ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    あえて言おう、一人で○ねと

    2019.05.31 Friday

    川崎で痛ましい事件があり、幼い命がまた犠牲になりました。
    平成から令和の変わり目は池袋、大津などで痛ましい事件や事故が相次ぎましたが、それが繰り返されることを止めることができませんでした。

    今度の犯人は飯塚幸三と違って下級国民のためすぐに捕まり、多少の勿体ぶりがありましたが名前も出ました。岩崎隆一、岩崎隆一です。
    繰り返します、岩崎隆一です。

    この事件の不幸中の幸いと言えるところは犯人が死んでくれた点です。飯塚幸三はのうのうと生きてますが岩崎隆一は潔く死んでくれました。
    生きてたら改めて死刑にしなければなりませんので税金が無駄になります。見苦しい言い訳も聞きたくありませんので死んでくれてよかったと思います。
    上級国民と下級国民の扱いに賛否はありますが、一応若い頃は(煽り運転やアカハラ、パワハラをやってたと思うが)技術者としてそれなりに社会に貢献していた飯塚幸三と、最初から社会のゴミクズだった岩崎隆一で扱いが違うのは当然と言えましょう。

    ・・・

    さて、飯塚幸三にしても岩崎隆一にしても事件を起こすまで大人しく生きてきたと考えるのは無理があります。
    こういう性格ですから今までに絶対何か悪いことしてるはずだろうと思ったら案の定、岩崎隆一は近隣住民ともトラブルを抱えたトラブルメーカーだったようです。
    この点は飯塚幸三も似たようなものだと思いますが、飯塚幸三は上級国民ですのでこういう情報はなかなか出てきません。
    いずれにせよ、パワハラや煽り運転のような比較的軽微な悪事を犯した時点で経済活動から締め出しておくべきだったと言えるでしょう。

    ・・・

    この期に及んでこんなことほざいてる輩がいます。

    川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい(藤田孝典) - 個人 - Yahoo!ニュース

    これを言ってる藤田孝典は税金で下駄を履いた教育産業の人間であり、これをきっかけに新たな福祉利権を作って国からお金をせびれば一儲けできると目論んでるのかもしれません。
    多分、「パワハラや煽り運転のような比較的軽微な悪事を犯した時点で経済活動から締め出しておくべき」という論調もこういう連中の目に触れると目の敵にされるものと思われます。
    犯人に同情したり、味方をするような態度を取るのは被害者に対する侮辱と取られるだけでなく、悪いことをすれば同情が得られたり世直しに繋がるということを予備軍に教えることになりますので模倣犯を出すことに繋がります。

    というわけであえて言おう、一人で○ねと。
    伏せ字にしているのは放送禁止用語をブログに書くと検索エンジン順位に悪影響が出る恐れがあるためです。

    岩崎隆一が引きこもりで社会に居場所がなかったことを原因とする論調がありますが、労働現場におけるパワハラやバイトテロが問題になってることを見てわかる通り悪人を企業が雇ったところでそのリスクを企業が引き受けることになるだけです。
    むしろ、引きこもりだったからこそ最小限の被害で済んだのかもしれません。宅間守は小学校で働いた経験があるおかげで小学校に侵入して犯行を起こせたと言えます。
    もし岩崎隆一に保育士の経験があって保育園の侵入経路を熟知していたと考えると恐ろしくなります。

    そういえば最近保育士が保育士を殺害して逮捕されましたね。このことから悪人でも保育士になれることがはっきりしました。
    保育士資格を取るための課程は悪人を排除できなければ矯正することもできず、また保育園の面接は悪人を見抜けませんでした。
    安倍のバカタレは幼児教育無償化とか言ってますが、ただより高いものはありません!
    こういう市場原理を無視した無償化で預ける必要のない人まで保育園を利用するようになれば保育士が不足するわけで、そうなったらバイトテロリストやアカハラ魔としてネットに名前が晒されてる連中が排除されずに採用されることもあり得ます。
    保育園を利用する場合はそこに我が子の命を預けても大丈夫かよく考えてから利用してください。

    ・・・

    悪人を早めに社会から排除する論調については賛否があると思いますが、私は前述の通り早めに排除して経済活動から締め出すべきだという立場を取っています。
    そうすれば更生ができなくなって余計に悪いことをするのではという反論もあることでしょう。

    そもそも悪人は更生可能なのか?
    次回はこれについて論じたいと思います。
    たまたま前回の記事ではプリオンというタンパク質のお話をテーマにしましたので、次回はそれ繋がりでタンパク質の作られ方など分子生物学についても解説しようと思います。

    コメント

    投稿前にコメント投稿規定をご確認ください。
     

    ページ先頭へ