ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

周期表、どこまで覚えてる?

2014.05.30 Friday

皆さんは中学や高校の頃に周期表を覚えさせられた経験があるかと思います。

ふと、化学から離れた今どれだけ記憶に残っているのか気になって周期表を何も見ず書いてみました。



白金族が間違ってたりランタノイドとアクチノイドが一部しか書けてないですが、あとはまずまずですね。
我ながらここまで覚えてたことにびっくりです。

周期表を覚えるコツは語呂合わせと、個々の元素のキャラクターを理解して親しみを持つことです。
例えば、Cr Mn Fe Coのところは黒柳徹子と語呂合わせすれば順番を正確に覚えられます。
また、安っぽい卑金属であるFe、Co、Niは性質がよく似ていて鉄族元素として分類されてますが、その下は貴金属が6元素も並んでいて白金族とされています。

白金族の順番が正確に覚えられなかったのはキャラクターが似ていて区別しづらいからです。
ランタノイドやアクチノイドも同じ理由です。
ただ、ネオジムの位置はウラン(これでも強力磁石ができる)から類推したのでその周囲だけは書けました。

Cu、Ag、Auは順番だけ覚えてる人は多いかと思います。オリンピックのメダルに使われていて、下に行くほど高価値ですから。
金の下にはレントゲニウムという1g何兆円もするような超貴金属がありますが、強力な放射能を持つので残念ながらメダルには使えません。

・・・

私の教え子は小学生にして周期表を完璧に記憶してました。
きっかけは周期表の下敷きをプレゼントしたことで、それ以来周期表の虜になってしまったようです。
将来が楽しみですが、権威を振りかざすだけのアホにせっかくの才能を潰されないことを祈るばかりです。

コメント

投稿前にコメント投稿規定をご確認ください。
 

ページ先頭へ