ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    人類最後の希望、赤色矮星とは何か

    2016.10.23 Sunday

    Universe Sandbox 2で遊んでいると地球が奇跡の星であることに気付かされます。
    特に太陽系の重力バランスが非常にデリケートであることから太陽系の詳しい生い立ちが気になっていろいろ調べたりもしています。

    学生の頃は生物と化学が専門でしたが、もし数学に強ければ天文に行ってたと思うぐらい宇宙や星が好きです。
    スタートレックをはじめとした宇宙SFもマイナーなものも含めて結構好きだったりします。
    もともと知的好奇心のカタマリのような少年でしたし、今も全然変わってません。きっと死ぬまで同じままでしょう。

    ・・・

    太陽系の成り立ちは原始太陽系星雲から太陽と惑星が同時に生まれたと言われてます。(京都モデル)
    ところがこれが結構複雑で、木星型惑星が2個じゃないといけないとか、地球の前に巨大地球型惑星があったが木星の力によって破壊されて太陽の養分になってその残りから地球が生まれたとか、いろいろとご都合主義的設定が提案されているようです。
    月の誕生すらご都合主義としか思えない説が支持されてますから、それが事実だとすると地球は大物芸能人二世のボンボンよりも遥かに運が良かったことになります。

    しかし宇宙には文字通り星の数ほどの星がありますので、母数が多ければ奇跡と呼べるものもありふれた存在になります。
    私の計算ではこの銀河系だけで100万個も電波を送受信できるレベルの文明が存在するようです。(地球人と宇宙人を参照)
    ただ、この計算をした頃は太陽系形成がそんなに厳しいものとは知らなかったので1〜2桁ぐらい厳しく見積もるべきかもしれません。それにしても十分多いと思いますが。

    文明がそれだけありふれている論拠となっているのは、恒星の大半は太陽よりも小さくて長寿命な赤色矮星であるという点です。
    赤色矮星とは何か、それは次の動画を見るとよくわかります。



    字幕をつけて見ると大変わかりやすいです。
    簡単に要約すると、赤色矮星は太陽の8〜50%の質量を持ち、恒星の7割を占めるほどありふれていて、宇宙の年齢よりも遥かに長寿命(兆年オーダー)で、惑星を持つものも少なくなく、ただいくつか問題もあるよ、という話です。

    動画でも説明されていますが、太陽はいずれ膨張して全ての生物は地球に住めなくなります。特に人類のような生物が生きられるのはあと8億年が限度と考えられます。
    人類(または人類が滅んだ後に出てくる知的生命体)が生き延びるには太陽系を脱出する他なく、その行き先として有望なのが赤色矮星系です。

    ただし赤色矮星の多くは活動は不安定で惑星が灼熱と凍結を繰り返すぐらいの厳しい条件になってしまうようです。
    しかし人間と同じように赤色矮星にも個性があり、例えば重元素を多く含む赤色矮星は活動が安定すると考えられます。しかも都合がいいことに重元素を多く含むということは重元素の多い星雲から生まれたということで、安定した赤色矮星には高確率で地球型惑星を持つことになります。

    さらに補足すると赤色矮星は今後もどんどん新しく作られ続けます。
    現在の宇宙にはベテルギウスのような重くて巨大な星がそれなりにありますが、それは密度の濃いガス星雲がまだ銀河の中に残っているからで、それが消費され尽くすと大質量星は生まれなくなります。
    大質量星が生まれなくなっても赤色矮星を含む小質量星は生まれ続けます。しかも大質量星が寿命を終えて爆発した重元素を豊富に含む残骸を材料に作られるので、未来の宇宙では有用な赤色矮星が今以上にたくさん存在するようになるのです。

    ・・・

    宇宙レベルでは未来は意外と明るいようです。
    太陽の膨張なんて何億年も先の話で、それが問題になるぐらいの未来まで人類が生き残っているかどうかはわかりません。
    しかし人類には40億年近く生きてきたという実績があります。人類としての生物学的特徴を得てからは300万年程度ですが、生命誕生からカウントすると少なくとも38億年生きてきました。さらに生命誕生の現場が地球外だとすればその年数は最大で倍以上にさえなります。
    これだけ長く生き永らえてきた生命体が簡単に死滅すると考えるほうが不思議じゃありませんか?

