ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

教員免許を保育園から大学院まで統合せよ

2017.05.27 Saturday

このブログで何度も取り上げている大学教員が教育学を理解してない問題、そして社会問題にもなってる保育士不足、待機児童問題、余剰ポスドク問題まで同時に解決できるような画期的な解決策を思いつきましたので紹介します。
しかもこれはデメリットが全く思いつかないという実に素晴らしいものです。

それは大学教員の教員免許必須化と教員免許の統合です!

大学教員は教員免許が必要ないため、研究はできても教育はパッパラパーの素人が指導と称してアカハラを自覚なしに行うことがしばしばあります。
教員免許を持ってる人間でさえ教育の適格者はひと握りしかいないのに、それすらない人間を教壇に立たせることにそもそも無理があるわけです。
もちろん大学教員でも教育上手はいますが、それは長年の経験であったり独学で身につけたものであろうと考えられます。

教員免許不要で教授会が採用を決めるというシステムは不可避的にコネ採用になりますし、これは腐敗の温床にもなってます。
したがって大学を教育機関だと位置づけるのであれば大学教員の教員免許必須化は必要なことです。

・・・

私もかつて大学教員志望でしたが、大学教員は人気職種のようでなりたい人はたくさんいます。
ところが現実は残酷で、まず博士を取るのは簡単ではありませんし、取ったとしても多くが万年ポスドクで助教にさえなれません。
教育者としての才能があったとしても研究能力がないという理由だけでアカハラしか能のないパッパラパーのスカポンタンがデーンと居座っていつまで経っても席を譲ってもらえないわけです。

大学教員に一番大事なものは教育者としての適性のはずなのにこれはおかしいでしょう。
そもそも大学教員を目指す人が多すぎるというのもひとつの原因であります。

・・・

一方で初等教育や中等教育の教員は足りません。
足りないから少子化してるのに一人あたりに割り当てられる教員数が増えず、個性を尊重しない無能が跋扈し、待機児童問題も解決しないわけです。
にもかかわらず教えられる人を十分に準備しないままプログラミングを必修化しようなんてむちゃくちゃです。
プログラミングと教育学の両方を修めてる人材が一体日本に何人いるというのでしょうか?

だったら高等教育の余った人材がそっちに流れてこれるようにすればいいのでは?
これが教員免許統合案の趣旨です。

現行の制度では保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校で免許が分かれていますが、それは実に非効率です。
中学校の免許だけあっても小学校や幼稚園を教えられないのはどう考えてもおかしいでしょう。
だったら全部一緒くたにして上から下まで全部教えられるようにすればいいじゃない。

・・・

教育は一種の技術であり、誰でもできるものではありません。
だからこそ教育学という学問があるわけで、研究ができれば教育もできるじゃろっていう前提は狂ってるとしか言いようがありません。
初等教育と高等教育の違いは教える知識の種類に過ぎず、教育に必要な基本的な技術は全く同じなわけです。
初等教育者に求められるのは基礎学力+教育学、高等教育であればそこに専門が加わるだけです。言い換えれば専門だけできても教育学がわかってなければダメです。

幼稚園の先生をする人に元素記号の知識はたぶんいらないと思うので、専門の勉強を避けて初等教育だけしたい人は車でいうオートマ免許にあたる「中学までだけ教えられる教員免許」を作ればいいのです。
「全部教えられる教員免許」と「中学まで教えられる教員免許」の二種類があれば十分です。

副次的なメリットとして最先端の専門知識を持った有能な人材が高等教育のポストを取れなければ初等教育にほうに流れてくると思われるので、それは個性尊重教育に役立ちます。
どこの学校でもクラスに一人ぐらいは歴史マニアとか周期表マニアがいたりするものですが、そこに共通の話題のできる先生がいると大いに救われるでしょう。

ショップ大賞2017の結果

2017.05.24 Wednesday

本日ショップ大賞2017の結果発表が行われました。
ちなみに当店はというと…

二次審査に落ちました…

しかし! 嬉しいニュースがあります!

なんと一次審査を通過したもうひとつのバルーンショップ、チャビーバルーン様が優秀賞を受賞されました。

おめでとうございます!

