ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

覚悟を持った1年に

2021.01.07 Thursday

新年あけましておめでとうございます。
今年も豊充風船商店をよろしくお願いいたします。

年が明けてからやることがいっぱいあり、かれこれ1週間ぐらいブログが更新できませんでした。
既にここのところだいぶ更新頻度が落ちてますけど。

去年はコロナに翻弄された1年となりました。
オリンピックが延期になったり安倍政権が終わったりトランプが負けたりいろんなことがありましたが、今年はコロナも終息して平穏な1年になるでしょうか。
残念ながらそうはなりそうな気がしません。

・・・

1991年、2001年、2011年など、末端に1がつく年はろくなことが起きてません。
1991年はバブルが崩壊し、2001年は同時多発テロ、2011年は東日本大震災からの福島原発事故がありました。
これらの事件は数年にも渡って影響を及ぼして不況や戦争、世界的な政情不安などの多数の二次災害を連鎖的に引き起こしました。

個人的にもこれらの年はろくなことがなかったです。
1991年に引越したのですが引越し先の近所にキ○ガイがいて再度引っ越す1997年までそれに悩まされることとなりました。
2001年は小学校から中学校に上がりましたが、小学校の卒業式に出られないというところから始まって中学生活の出足も最悪でした。
2011年は仮面浪人の末に京大の大学院に入りましたが、入っていきなりアカハラという10年前を彷彿とさせる最悪の出足です。
これらの事件はいずれも後の人生を変えるほどの出来事となっており、前の事件が次の事件の呼び水となってるとも言えそうです。

また、バブル崩壊が引っ越しのきっかけとなったり東日本大震災がクソ研究室に入るきっかけとなったりしてるので、1991年と2011年は社会的な厄災と個人的な厄災がよくリンクしてます。
2001年はテロのほうが後でしたが、テロの前から小泉やブッシュによる社会情勢の悪化が見られたのでその影響は無視できないと思います。

・・・

というわけで今年世界で起きる厄災と、自分に降りかかる厄災を予想してみます。
予想できれば避けることはできなくても被害を小さくしたり身を守ることはできそうです。

過去3回の魔の年に起こった事件はどれも突発的に発生してるように見えますが、バブル崩壊は前年の1990年に日経平均株価の暴落という前兆がありました。
世界同時多発テロも元々あった火種が爆発したものであり、テロの発生を予想してた人もいました。
東日本大震災を予想していた人はほとんどいませんでしたが、当時政権を握っていた民主党によるお粗末な対応が被害を広げたという意味ではそれが前兆だったと言えるかもしれません。

ここから類推して今年発生する厄災を予想すると、それは新型コロナの拡大やアルメニアとアゼルバイジャンの紛争、トランプの敗北あたりが呼び水となって大爆発を起こすということが考えられます。
コロナがこのまま拡大して世界人口の何割というレベルで感染するというシナリオがまず考えられますし、コロナが小康状態になったとしても何らかの二次災害を引き起こしたり全く別で発生した災害の被害を拡大することは確実です。

例えばコロナが蔓延してる状況で東京で直下型地震が発生したら、富士山が爆発したら、と考えると恐ろしいシナリオしか思い浮かびません。
そして自分に降りかかる厄災とは言わずもがなそれに巻き込まれるということになるのでしょうか。

コロナは社会や個人の脆弱性をどんどんあぶり出してます。
なあなあの関係で騙し騙し続けてきた夫婦がコロナで関係が悪化して離婚したという話は聞き飽きました。

東日本大震災の頃も聞いたぞ。災害で離婚するような脆弱な家庭を作るとは懲りないなあ。馬鹿だなあ。としか思えません。

しかし日本は曖昧の文化ですのでなあなあで成り立っているものがたくさんあり、例えばちょっとメンテナンスを怠ると崩れるような橋みたいなものはそこかしこにあります。
医療崩壊も本質はパンデミックのリスクをないことにして医療を政策的に保護し、医師の数さえもコントロールしていたことが裏目に出てしまった結果と言えます。

なあなあで保たれてきたものの崩壊はどこで起こるかわかりません。
道路が陥没するとか、道がなんとなく荒れてくるということは間違いなく増えるでしょう。
局地的な災害がきっかけとなって日本中のネットが突然停止するということも考えられます。

いつどこで何が機能不全を起こすかわからず、ちょっとした災害でも大きな二次被害が誘発される。
これが今年起こる厄災のパターンではないかと思います。

・・・

災害から身を守るには周囲の人間関係を見直すことが有効です。
二次災害を起こすのは人間です。災害時にわざわざ被害を拡大させるような人間は自分から遠ざけて、肝心な時でもちゃんと助けてくれる人を周りに置くべきです。
災害が起こってから離婚するぐらいなら災害が起こる前に別れましょう。非常時対応が上手かどうかは去年の時点でもう答えが出てるはずです。

こういうご時世に飲み会に誘ってくるような友達とも縁を切るべきです。
家でサシ飲みしようと言うならまだいいですが飲み屋に誘うのは完全にアウトです。

虐待しておいてコロナを言い訳にするような馬鹿とそれを擁護する大馬鹿が大量に涌きましたが、コロナを言い訳に虐待するのであれば子育てに向いてないということなのでもっと向いてる人に任せましょう。
またそういう馬鹿者が身近にいるのであれば早いこと縁を切るべきです。

そうやってどんどん縁切りをすると孤立するかもしれませんが二次災害に巻き込まれるぐらいなら孤立したほうがマシです。
私は去年携帯の機種や電話番号を変えたのをきっかけに人間関係を整理しました。
1991年、2001年、2011年に経験した個人的な厄災は全て対人関係の問題でしたので、付き合う人間を選ぶことで災いは避けられると考えました。

年末年始に断捨離をされた方は多いと思いますが、人間関係のほうも今のうちに断捨離しておくことをおすすめします。

ページ先頭へ