ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

一点集中型と認知症リスクは無関係

2016.10.16 Sunday

一点集中型は認知症にかかりやすいという話を耳にしたことがあります。
本当なら私が認知症にかかりやすいと言われてるようなものなのでなんとなく絶対ウソだろと思ってましたが、本当にウソである証拠を複数見つけましたので報告します。

・・・

近頃関東地方でもクマの目撃情報が多く、都内でも奥多摩とかは普通にクマが出るようです。山登りをしたい季節でもあるのでクマ対策をすべくクマの生態を調べてました。
すると驚くべき事実を発見!

なんとツキノワグマは「一点集中型」らしい!

ということは、ツキノワグマは認知症になりやすいのか? もしや人を襲ってるのは認知症が原因か?
と思って調べてみたがそんな情報は全く出てきませんでした。つまりツキノワグマが認知症になりやすいというエビデンスはありません。
というか、仮にそうだったとするとツキノワグマが認知症で絶滅するか一点集中型じゃなくなるかのどっちかが進化の過程で選ばれるでしょう。ツキノワグマが今日まで生き残ってきたということは一点集中型は進化的に安定的であるという何よりの証拠です。

なお、他のクマ科については情報が少ないのでわかりませんが、ジャイアントパンダは一点集中型のような気がします。

そしてもうひとつ証拠を発見しました。動物の中ではそこそこ一点集中傾向のあるイヌは認知症になることが知られてますが、なんとイヌよりも一点集中傾向の強いネコはほとんど認知症にならないのです!

・・・

というわけで一点集中型の皆さん、認知症リスクが高いという話はウソだと証明されたので安心してください。
しかし認知症の結果として一点集中型になることはあるそうです。つまり原因と結果が逆だったということですね。

タネがわかればなんてことありませんね!(笑)

コメント

投稿前にコメント投稿規定をご確認ください。
 

ページ先頭へ