ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

ホワイトバレンタイン

2014.02.14 Friday

今日は雪で見事なホワイトバレンタインでした。
奈良線が止まってて学校に遅刻し、例の口うるさい同期には輪読サボるなよみたいに言われました。
サボってたわけじゃねーっての。

さて、チョコを何個もらったかというのはあえて秘密にしておきます。
まさかの0個かもしれませんし、意外とたくさんもらってるかもしれません。
ただ一つ確かなことは本命が0個ということです。
というか本命に関しては生まれてこの方もらったことありません。

彼女いる時期がクリスマスやバレンタインに重なったことがないんですよ。
研究室ではリア充爆発しろムードがすごかったですけどね。あいつらにはリア充トークが鼻につくものなんだなあというのがよくわかります。
私はそもそもリア充じゃないのですが、大学院生は非リア充を脱する努力をする間があれば文献の一つでも読めって話みたいです。

もう論文なんて読みたくねーよ

はい、この一言に尽きます。

今日修論発表だった人はお疲れ様です。
2chのダメ院生スレを見てると修論発表をブッチしたという書き込みがあり、ネタじゃなかったとしたらご愁傷様としか言いようがありません。

そういうことをしたら気まずい数十分の空白ができて主査副査みんなまとめて激おこプンプン丸になることは間違いなく、親に合わせる顔すらなくなりそうです。
でもやってしまったことはしょうがない。
もし私がその立場だったらこのまま失踪してどっかのシェアハウスにでも潜り込み、アルバイトなり商売でもやりながら第二の人生を歩みます。
親元から遠い下宿生なら比較的失踪しやすいでしょう。

この時期でしたら沖縄にでも高飛びしたいですね。
高飛びした先でナマポ等に頼らず(一時的であればしょうがないが)まっとうに働いて生活している限り、可愛い彼女ができたり良き友達を持つことができるでしょう。
そうやって何年か過ごしてほとぼりが冷めてから親元に帰ってきたらいいかと思います。

現代文明の寿命はせいぜいあと10年だか20年と言ったところで、大手企業が安泰だのというアホな話は既に幻想であります。
残された僅かな時間を自分らしく生きることの何が悪いのでしょう。
楽しみを後にとっておけば楽しみが勝手に増えたような高度成長や冷戦の時代とは違うのですよ。
今は楽しみと後にとっておけば減損する時代ですから、楽しみは腐らないうちに早めに消化すべきです。

というわけで、ハッピーバレンタイン。

コメント

投稿前にコメント投稿規定をご確認ください。
 

ページ先頭へ