ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

許すまじきコンビニ強盗の末路

2019.07.18 Thursday

本日京都アニメーションで放火事件があり、21:55現在で33名の死亡が確認されています。
これは地下鉄サリン事件の犠牲者数も超えていて単独犯の犯行では戦後最悪です。
私の故郷でもある京都でこんな事件が起きたということが信じられず未だに目を疑ってます。

犠牲になられた方のご冥福を心からお祈りいたします。

・・・

この事件の犯人の名前はまだ出てません。
大きな事件を起こせば名前が知られて有名になれることが動機になってることが多いので、どうせなら無名のまま葬ったほうがいいのかもしれません。


しかし名前が出てないのになぜか犯人と思われる人物にはコンビニ強盗の前科があることが報告されています。

京アニ放火、犯人とみられる男12年にコンビニ強盗 - 社会 : 日刊スポーツ

「犯人とみられる男」と書かれているので100%ではないですが、日刊スポーツが発表してるぐらいですからおそらくビンゴではないかと思われます。

以前、悪人の更生は不可能だという記事を投稿しましたが、それが非常に悲惨な形で実証されてしまったと言えます。
コンビニ強盗をやった時点で死刑にしておけば今日の悲劇はありませんでした。

しかし量刑の観点からコンビニ強盗を死刑にするのは現実的ではないため収監期間をできる限り長くしたり、出所後に経済活動から徹底的に締め出してガソリンを買ったりのこのこ京都に行く旅費すら出せない状況に追い込むのが現実的な対応となります。
それにしても2012年のコンビニ強盗なのに未だにネットユーザーに名前が特定されてないということは報道すらされなかったのでしょうかね。

何やら報道したら社会復帰できず再犯率が上がるというわけのわからないことを言う馬鹿がいますが、それは反証されました。
むしろ報道されなかったからこそ凶行を許してしまったと言えます。
報道されていたら娑婆に出た時点で首を括ってたかもしれませんからね。

死刑になるか自殺してCO2や分子状窒素から人生をやり直せばどんな極悪人でも更生できます。言い換えればCO2や分子状窒素からやり直すことが更生する唯一の方法です。

・・・

余談ですが犯行現場のひと駅先にはテロリスト予備軍を多数擁する京都大学宇治キャンパスがあるため最初は京大関係者を疑いました。
しかしそれは違ったようです。
とはいえ明日は京大関係者がやらかすかもしれませんので、今後も公益性の観点から元内部の人間の立場で京大の運営や教授、OBの糾弾を続けていきます。
京大ではアカハラが頻発し、内部やOBには凶悪事件を起こしそうな人物が多数いることを確認しています。
私が標的になる可能性もあるため身辺に気をつけながら荒らしや脅しに屈することなく続けていこうと思います。

かつてNHKに在籍し、現在ではNHKと戦ってる立花孝志のように。
立花さんは不倫路上やってたアナウンサーの実名を政見放送で連呼してたら100点だったのですが。

・・・

後日人権派弁護士どもがワイドショーでわけのわからない屁理屈を吹聴することが予想されます。
そのタイミングに合わせられるかどうかわかりませんが近日中に弁護士にまつわる記事を投下する予定です。


2019/07/19 17:28追記
犯人の名前は青葉真司であることが判明しました。
コンビニ強盗も完全にクロです。

2019/07/19 17:50追記
コンビニ強盗の時点で報道されていて、報道昨日の時点で既に青葉真司ではないかと噂はされていたようです。

コメント

投稿前にコメント投稿規定をご確認ください。
 

ページ先頭へ