ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

大量の本との格闘

2014.03.03 Monday

ようやく研究から解放されたわけですが、今度は人ではなく物が束縛を始めました。
研究室に置いてた大量の物(主に本)を撤収し、作業場が散らかっています。
順次オクやブッコフに流して処分したいところですが、あまりにも多くて追いつきません。
流すにしてもそのままじゃ汚いのできれいにしなければなりません。
また、中に落書きしてないかチェックする必要もあります。(なぜか化学の本にアンパンマンが書いてあったりする)

そういうことをしてるうちに読みふけってしまうと目も当てられません。
ずっと眠らせてた英語版のエッセンシャル細胞生物学を発見した日には昔の記憶が蘇りましたよ。
あの本は誰かさんから譲り受けたもので、曰く「日本語のエッセンシャルは読みにくいし不正確だ、原文を読め」と言って渡されました。
しかし私は英語が苦手なのであっても読めません。だから流しちゃいます。
本人は途中で学校やめちゃっていないしね。

物理と数学の本は自分の勉強のために買いましたが、研究に追われてろくに読まず2年間を終えてしまいました。
というか読む必要がなかったといったところです。配属された当初は今の研究室を脱出して他の研究室に移ろうと思ってたので物理を勉強してました。
しかし物理と数学は今後使う可能性が高いので自炊してから流すことにします。

・・・

何やら、3月も本業以外のことで忙しくなりそうです。
今月は耐荷重性風船と古本処分の2本立てでガッツリ稼いだ上で大都市に旅立ちたいと思います。

ページ先頭へ