    種という枠組みで見ると絶滅は珍しくありませんが、絶滅は世代交代の過程でもあるので分岐進化しつつ適応していけば根絶やしになることは避けられます。

    今日まで人類を含む全ての生物が絶滅しなかったのは「生きることを諦めなかったから」だと考えられます。
    きっと人類滅亡の時が来るとすればそれは核戦争でも氷河期でも太陽の膨張でもなく、生きることを諦めたことが原因となるでしょう。
    もし我々の子孫がいつか根絶やしになると決めつけてしまえば、それは現在の我々の存在意義さえ否定することになってしまいます。

    こんなマイナス思考で生きることを諦める人が多いご時世ですが、宇宙スケールの永遠に思えるような時間も1日1日の積み重ねなのです。
    同時に我々が人生の重大事件と思うような悩みごとも宇宙スケールでは全くどうでもいいことに気付かされるでしょう。

    せっかく未来は明るいのですから、小さいことは気にせずポジティブに生きましょう!

    一点集中型と認知症リスクは無関係

    2016.10.16 Sunday

    一点集中型は認知症にかかりやすいという話を耳にしたことがあります。
    本当なら私が認知症にかかりやすいと言われてるようなものなのでなんとなく絶対ウソだろと思ってましたが、本当にウソである証拠を複数見つけましたので報告します。

    ・・・

    近頃関東地方でもクマの目撃情報が多く、都内でも奥多摩とかは普通にクマが出るようです。山登りをしたい季節でもあるのでクマ対策をすべくクマの生態を調べてました。
    すると驚くべき事実を発見!

    なんとツキノワグマは「一点集中型」らしい!

    ということは、ツキノワグマは認知症になりやすいのか? もしや人を襲ってるのは認知症が原因か?
    と思って調べてみたがそんな情報は全く出てきませんでした。つまりツキノワグマが認知症になりやすいというエビデンスはありません。
    というか、仮にそうだったとするとツキノワグマが認知症で絶滅するか一点集中型じゃなくなるかのどっちかが進化の過程で選ばれるでしょう。ツキノワグマが今日まで生き残ってきたということは一点集中型は進化的に安定的であるという何よりの証拠です。

    なお、他のクマ科については情報が少ないのでわかりませんが、ジャイアントパンダは一点集中型のような気がします。

    そしてもうひとつ証拠を発見しました。動物の中ではそこそこ一点集中傾向のあるイヌは認知症になることが知られてますが、なんとイヌよりも一点集中傾向の強いネコはほとんど認知症にならないのです!

    ・・・

    というわけで一点集中型の皆さん、認知症リスクが高いという話はウソだと証明されたので安心してください。
    しかし認知症の結果として一点集中型になることはあるそうです。つまり原因と結果が逆だったということですね。

    タネがわかればなんてことありませんね!(笑)

    Universe Sandbox 2で遊んでみた

    2016.10.15 Saturday

    昔、ドラえもんの映画でのび太の創世日記というのがありました。
    のび太がキットを使って宇宙や地球を作るという話です。

    あれから21年。ついにそれは少しだけ実現しつつあります。
    誰でも神様になって惑星を自由に操れる、そんなゲームがあります。

    その名はUniverse Sandbox 2
    細かいことを言うと最後の2はどうも二乗という意味で上付きにすべきなようです。



    他にもおもしろい実況動画がたくさんアップされているので探してみてください。


    ちなみに私は動画を見るだけでは飽きたらず買っちゃいました。
    Stermで$24.99でした。

    Steam:Universe Sandbox 2


    実況動画の中心はぶつけて遊ぶというのが多いですね。私もぶつけて遊ぶのをまずは楽しみました。
    例えば木星は太陽のなりそこないと言われていて、今の80倍の質量があれば恒星になっていたはずです。
    ということは木星同士をぶつけまくって合体させていけば恒星になるのでは? と思って実験してみました。

