ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    東京で過ごす3回目の誕生日

    2017.11.25 Saturday

    今日で29歳になりました。
    厳密に言えば生まれたのはもう少し遅い時間なので、まだ28歳です。
    出た時間にあまり大きな意味はない気がしますが。

    ・・・

    子どもの頃は誕生日が楽しみだったものです。
    あれだけ楽しみだった誕生日がやがて特別楽しい日でもなくなり、今となってはむしろ近づくにつれて気が重くなる日になりつつあります。
    明日からの1年間はもう20代ラストか…と思うとなんだか寂しいものがあります。

    ・・・



    11月生まれ、はーい!
    今日はー ふーちゃんのー お誕生日ー


    ・・・

    さて、これで3回の誕生日を東京で過ごしたことになるわけですが、以前を振り返ってみると2回とも結婚について書いてます。

    東京で過ごす誕生日
    東京で過ごす2回目の誕生日

    大雑把に言うと1回目は結婚したい、2回目は結婚したくない、と思ってたことが見て取れます。
    じゃあ3回目はどうなのよ?ということで、結婚に対する考えを書いておこうと思います。

    結論を先に言うと相変わらず結婚願望無しです。
    しかしこれには例外があり、別居婚はありだと思ってます。

    夫婦仲が悪化しても別れるに別れられず別居してるというのはよく聞く話ですが、そうではなく最初から別居状態にしておくのです。
    よく「同棲したら婚期が遠のく」と言いますが、それはお互いの良くないところが見えてくるためです。それは結婚しても同居すれば同じ問題に突き当たるでしょう。違いは簡単に別れられなくなるという点です。

    ということは結婚しても事実婚でも別居状態のままにしておけば長続きするのではないか?という考え方です。
    浮気が起こりやすくなるという人がいますが、浮気する人は同居してようが関係なしにするでしょう。
    もっと言うと、異性関係を条件付きで認めて子育てに協力してもらえばいいと思います。

    ・・・

    子どもが小さいうちは待機児童問題のない地方(相手方)で、就学年齢に達したら上京させて教育水準の高い東京で子育てするのがいいかなと考えてます。
    世の中にはこの逆パターンや地方同士、首都圏同士のパターンも結構あると思いますが、私がそれをするならばこのパターンになると思います。

    別居婚のメリット、デメリット、実現性についてはまた日を改めてまとめようと思います。
    何しろあのクソーリンでも別居婚を続けられてるわけですから、これは大いなる自信を与えてくれます。

    コメント

     

    ページ先頭へ