるようになってやっと治安が1.5倍悪くなるという程度です。
    仮に単純計算以上に治安が悪化したとすればそれは単に警察が無能なだけです。

    アメリカはもともと移民の国であり、トランプももちろん移民です。もっと言うとインディアンも氷期にベーリング海が陸地になった時にユーラシア大陸から入ってきた移民です。
    移民を排除するということは自分たちの存在意義を否定することであり、しいてはアメリカという国自体を否定することになります。

    お風呂に大さじ一杯ぐらい入れてやれよと思うのは私だけでしょうか。
    それを許せば次から次へとわんさか来るかもしれませんが、その人口増加分は少子化と相殺すればやはり微々たるものではないでしょうか。

    ・・・

    移民問題は日本も対岸の火事ではなく、少子化を移民で穴埋めしようという論調は珍しいものや突飛なものではなくなりました。
    それに、かつて移民として入ってきた朝鮮人にまつわる揉め事は今も続いています。
    安易な移民政策は間違いなく数十年にわたって揉め事の種となるでしょう。

    とはいえ移民は悪いことばかりではありません。
    移民してくる側は当然ながら安全や快適さを求めて入ってくるわけで、場所を変えることによって安全で快適な生活が手に入れば移民は成功です。
    来た方は安価な労働力で少子化を穴埋めできる他に、遺伝子プールに外部の遺伝子を取り込むことで病気の耐性を強めたり優秀な学者や選手を出すことに繋がります。

    毎年のようにインフルエンザが流行しているのは地域個体群(この場合は日本人)の遺伝子が揃ってしまっていて免疫を簡単に突破できてしまうためです。
    この遺伝的多様性が増加すれば少しは突破されにくくなり、それはウイルス自体の進化にブレーキをかけることになります。

    ・・・

    移民で揉めるのは「一方通行」を前提としたものだからではないでしょうか。
    アフリカから欧州へ、中南米からアメリカへ、アジアから日本へ。
    一方通行に移民すれば元いた人は雇用を奪われたり、言われてるほどの影響はないとはいえ治安が悪化するかもしれません。
    そうなった時に元いた人は逃げ場がないから揉めるのであり、元いた人も同じように自由に移民できたら今みたいに揉めることはないのではと思うのです。

    中南米からアメリカへ移民するのであればアメリカから中南米に移民する権利も認められるべきでしょう。
    欧州、アフリカ、アジアも同様です。
    日本もアジアからの移民を受け入れると言ってますが、それをするのであればアジアへの移民も受け入れてもらわなければ不公平です。

    最終的には全世界で好きな国に住むことができるというのが理想です。
    世界で通貨を統合するという試みはビットコイン等仮想通貨の出現であっさり成功しつつあります。
    次は世界の政治が統合されるべきであり、それは国連が各国を下部組織として統治することになるのか、仮想通貨のようにブロックチェーンで分散的に行われるのかわかりません。
    しかし織田信長の時代は日本さえ統一されてなかったわけで、いずれ世界が統一されて移動が完全に自由になることを展望するのは荒唐無稽ではないと思います。

    キムトラはじきに仲違いする

    2018.06.13 Wednesday

    昨日、歴史的とも言われた米朝首脳会談が行われました。
    まず握手から始まり、特に言い争い等もなくあっさり終わったようです。

    はい、茶番劇乙です~^^

    今回の会談の成果は何かと言うと単なる合意です。
    しかも非核化費用は日韓が出せ? 冗談じゃねーよ。
    キムトラよ、お前らでやれ。日頃から相場を動かしてボロ儲けしてんだからできるだろう。

    非核化費用を韓国が出せるかと言うと無理でしょう。
    もしかするとムンは出すと口走るかもしれませんが、韓国経済にそんな余裕はないので言った途端ムン政権はおしまいです。
    クネのように刑務所行きになります。

    さて問題は安倍のほうです。
    今までトランプにいろいろ貢いだ実績があるので、もしかしたら韓国の分まで出すかもしれませんね。そうなったら最悪です。
    しかしさすがにこの要求は飲めないような気がします。

    誰も非核化費用を出せないとなればやっぱり振り出しに戻るわけです。
    したがってキムトラが程なくして再び仲違いする可能性は高いと言えるでしょう。

    ・・・

    本当に朝鮮戦争が終わることが期待できるのであれば円安、株高がもっと進行しないとおかしいはずです。
    しかし大して動かなかった。これはどういうことかというと市場は冷ややかな目で見てるということです。
    一部の脳天気な個人投資家と、それに乗っかる順張り勢で動いたに過ぎません。

    もしかすると茶番劇の筋書きを予め知ってる連中がいずれ決裂することを前提に空売りして売り圧力をかけてるのかもしれません。
    2月のVIXショックの時もショックが始まる1ヶ月前からその前兆のような動きがありました。ショックが起こることを予め知っていた連中がいたのです。
    むしろ、ショックは意図的に引き起こされるものと言えるでしょう。

    そう考えればレバレッジ規制の真の目的が何だったかというのも見えてくるのではないでしょうか。

    トランプは実業家だからこそ恐ろしい

    2017.04.14 Friday

    ここ数日で北朝鮮情勢が一気に張り詰めてきました。
    2週間前はどうせエイプリルフールだからヘーキヘーキと言ってたのが、2日前ぐらいから急にやばくなってきて落ち着いて投資のポジション整理する時間的余裕すら満足に与えてくれませんでした。
    明日は金日成の生誕105年で北朝鮮が核実験を強行するかもしれず、トランプはもしやった場合というかやる前に先制攻撃すると言ってます。
    このパターンにはそろそろ飽き飽きしてきたところですが、シリアにトマホークを撃ちまくったり昨夜非核兵器では最大の威力を持つ爆弾をアフガニスタンに投下したことから、もはやいつもとは違うのだと感じさせられました。

