ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

院試に落ちた後リベンジして幸せになれるか

2014.09.08 Monday

2011年以前に保存したデータが必要になり、持っているパソコンとHDDを隈なく検索しましたが、どこを探しても見つかりませんでした。
おそらく京大にいた頃に犠牲になったようです。

・・・

私は一度京大に落ちて、一年浪人してから入学しています。
合格してから大学院入学までは半年ほどあるので、2011年の11月に研究生として入りました。

それからいろいろありました。
もし浪人してなければ連中と摩擦した時点でとっとと入学辞退したでしょう。
浪人してでも入ったからこそ、あきらめられずに頑張ったのです。それが正しかったかどうかはともかくとして。

・・・

では、京大大学院でどんなことがあったか列挙していきます。

(1) 合格して早々入学を歓迎しない発言(おそらく出身大学差別)
(2) 先輩がよその部屋に移ったのを私のせいにして不条理な説教
(3) (2)を上層部に抗議したらグルになってた(懐柔はできた)
(4) 酒の席で先輩による暴力。ハードディスクの損傷によりデータを失う
(5) (4)について、教授は私が悪いようにほざいていた
(6) 同級生が京大とは思えないようなDQN
(7) 商売を始めたら水を指すようなケチをつけてくる (←同業者による工作活動の疑いあり)
(8) 同じ出身大学から京大に進学した6人のうち5人が中退。生き残りは私だけ。

・・・

受験生の夢を壊すようで申し訳ありませんが、大学院というのはそんなに美しい場所ではありません。
理屈の上では簡単に一流大学の学生になれて、一流大学の学位をもらえて、就活を有利に進めることができるはずです。
ところが、それに引き換え失うものも多すぎるように思えるのです。実際私はパソコン壊された後遺症で未だに困ってます。
あの事件は機会を見計らって○○○コ○にでも暴露するつもりです。そうでもしないと気が収まらない。

私の場合はまだ卒業できただけマシです。
卒業できずに嫌な思いをして奨学金という借金を増やして貴重な青春の時間を無駄にして経歴に「中退」の二文字を残したときの損失は計り知れません。
実際、京大に進学した何人もの優秀な仲間は引きこもりになったりして才能を潰されてます。

・・・

院試に落ちた皆さんはもしかすると運が良かったのかもしれません。
一流大学に行けそうな実力があるのに入らなかったらさぞかし学歴コンプレックスが残ることでしょう。
ましてや学力の変わらない同級生が先に合格してたりしたら! さらにその同級生と仲が悪くてライバル心を燃やしでもしていたら!!!

でも少し待ってください。あなたがほしいのは学歴ですか? 学歴さえ得たら幸せになれるのですか?
学歴が万能だという考えがあったら早々に捨てたほうがいいでしょう。

学歴だけあってもしょうがないというのもありますが、そもそも学歴さえ得られないリスクがかなりあります。
今は憧れの志望校と、将来真っ向から争わなければならないかもしれません。
もし卒業できなかった場合でも納得できる動機があればリベンジして進学すればいいでしょう。

・・・

大学院生はチヤホヤされるだけで、はっきり言ってあまり世の中の役に立ちません。
女の子にモテるかもしれませんが、多忙でなかなか会えないので恋愛は続かないでしょう。
それに、一流大学の学生であることが却って相手に期待はずれの印象を与えてしまったりもします。

役に立つかどうかわからない学歴と就活の下駄目当てに大学院に進学する前に、他にもっと自分の価値を高められる方法がないか考えてみることをおすすめします。

少なくとも、私の場合は誰も読まないような論文を書くよりも風船を売ってるほうが人間らしい生き方ができていると感じています。
ああ、もっと早く風船売りになればよかったなと。

ページ先頭へ