ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    築地市場の豊洲移転で明らかになった不都合な真実

    2018.10.14 Sunday

    83年の歴史を持つ築地市場がついに豊洲に移転しました。
    私はもともと移転には反対で、豊洲がゴミを埋め立てて作ったような土地であまり綺麗なものではないということが主な理由でした。

    ところがいざ移転してみると築地市場の知られざる内情が明らかになってきたではありませんか!

    豊洲移転反対派「築地では生ゴミを下水に流しても、ドブネズミが餌として食べてくれるので、害がない」 - Togetter

    生ごみだけならいざ知らずポリ袋までもを下水に流そうとしている輩がいます。
    まさか…築地の頃は全部垂れ流してたのか? 冗談だろ?

    そして極めつけはこれ。




    人の手の入ってない本当の自然ならミッキーマウスは確かに有用でしょう。
    しかし築地や豊洲のような人工環境においては衛生上のリスクでしかありませんよ。
    そもそもあの狭い範囲に何万匹もミッキーがいるというディズニーランドも真っ青な過密状態は自然界ではありえないのでそれと同列に論じるのはナンセンスです。
    これだけの生息密度はミッキーにとっても想定外のもので、ストレスと病気で本来の寿命よりも早死していることが容易に想像できます。

    よくよく考えてみれば築地のミッキーを今まで散々放置しておいて、解体するとなった時に初めて銀座に拡散したら困るからと駆除するのもおかしな話です。
    これはつまり今までずっとミッキーがうようよいる場所で生鮮食品を扱ってきてたわけですから。

    そういえば築地にまつわる不穏な話を耳にしたことが今までにもありました。
    築地周辺の店は当たり外れがあり、ハズレを引くと食中毒になるという話を経験者より聞かされました。
    これはただ単に鮮度の問題だろうと思っていてまさかミッキーが放し飼いになってるとは夢にも思ってなかったわけです。
    微量のベンゼンや重金属を気にする以前の問題でしたね。

    ・・・

    日本の食品の安全基準は世界最高レベルで、要求される品質が過剰に高すぎるために貿易摩擦の原因にもなっていると聞いたことがあります。
    諸外国に過剰品質を要求しておいて国内がこれじゃあ恥ずかしいですね。

    是非ともこの移転を無駄にせず、衛生状態を改善して誰もが安心して楽しめる市場になることを祈るばかりです。
    まずは数ヶ月様子を見て大丈夫そうなら私も豊洲市場に足を運びたいと思います。

    コメント

     

    ページ先頭へ