当店も来年こそは入賞できるよう運営を頑張りたいと思います。
商品数のさらなる拡充に加えて決済方法の多様化を進めつつあります。

・・・

在学していた私立大学の生物学科では年度末に成績優秀者に対する表彰があります。
1年生の終わりに名前を呼ばれるのかと少し期待してましたが、残念ながら他の人に負けてしまって名前を呼ばれることはありませんでした。
そして来年こそはと頑張って勉強し、2年生では晴れて表彰台に立つことができました。

さらに3年生でも表彰を受けて、すっかりいい気になって大学院は京大へ行くことを決意したわけです。
その結果どうなったかはあえて言いませんが。まあわかる人はわかるでしょう(笑)

その反省と言ってもなんですが、今後ショップ大賞で入賞しても無理な事業拡大はせずに今までどおり身の丈にあった方法で運営していこうと思います。

ビットコインで風船が買える時代到来

2017.05.22 Monday

以前から検討していたことですが、ついにビットコインでお支払いができるようになりました!

ご注文後に受注確認を行い、円建て価格をその時のbitFlyerレートで換算してビットコイン建て価格を提示し、ご入金確認後に発送という流れになります。まあ従来の銀行振込と同じですね。
万が一ご注文から受注確認までの間にお客様が不利になる形で大きくレートが乖離してしまった場合は例外措置としてご注文時に近いレートを提示しようと思います。

メリットとしてはセキュリティが高く決済も速く終わることが挙げられます。
特に海外からのご注文の場合は手数料の安さが最大のメリットとなるでしょう。
投資目的でビットコインを保有されている方はビットコインを円転するよりもそのまま使ってしまったほうが手数料分お得ですから、そういう人にも朗報です。

デメリットはまだレートが安定しないこと。
おそらく決済のためだけにビットコインを保有されている方はあまりいないと思います。
また購入時に消費税がかかるという問題もあります。ただしこれは今年7月から法改正によりかからなくなることが決まっています。

・・・

ところで未来のお金、ビットコインについて簡単に説明しておきます。
よくある勘違いとして楽天ポイントのように特定の企業がその価値を保証していて企業が潰れたら無価値になるんじゃないかという誤解があります。
ビットコインは楽天ポイントとは似て非なるもので、中央銀行もなければ一元管理する企業もありません。
ではどうやって価値を担保しているかというと、全世界の膨大な数のコンピューターが常に膨大な計算を行うことで取引記録を追記していくという方式を取っています。
この仕組みをブロックチェーンといい、チェーンの途中を改ざんすると整合性が取れなくなるため改ざん不可能で、それがビットコインのセキュリティを高くしています。

ちなみにビットコインの「採掘」とは世界のどこかで取引が行われた時にその記録を台帳に追記する作業で、この台帳の番号は特定の法則性を必要としますのでその番号が出てくるまでひたすら総当りで計算を続けます。全世界のコンピューターで競争して一番最初に見つけたコンピューターが報酬として新しいビットコインを受取るのです。

採掘のプレーヤーが少なかった頃は個人のパソコンでも採掘可能でしたが、今は採掘のためだけにスパコンを保有している企業もあるので電気代を考えると割に合わない状況になっています。
仮想通貨はビットコインだけではないので、採掘に興味のある方はまだマイナーな仮想通貨を調べてみるとおもしろいかもしれません。

大学を無償化すれば極限まで腐敗する

2017.05.16 Tuesday

奨学金の滞納が社会問題になり始めて久しいですが、その問題の解決策として大学を無償化したらどうかという議論が政治家の間でもされるようになりました。
私も奨学金にかなり苦しめらましたが、去年無事に返済が終わりました。
しかし未だに何百万も残っている友達は本当に大変で、奨学金のせいで子どもを産むこともできないという由々しき事態になっています。

さて、果たして大学を無償化したところでタダで大学に行けて遊べて借金も残らずラッキー!なんてことになるでしょうか?
結論から言うと大学が極限まで腐敗してめちゃくちゃになるでしょう。

・・・

そもそも学費の原価が法外に高すぎます。
私立大学だと4年間で500万はザラで、だいたい1日通うごとに1万円、授業ひとコマが数千円というレベルです。
余談ですが授業中にゲームしてる人はこの学費がもったいなくないのかと不思議に思ってました。
国立はその半分以下で済みますが、それは税金で補填してるからであって原価は同じでしょう。

