ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    熱中症や皮膚がんは地球滅亡の前触れ

    2018.07.25 Wednesday

    いかにも釣りのようなタイトルですが、決して釣りではありません。

    連日の猛暑で全国的に熱中症が多発しています。
    暑さがなぜここまで猛威を振るうようになったのか。
    よく温暖化がここで持ち出されますが、本質的な原因は太陽にあります。

    太陽はゆっくり膨張を続けており、地球誕生時と比べて既に30%も明るくなっています。
    これはどういうことかというと今人類が受けてる太陽光線の強さは過去最大であり、人類に限らず全ての生命体はこの強さの太陽光線には十分に適応できていないということです。
    適応してもどんどん太陽が膨張してるせいでいたちごっこになるのです。
    その結果起こってることが熱中症や皮膚がんで、これは地球滅亡の前触れと言えます。

    いや、前触れと言うのは語弊がありますね。既に滅亡は始まっていて、その過程で起こってるのが熱中症や皮膚がんであると言ったほうが正しいです。

    地球滅亡と言うとアルマゲドンをはじめとしたパニック映画のようにいきなり隕石やブラックホールが襲ってきて一瞬にして地球が破壊される様子を想像してしまいますが、実際はそうではありません。
    何億年もかけてじわじわと悪くなって気づいたときには滅んでるのです。
    その主たる過程が太陽の膨張で、これは既に地球生物にとって限界に近づいてます。
    一説によるとあと5%明るくなれば海水が蒸発して失われると言われてます。
    1億年で1%とすると40億年の生物の歴史は残り5億年で終わる可能性すらあるのです。

    繰り返すようですが5億年で滅亡するということは5億年は大丈夫なのかというとそうではありません。
    5億年かけてじわじわと真綿で首を絞められるかのように滅亡の道筋を辿っていくということです。
    滅亡には順序があり、大まかには体の大きい生き物から順に絶滅の危機に瀕することになります。
    比較的よく生き延びるのは微生物で、微生物の中でも耐熱性に優れた古細菌は海がカラカラに干からびて100度を超える高温になってもまだ生きてるでしょう。
    やがて地球がドロドロに溶け始めると古細菌も生きられなくなります。

    人類はどうかというと地球から逃げるか地球の公転軌道に介入できない限り間違いなく最初の方に滅びます。
    これまで生命を育んできた母なる太陽が年老いて凶暴化し、今度は生命を殺しにかかり始めてるのは直視すべき事実であります。

    ・・・

    膨張を続ける太陽に殺されないためには文明で対抗するしかありません。それがエアコンや日傘、日焼け止めです。
    猛暑の中をエアコン無しで過ごすということは無理心中を企んでいるキチガイ(太陽)に自分の命を差し出してるようなものです。
    自分がエアコン無しで過ごすのは勝手ですが、学校にエアコンがいらないと言うのは子どもたちを生贄に差し出すと言ってるのと同じであるという自覚を持ってください。

    コメント

    投稿前にコメント投稿規定をご確認ください。
     

    ページ先頭へ