ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

STAND BY ME ドラえもん

2015.04.25 Saturday

今日はSTAND BY ME ドラえもんのDVDを借りて一人で観ました。
余談ですが東京に来てからの一番の楽しみが食べることで、その次がDVDやネット動画を観ることです。
動画は高スペックなメインPCではなく古いノートPCで観ることが多く、もともとのスペックはあまり高くなかったので動画を観れるように改造を施してあります。

古いノートPCでもmini PCI Expressの空きスロットがあればBCM70015というパーツを増設することでHD動画をストレス無く観れるようになります。
空きスロットがなければ内蔵無線LANを外して装着するのも一つの方法です。最近のUSB無線LANは小さくて邪魔にならないですし。


・・・

さて、本題の映画のほうですが、ネタバレにならない程度に要約すると未来からドラえもんが来て、それから短編をいくつか寄せ集めて、雪山のプレゼントそして結婚前夜、最後に帰ってきたドラえもんの話で締めくくられてます。
微妙に設定が変わってるところもあるのですが基本的にはこれまでのドラえもんの寄せ集めです。

他の長編との最大の違いは3DのCGで構成されている点です。CGが3Dなだけなので3D眼鏡はいりません。
これは最初かなり違和感があったのですが、のび太がタケコプターを初めて装着した時や未来の街を疾走するシーンでは見応えがありました。

未来の街といえばやたらとパナソニックとトヨタの看板が目についたのが引っかかりました。スポンサーなので仕方ないのだとは思いますが。
未来ののび太が乗ってる車もトヨタでしたし、しかもそれは宙に浮きます。トヨタは将来そういう車を開発する予定なんでしょうか。

・・・

「ドラ泣き」できるかどうかは人によりけりだと思います。自他ともに認める中堅のドラオタである私にとってはどれもお馴染みのシーンなのでドラ泣きできませんでした。しかし3Dは楽しめたのでそこはよかったです。
設定を微妙に変えてあるのは良し悪しで好き嫌いもあるでしょう。昔からドラえもんを見てる人には馴染めないところもあるかもしれません。
まあその手の設定改変はドラえもんではよくあることなので、ドラえもん好きであれば十分に楽しめる映画ではあると思います。

ページ先頭へ