ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    入試は何のためにあるのか

    2018.08.05 Sunday

    東京医科大学で女性の点数を恣意的に減点していたことが問題になっています。
    これは学生の性比のバランスを崩すことになるので、ただでさえ男性が過剰であろう医学生がより恋愛しづらくなってしまいます。
    それとも「学生は恋愛なんかせずに勉強だけしてろ」とでも言うのでしょうか。

    ・・・

    そもそも入試とは何のためにあるのでしょうか。
    理想は志願者を全員入れることですが、現実にはキャパシティが限られてるので入学者を定員に絞るというのが建前上の理由であろうと思われます。

    ところが実際は偏差値のかさ上げに利用されてますし、出身校で選別するということもごく普通に行われてるでしょう。
    入試の採点過程は外部からは見えないので捏造改ざんし放題ですし、東京医大のように恣意的に性比をいじることもできてしまいます。

    それにしても男性が過剰になるように性比をいじってるのは不思議に思いました。普通は逆ですよね。
    実際、有名大学にある男の城のような研究室に無名大学の勉強がお世辞にもできるとは言えない女子学生が入れたケースがあります。
    これは間違いなく下半身採用でしょう。彼女はそれを察知したのか入ってすぐにやめました。

    ・・・

    入試が恣意的に選別する道具となってるのであればいっそ入試なんてないほうがいいのかもしれません。
    定員オーバーした場合はじゃんけんやルーレットで決めてもいいでしょう。
    というかなるべく定員オーバーしないように定員のほうを予想される志願者数に合わせるべきです。

    このブログで以前から言ってるように学校とは「勉強するところ」であり、「わからないをわかるに、できないをできるにするところ」であります。
    大学の格付けを入学時点の偏差値で行うような風潮がありますが、入学時点の偏差値が低いのはより多くの人にチャンスが与えられてるということです。
    勉強は入ってから頑張ればいいのです。

    教育機関は人を育てるものであり、選別して落ちこぼれを出すものであってはなりません。
    ましてや税金がつぎ込まれてるのであれば全ての国民がその恩恵を享受できる機会が平等に与えられるべきです。
    東京医大は私学ですが補助金として一部税金が投入されています。
    言い換えれば落とされた人も教育を受けられないのに授業料だけ一部負担させられてるということです。

    今後少子化で大学の定員割れがより顕著になると言われてますが、そろそろ入試制度のあり方を税金投入の正当性とセットで見直していくべきではないかと思います。

    コメント

     

    ページ先頭へ