    シリアと北朝鮮では状況が異なります。シリアの場合は反撃能力がほぼ失われているため一方的な攻撃が可能です。
    ところが北朝鮮は移動式ミサイルをあちこちに隠してるので、一瞬で北朝鮮全土を隈なく核や大型爆弾で焼き払わない限り反撃してくるでしょう。
    その場合標的は韓国や日本の米軍基地が中心になるとなると考えられます。

    そうなったらソウルが火の海になることは避けられないためクリントン政権の時に検討されたものの実現には至りませんでした。
    今回も大統領がまともな神経をしている限りは藪をつついて蛇を出すような真似をすることはないと思いますが、残念ながらトランプがまともである保証はありません。

    ・・・

    知っての通りトランプは実業家です。
    実業家は投資家としての側面があるので損失が出たらそれが拡大する前に損切りして損失を限定します。
    損切りは損を限定して利益を最大化するために必須の作業で、それをしない投資家はどこかで退場する羽目になるか実用的な利回りを達成することができません。

    もしトランプが凄腕の実業家だとすればそれは損切り上手ということであり、相手が人間であろうが容赦なく損切りする可能性があります。
    アメリカ本土に住む何億ものアメリカ国民を守るためなら日本や韓国で何万人か犠牲になってもそれは必要経費だという論理です。
    これは「トロッコ問題」の一種と言えるでしょう。

    まともな人間であれば最終的に核ミサイルがアメリカ本土に飛んでくる結末が予見できたとしても積極的に犠牲を払ってまでしてそれを未然に阻止しようという動きは簡単にはできません。それをやると世論から大バッシングを受けて大統領生命は終わりかもしれません。
    今回も口だけかもしれませんが、口だけとはいえ藪をつついて蛇を出しかねないことが平気でできるのはトランプならではと言えます。

    ・・・

    悪いことに黒電話こと金正恩もまともではありません。こっちは間違いなくまともじゃないことがはっきりしてます。
    頭に受話器を乗っけておきながらその受話器で対話しようという気がまるでありません。
    無理に強がらずそろそろ負けを認めろと思うのですが、2011年度に徳島大学工学部から京大にロンダしてきたDQNのように既にラリっていて喧嘩したくてたまらないのかもしれません。

    ・・・

    トランプにしても黒電話にしても武器や権力を持ってるからこそここまで世間を騒がせられるわけですが、黒電話のような性格の人物はわりとどこにでもいますし、エリートの皮を被ってることも珍しくありません。ブラック企業の経営者とかアカハラ教員がその一例で、戦争や紛争の火種は意外と身近にあるのです。

    ベーシックインカムの唯一にして最大の問題点

    2016.08.31 Wednesday

    近年ベーシックインカムにまつわる議論が活発化しているようで、これは大変喜ばしいことです。
    というのは、ベーシックインカムが社会保障制度としてはこれ以上ないぐらいに理想的だからです。
    しかし実現するには乗り越えなければならないハードルがあります。

    誰も働かなくなるからすぐ破綻するとか、財源が足りないとか、3K労働が崩壊するという批判は反論され尽くしているので議論の余地はありません。

    では何が問題かというとそれは外国人の扱いです。
    外国人にも納税義務があるのにベーシックインカムは支給されない、これは不公平でしょう。
    ベーシックインカムの導入は多少なりとも物価を押し上げてしまうので、外国人からすると手取りを大きく減らすことになってしまいます。
    それが旅行者だと大した問題になりませんが、出稼ぎ労働者や留学生、帰化してない在日外国人にとっては切実な問題です。

    ところがもし日本国籍のない外国人にも支給するとなると制度が崩壊してしまいます。
    なぜなら外国人が配られたお金を国内で使わずに本国の家族に送金するという事例が多発して、資本流出が起きてしまうのです。
    かといって支給しなければ差別ニダと騒ぐでしょう。
    もし日本でベーシックインカムを実施するのであれば同時に中国や韓国でもやってもらわなければそれらの国から人が流れ込んできて大変なことになります。

    結論としてはベーシックインカムを実現するには世界共通通貨を作るしかないのです。
    今までは現実的にそれをする方法はありませんでした。

    しかし、ビットコインをはじめとした仮想通貨の登場で事情は変わってきたのです。仮想通貨に再分配機能を付ける、すなわち決済時に多めの手数料をとって(税金みたいなもの)それを自動的に全ての利用者の口座に平等に再分配していくということをすれば同じ仕組が実現可能です。
    そのような機能を持った仮想通貨を国家が合法的なものと認めて、使いやすくなるように法整備を進めていけば仮想通貨が普及し、それは同時にベーシックインカムが普及することを意味します。
    中には徹底的に仮想通貨を規制する国家が出てくるかもしれませんが、経済統制を企てた国は経済的に困窮していずれ政権が倒れることは歴史が証明しています。一度世界的にベーシックインカムの普及が始まったらそれは止まりません。

    ベーシックインカムはあまりにも完璧すぎるため時代がまだ追いついていないという感じですが、市場メカニズムにより早かれ遅かれそれが世界標準になるのは間違いないでしょう。
    ただそれは強大な権力を持った国家や世界政府ではなく、暗号により価値が担保された分散型の仮想通貨が実現することになると考えられます。

    通貨の発行や社会保障に特別な権力が必要なくなるというのは大変なことです。
    国家を大幅に縮小することが可能になれば税負担は軽くなり、権力の偏在に起因する様々な不平等は解消されます。
    このような歴史的イノベーションのまっただ中に生きているということはかなり幸運と言えるのかもしれません。

    ページ先頭へ