ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    性規制や自由恋愛規制は共産化の前触れ

    2019.08.19 Monday

    今回は昨年の記事、熱中症や皮膚がんは地球滅亡の前触れと同じ文体のタイトルにしてみました。
    立秋を迎えて少しは涼しくなったような気がしますが、まだまだ暑さは続きそうですので熱中症にお気をつけください。

    ・・・

    今年1月に香川県の若い女性が小学生と性行為に及んだということで逮捕されました。
    別に金銭が絡んでたとか不純な交際をしてたわけではなく普通に純愛だったようです。
    当然ながら双方の同意も成立しています。

    現在、女性は年下好きを治すために治療する方向で、男の子の方は女性に会いたがってるそうです。
    これは逮捕したことで全員を不幸にしたと言えます。権力を振りかざした側もいつ特定されて炎上するかわからない火種を抱えてしまいました。
    実に恐ろしい話です。

    この件に対する最も良い対応は、男の子が大人になるまで待つことです。
    それまで性行為抜きで交際すればいいでしょう。周囲の大人がちゃんと見張った上で付き合えばいいのです。
    無理に引き離す必要がどこにあるのでしょうか。

    また、6月にはFC2ビデオで無修正露出を行ったみきぷるんという女性が逮捕されました。
    ユーチューブでやってたならともかく、年齢認証のあるFC2ですのでゾーニング的には問題ないはずです。

    ・・・

    これらの事例は日本社会が共産主義に向かっていることを強く示唆しています。
    共産化は既にだいぶ進んでしまってますので共産化の前触れと言うのは語弊があり、いわゆる共産主義国家らしいメチャクチャなことになる前触れと言ったほうが正しいです。

    中国、北朝鮮、ミャンマー、東ドイツ、ポルポト時代のカンボジアなど共産圏の国はどこも自由恋愛と性表現を厳しく規制しています。
    いわゆる表現規制も共産化の現れのひとつと言えるでしょう。

    この流れはまた幼児教育無償化など保育や教育への国家の介入と表裏一体の関係にあります。
    つまり国が敷いたレールの上を走る者は優遇し、そこから外れた者にはペナルティを与えるという状況になりつつあります。
    みんな無償化にばかり目が行って全然気づいてないですが、これは大変まずい状況です。

    ・・・

    ネトウヨはよく中国が攻めてくるとか北朝鮮が攻めてくるとか言います。
    チベットウイグルはこうして中国共産党に侵略されましたし、香港は今まさにこうして侵略されようとしています。
    ところが日本は中国や北朝鮮に侵略されるまでもなく、自分から赤化に向かっています。
    あろうことか国民がそれを選んでるのです。

    これは他国による水面下での政治的侵略が行われてるとも考えられます。
    まず日本は言わずとしれたアメリカの植民地で、政治と経済はアメリカにコントロールされています。
    そして、大陸や半島勢が政治にかなり入り込んでると思われます。
    これらの思惑が日本社会を共産化に向かわせているのではないか、そう考えずにはいられません。

    現に韓国の文政権は完全に北朝鮮の傀儡と化していて、北朝鮮のような言論弾圧を始めています。
    言論弾圧は政府によって行われることもあれば国民同士の相互監視もあります。
    親日を主張すると魔女狩りの標的になる、それが今の韓国です。
    こうなってしまったらもう後戻りはできません。

    ・・・

    日本はまだぎりぎり間に合うかもしれませんし、もうだめかもしれません。
    政党と言えば自民党かられいわまでどれも共産主義性向の強いものばかりです。
    これだけ国民に共産主義が支持されてるということでしょう。
    共産党だけが共産主義だと勘違いされて共産党が叩かれてますが、他の政党の共産主義政策をパクり続けてきた自民党も大して変わりません。

    共産主義の大きな政府は聞こえのいいことばかり言って政権を取り、いずれ国民に牙を剥くことは歴史が証明しています。
    自民党もれいわも決して自分らのやってることが共産主義だと言いませんが、政府が子育てや福祉に不必要に介入したり自由恋愛を規制してる時点でれっきとした共産主義です。
    まあ、れいわのほうが自由恋愛規制をしなさそうなのでまだマシだと思いますが。

    一度国民は痛い目にあわなければわからないのかな、と思うと非常に残念です。
    日本は最も成功した共産主義国なので、国民が共産主義の怖さを知らないのは致し方ないところではあります。

    経済が上向きのうちは共産主義が非常に良く機能します。
    北朝鮮はもともと韓国より裕福でしたし、近年の中国の成長も計画経済が世界全体の経済成長とマッチしてうまく行ってるということなのでしょう。
    日本の年金制度も経済成長と人口の増大局面がずっと続いてたら問題なかったわけです。

    ところが地球は有限ですので無限の成長は不可能です。そうなると無限成長を前提とした計画は破綻します。
    しかし国は調子が良かった頃に雇った公務員を簡単にはクビにできませんので、なんとかして養わなければなりません。
    こうして天下り団体が作られたり福祉や子育てに過剰に介入したり、理不尽な逮捕が行われるわけです。
    そして挙句の果てに起こることは戦争です。戦争とは無理やり需要と雇用を喚起するための公共事業です。

    ・・・

    ポピュリズムは悪いことなのかで述べたように日本人は未熟です。
    この未熟さは長い間マイルドな共産主義が続いてきて、しかもそれがうまく行ってたがために醸成されたものです。
    これからは共産主義がどんどん悪い面を見せてくる時代になるでしょう。
    共産主義とは決して名乗らない、実質的な共産主義に夢を見てる日本人はいつか目を覚ますことになります。

    「福祉、教育、子育ては市場経済とは相容れないので政府が介入すべきだ」というよくわからない理屈を無批判に受け入れてる人が多いですが、これがオカシイことに気づかない事自体が共産主義のプロパガンダに毒されてると言えます。

    このまま消費税が上がり、自由恋愛は規制されて、表現の自由がなくなり、言論の自由がなくなる。
    やはり行くところまで行かなければ気づかないのでしょうか。

    幸いなのは国民がオリンピックを冷ややかな目で見てることです。
    皮肉なことにオリンピックのかわりに日韓戦争でもやったほうが盛り上がるかもしれませんね。
    冗談抜きにオリンピックと戦争の同時開催になる可能性はかなりあると見てます。

    コメント

    投稿前にコメント投稿規定をご確認ください。
     

    ページ先頭へ