ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    夜中に食べたら太る説の謎が解けた

    2017.07.23 Sunday

    未だに夜中に食べたら太るという説が世間で根強く信じられています。

    質量やエネルギーの収支が合わなくなるのは物理法則を考えれば明らかにおかしいのですが、どうやらネズミ実験では実際に食べる量が同じでも時間帯で太りやすさが変わるということが観測されているようです。

    「ネズミ実験では」がポイントです!

    ・・・

    ネズミは医学研究では最もよく使われる実験動物で、同じ哺乳類ということもあって化学物質に対する感受性は人間とよく似ているのでネズミに対する安全量を単純に体重で計算しなおせば人間に対する安全量になったりします。(これに従わない場合もあるので食品衛生法では100倍の安全係数を設けてある)

    ところが人間とネズミには決定的な違いがあります。それはサイズです。当たり前ですね。
    サイズが小さいということは体積に対する表面積の割合が大きいということであり、それは体温が逃げやすいため代謝量が安定しないことを意味します。おそらく毛の長さでさえ熱伝導率が変化して太りやすさに影響を与えるでしょう。
    つまりネズミは変温動物に近い不完全な恒温動物ということです。

    それに対して人間は比表面積が十分に小さいため体温が安定していて完全な恒温動物に近いと言えます。
    したがってネズミと同じことは人間には当てはまりません。
    周辺温度以外の要因では代謝量はほとんど変化しないので夜中に食べたからといって太りやすくなったりしません。
    質量収支だけを考えればいいのです。

    夜中に食べたら太る説はネズミ実験の結果をそのまま人間に当てはめた愚かな例です。

    ・・・

    タネがわかればなんてことないですね。
    安心して夜中に食べましょう。
    当たり前ですが質量収支を黒字にしてしまうと太るので、夜中に食べたら他で減らして帳尻を合わせる必要があります。

    コメント

    Posted by: クソーリン EMAIL URL2017/08/04 02:26 PM
    延々と何年もクソーリンのこと話しているけど実は好きなん?
    Posted by: ふーちゃん EMAIL URL2017/08/07 05:42 AM
    興味の対象ではあります。
    普通に生きてたら出会えないタイプの人間ですから。
    どうやったらあのような人格が形成されるのか、興味は尽きません。
    本人が秩父や渋谷に顔を出すまでネタにし続けるかもしれませんね。
     

    ページ先頭へ