    結果はご想像にお任せします。それか買ってみてご自分で実験してみましょう。

    他には太陽を他の星に置き換えたり、太陽系に惑星を追加したりというのも興味深いです。
    太陽系のバランスは意外とデリケートで、木星を一個変な場所に置こうものなら軌道がめちゃくちゃになって地球が太陽系から弾き飛ばされてしまいました。

    46億年間太陽系がバラバラにならずに維持されてきたのは奇跡と言えるのかもしれません。
    それか長い時間をかけてゆっくり安定状態に落ち着いた結果として現在の惑星配置になったとも言えそうです。


    地球の太陽がいわゆる太陽である必要はなくて、距離さえ調整すればベテルギウスでもプロキシマ・ケンタウリでも太陽のかわりをすることができます。これは実験でも確かめました。
    ではなぜ地球の太陽はいわゆる太陽なのか? それは太陽がちょうどいい寿命と明るさを持つためであると考えられます。
    もし太陽がベテルギウスだったら生物を発生させて進化させるほどの寿命がなく、プロキシマ・ケンタウリなら距離が近くなりすぎてフレアで大気が吹き飛ばされてしまうようです。

    しかし太陽も年齢パラメーターをいじってみると問題が発生しました。太陽を若くすると地球が氷に覆われて、歳を取らせると海が干からびます。
    これは大気の温室効果とのバランスや、そもそも太陽には膨張して地球と心中する宿命があるという本質的な問題に起因します。

    プロキシマ・ケンタウリの金属量と質量をいじってフレアを発生しにくくさせて、ちょうどいい距離に地球を配置すると「理想的な太陽系」が作れました。
    200億年経っても地球の温度がほとんど上昇せず、周囲には物騒な小惑星もありません。こんな太陽系が広い宇宙のどこかに存在しているかもしれません。こんな太陽系で誕生した生物は隕石に進化の邪魔をされることなく、時間もたっぷりあるためのびのびと進化することができるでしょう。

    因果関係の大半は信頼に値しない

    2016.10.11 Tuesday

    ネタが古い上にシモネタですが、こんな調査結果があります。

    ウンコ漏らしたことあるを年収別に調査!悲しむ必要はない? – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

    このタイトルからして内容からしてもう笑うしかありません。
    これを見て「金持ちになりたいから今日からウンコ漏らそう」なんて思う人はいないでしょう。
    知っての通り漏らすことと年収には何の関係もなく、記事に書かれている忙しくてトイレに行けないなんて解釈は安易なこじつけに過ぎません。

    年収とおもらしに見かけ上の相関関係があるのは年齢で説明がつきます。つまり、漏らした経験がない=若い=年収が低い、ということです。実に単純ですね。

    ・・・

    さて、巷にはこんなレベルの怪しげなこじつけ理論が無数に存在します。

    例えば寝過ぎたら早死するという話がそうです。睡眠時間が長いほど寿命が短い、だから寝過ぎたら早死するよ、といういかにもなこじつけが10年前から今日に至るまで跋扈し続けてるのだから困ったものですね。
    もちろん寝過ぎで早死しません。人工の異物である睡眠薬を大量に飲んだというなら話は別ですが、体には安全装置が備わっているので危険なほど寝続ける前に目が覚めるようになってます。これは睡眠という生理活動が始まって以来何億年もかけて自然選択により洗練されてきたシステムであり、人工物であるジェット機や原子炉なんかよりも遥かに信頼性の高いものであります。
    寝過ぎたら早死するという話は、寿命に影響が出るほど寝ても安全装置が働かないと言ってるのと同じです。そんなWindowsもビックリな初歩的欠陥が何億年もの自然選択をくぐり抜けられるわけないでしょう。