表向きはこの学費が教職員の給料や設備費になってると言われてますが、大学は企業よりも決算書がアバウトでいいことになっているので余剰分は公私混同で使われたりいかがわしい団体に流れたりもしてそうです。
大学教員なんて大半は教員免許ももってなければ教育学もろくに勉強してない素人ですし、大部屋にパワーポイントというかなり効率的な授業をしてるわけですから、学費の原価なんて高校と同程度が適正価格です。文系なら高校以下でしょう。

・・・

ここで大学無償化したら誰が得するのか考えてみましょう。
無償化賛成派は学生が救われるだの奨学金による貧困問題にブレーキがかかるだのと耳触りのいいことを言いますが、そんなもん建前に過ぎません。
実際のところ大学側からすれば少子化で学費収入の減少が予測されるため、それじゃあ困る大学教員やそれに群がる連中が税金に活路を求めているだけです。

もしぼったくり原価のまま大学が無償化されたらどうなるでしょうか。
ぼったくり学費を税金から調達するわけですから、当然ながら増税の口実にされます!
そして教員は今まで以上に学生を見下してアカハラが頻発するでしょう。もはや学生のための大学ではなく社会のための大学ということになってくるので、文科省も全体主義思想を全力でバックアップするだろうと思います。
収入源が学費じゃないということは学生がいくら脱落しようが大学の経営に影響がないわけですから。
この兆候は既に現れていて、学費の半分が税金で補填されている京大では明らかに教員が学生を見下していてアカハラの正当化も行われていました。

半分でこれですから、全部が税金になれば無能教員がふんぞり返ってかなりの学生が脱落するようになり、教育機関としての機能を完全に失うことは火を見るよりも明らかです。

そもそも大学は教育機関です。「できない」を「できる」にするところなんです。「できない」学生を退学させれば平均点は上がりますが、それは単に優秀な学生を濃縮しただけで教育になりません。
学費が学生負担であれば良い教育をしてくれるところに学生が集まり、アカハラの噂が流れたりなんかすれば学生が来なくなるため自浄作用が働きます。
実際に某私立大学では教員の腰が低く、ゲームしてる連中の興味が授業のほうに向くぐらい面白い授業をする努力をされてました。

叱責でやる気をへし折る有名国立大学と、学生のハートを掴んでやる気と学力を伸ばす無名私立大学、教育機関として優秀なのはどっちでしょうね?

前者はネームバリューがあるからどうにか卒業まで我慢しましたが、それがなかったら単なる安かろう悪かろうです。

無名私立大学も無償化されれば単なる安かろう悪かろうに成り下がります。

なお、高偏差値の大学だけ無償化すればいいという意見もありますが、これは教育格差を広げることになるので好ましくないです。
私が高校の頃は生物と化学のテストが毎回100点近かったのに英語は赤点ギリギリでした。こういう学生もいるので機会平等化の観点から英語が苦手だと重税だけ押し付けられて大学に行けないというのは公平ではありません。

・・・

この問題は大学学費の原価を高校と同程度まで下げればほぼ解決するのではないかと思います。
無償化すればそこまで圧縮せざるを得なくなるかもしれませんが、学費はあくまで学生負担にすべきです。
仮に学費原価を私立高校と同じくらいの年間70万まで圧縮すれば100%学生負担だとしてもかなり楽になるのではないでしょうか。
そして給付型奨学金で税金を使えばいいのです。大学側としても奨学金をもらうような優秀な学生が増えたほうが経営が安定するため、教育の質を上げて脱落者を出さない努力をするインセンティブが働くでしょう。

ウェディングと母の日関連商品多数追加

2017.05.04 Thursday

GWですが多くの仕入れを行いました。
それによりウェディング関連商品が増えたため、ラブ・ウェディングカテゴリをラブウェディングに分離しました。







母の日関連商品も追加しました。

ところで報告が遅くなりましたがショップ大賞2017は残念ながら落選してしまいました。
来年こそは入賞を目指して頑張ろうと思います。

ページ先頭へ