ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

なぜ中国は凶悪ウイルスの発生源となるのか

2020.01.30 Thursday

年明け早々、中国の武漢(ウーハン)が発生源と思われる新型肺炎ウイルスが猛威を振るってます。
ついに日本にも入ってきたようで、恐れていたことが現実となりつつあります。

中国発の凶悪ウイルスとSARSが記憶に新しいところですが、今回のウイルスはSARSの10倍の規模に拡大するとも言われてます。

皆さんも感染しないように気をつけてお過ごしください。
私は職業柄人混みを避けるとか、都心に行くのを避けるとか、その気になれば数日引きこもるぐらいのことは簡単にできます。
こういう時になって改めて自営でよかったとつくづく思います。

ある人は自宅を丸ごと陽圧のクリーンルーム化しており、日本が壊滅しても生き残れそうな感じです。



これは今回のウイルスに備えて急いで準備したのではなく日頃からあらゆる非常事態を想定して陽圧で生活されてます。
準備って大事ですね。

・・・

さて、SARSや鳥インフルエンザ、毎年のように流行する新型インフルエンザなど中国が発祥または中国で凶悪化したウイルスを挙げれば枚挙にいとまがありません。
なぜ中国ばかり凶悪ウイルスの発生源となるのでしょうか。

これは単純に人口が多いということもありますが、過去に中国政府が行った負の歴史が関係しています。

皆さんは御存知だと思いますが、中国は自国民を大量に殺すような国です。
天安門事件、文化大革命、チベットやウイグルの民族浄化などなど枚挙にいとまがありません。

こんなことをやってるとどうなるか?
遺伝的多様性が失われてしまいます。
特に中華人民共和国の建国後の歴史では人為的な殺戮と急激な人口増加が同時進行で起こってますので、かなり均質な集団になってしまってると考えられます。
南京大虐殺については私は何も知りませんが、もし本当にあったとすればそれも遺伝的多様性を喪失させる原因の一つとなったでしょう。

遺伝的に均質は集団は免疫抗体のパターンや免疫系の弱点が揃ってしまってるため、ウイルスはそれを突破できるようにさえ進化すれば爆発的に増殖が可能となります。
爆発的に増殖すればそれだけ進化の機会が増えるため、毒性や感染力を強めたり人間の行動パターンをうまく読んだりという適応を進めて加速度的に進化していきます。

中国には狭い範囲に遺伝的多様性の乏しい集団が密集してる場所がたくさんありますので、そこで無害なウイルスが有害化したり人間以外の動物に感染するウイルスが人間に感染するように進化するようなことが起こるのです。

後先考えずに自国民を虐殺するような国ですので当然ながら家畜にも同じようなことをやってるでしょう。
つまり家畜も異常なほど遺伝的に均質で、かつ過密状態で飼育されているため家畜を育ててるのか病気を育ててるのかわからないような状態になってると思われます。
ただ家畜の場合は程度の違いはあれど全世界で見られる問題ですので日本も他人事ではありません。

・・・

中国が凶悪ウイルスの発生源となりがちなのは中国社会の歴史的問題が関係しているため、これはすぐには解決しません。
一度失われた遺伝的多様性が回復するには地質学的スケールでの時間の経過を待たなければならないのです。
中国という国がなくなって全世界で民族の流動性が増せば数百年で解決するかもしれませんが、中国が中国人の国であり続ける限りはこの先何千年もウイルスの発生源となり続けるでしょう。

これに対抗する方法は日本人まで中国人のような遺伝的多様性の乏しい集団になってしまわないことです。
残念ながら日本も中国同様に均質性の高い状態に向かってるような気がしてなりません。

多様性がなぜ大事かというとこういうところにあるわけですね。
この期に及んで馬鹿政府は多様性を失うような政策ばかりしやがりますが。

・・・

ところでウイルスが生物であると誤解してる人が多いですがウイルスは生物ではありません。
ウイルスと生物の違いはこちらの記事で詳しく解説してますのでご参照ください。

ウイルスはなぜ宿主を攻撃するのか

コメント

投稿前にコメント投稿規定をご確認ください。
 

ページ先頭へ