    睡眠時間と寿命に相関関係があるのも話は単純で、ストレスや食生活、運動が両方に影響を与えているだけです。
    ストレスが多ければ睡眠時間が伸びる、これこそ何億年もかけて作り上げられてきた安全装置ですよ。

    このように相関関係があるのに因果関係がない状態のことを擬似相関と言います。


    年収とおもらし、睡眠時間と寿命はデータを出してるだけまだマシな方で、世の中にはろくにデータ解析もせずアニメや漫画と反社会性との間に因果関係があると吹聴している輩がいます。以前の都知事にもそんな人がいたような気がしますが。
    因果関係があるからアニメや漫画を規制しようと言うのであれば因果関係の立証責任があります。立証責任とはどういうことか、それは「Aさんは犯罪を起こした証拠はないが、起こしていない証拠もないので逮捕する」という理屈がまかり通ってはいけないということです。

    アニメや漫画と反社会性の因果関係を立証しようと思えば多数の人間をモルモット扱いして生まれた時からアニメ漫画を遮断したり、逆に偏ったジャンルのアニメと漫画ばかり見せるような人権に著しく反する実験をしなければなりません。
    当然ながらこんな実験ができるわけないので因果関係の立証は現実的に不可能です。立証が不可能である以上、因果関係は存在しないものと考えなければなりません。つまり表現規制が必要かどうか議論すること自体が全くの無駄であり、Twitter上で活動してるアマチュア評論家ならともかくこれを政治家がやったとすれば税金を使って不必要な井戸端会議をしているということです。

    ちなみにこれは逆の立場で攻撃的や露骨な性表現のアニメや漫画が犯罪を抑止していると主張している連中にも言えます。立証が不可能なものについて無意味な議論を交わしているという点で両者は同類です。

    なお、アンケートを取りまくったりいろんなとこからデータを集めてきてエクセルでゴネゴネやれば立証のマネゴトはできます。ただし結果は表現規制賛成派なら因果関係あり、反対派ならなしということになるでしょう。データの処理方法で結果はいくらでも操作できるのです。


    よく言われてる失業率と犯罪率の関係も眉に唾をつけて見なければなりません。
    悪い奴を雇用しておけば良い奴になるとか、失業したら良い奴も悪い奴になるとかいう謎理論をまず疑いましょう。悪い奴を雇用しておけば会社の金をくすねたりパワハラをやるわけで、会社という閉鎖空間でそれが行われたら犯罪としてカウントされる率が下がるから見かけ上の治安は良くなるわけです。
    つまり雇用対策で治安が改善されるという話は悪い奴が悪いことをすることによって生じるコストやリスクを社会全体で負担するか企業に背負わせて内部化させるかという話でしかありません。

    ・・・

    このように因果関係があると言われてるものは大半が信頼できないものであり、確実な再現と実証が得られない限り無いものと考えるべきです。
    データを都合よく作ることは驚くほど簡単にできます。生データを捏造しなくても都合のいいデータだけ集めてきたり都合のいい結果を出すようにアルゴリズムを組めばハイ、一丁あがり!笑

    NiGuanDao! 復活

    2016.10.09 Sunday

    当店謹製の動画DLソフト、NiGuanDao!がついに復活しました。



    以前のバージョンでは鯖の転送量超過でサービスを停止せざるを得なくなりました。
    今回は少し方式を変えてみましたが、いつまで続けられるかはわかりません。
    最近のWindowsのオワコンぶりからかLinux普及率が高くなってきたので、Linux上での動作を確実に保証するため今回は開発もLinuxで行ってます。
    もちろんWindowsでも動作します。

    ダウンロードはこちらから。

    わかってると思いますが違法動画のDLには使用しないでください。
    このソフトは自主制作MMD、やってみた系、炎上動画、いじめの証拠などを保存する目的で開発しました。
    ただ合法と思われる動画でもBGMにJASRAQの息がかかってたりするとグレーな気もしますので、その場合はDL後に加工ソフトを使ってサウンドトラックを外したほうがいいかもしれません。

    ページ先頭へ