ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    キムトラはじきに仲違いする

    2018.06.13 Wednesday

    昨日、歴史的とも言われた米朝首脳会談が行われました。
    まず握手から始まり、特に言い争い等もなくあっさり終わったようです。

    はい、茶番劇乙です~^^

    今回の会談の成果は何かと言うと単なる合意です。
    しかも非核化費用は日韓が出せ? 冗談じゃねーよ。
    キムトラよ、お前らでやれ。日頃から相場を動かしてボロ儲けしてんだからできるだろう。

    非核化費用を韓国が出せるかと言うと無理でしょう。
    もしかするとムンは出すと口走るかもしれませんが、韓国経済にそんな余裕はないので言った途端ムン政権はおしまいです。
    クネのように刑務所行きになります。

    さて問題は安倍のほうです。
    今までトランプにいろいろ貢いだ実績があるので、もしかしたら韓国の分まで出すかもしれませんね。そうなったら最悪です。
    しかしさすがにこの要求は飲めないような気がします。

    誰も非核化費用を出せないとなればやっぱり振り出しに戻るわけです。
    したがってキムトラが程なくして再び仲違いする可能性は高いと言えるでしょう。

    ・・・

    本当に朝鮮戦争が終わることが期待できるのであれば円安、株高がもっと進行しないとおかしいはずです。
    しかし大して動かなかった。これはどういうことかというと市場は冷ややかな目で見てるということです。
    一部の脳天気な個人投資家と、それに乗っかる順張り勢で動いたに過ぎません。

    もしかすると茶番劇の筋書きを予め知ってる連中がいずれ決裂することを前提に空売りして売り圧力をかけてるのかもしれません。
    2月のVIXショックの時もショックが始まる1ヶ月前からその前兆のような動きがありました。ショックが起こることを予め知っていた連中がいたのです。
    むしろ、ショックは意図的に引き起こされるものと言えるでしょう。

    そう考えればレバレッジ規制の真の目的が何だったかというのも見えてくるのではないでしょうか。

    コメント

     

    ページ先頭へ