ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

北海道置き去り事件とコインチェックGOX

2018.05.30 Wednesday

何やら昨日からやけに過去記事の置き去りの鬼畜が開発したICT機器に注意へのアクセス数が増えてるのでアフィブログにでも取り上げられてるのか?と思ったら仰天ニュースであろうことか美談として放送されていたのです!

まったくマスゴミは余計なことをしてくれます!

・・・

置き去りがしつけとして全く正当化できないことは今更言うまでもないでしょう。
屁理屈を並べて正当化する奴がいたとしたらそれは鬼畜にも劣る何かです。

ところでこの記事では置き去りした奴がネットワーク機器の開発に携わってたことを問題視していますよね。
こんな輩が作ったプログラムがハードウェアに組み込まれて人知れずあちこちのネットワークで稼働してるのです。

これはネットワークセキュリティの問題であり、常時SSL化やむなしということで当店のショップサイトを完全にSSL化する運びとなりました。(ブログは未だにできてないですが。)

サイト全体をSSL化

そして忘れもしない今年2月に空前のネット犯罪、コインチェックGOXが起こりました。

コインチェックGOXと置き去り事件が関係あるのかどうかというとわかりません。
他にも悪意を持った輩がネットワーク機器の開発に携わり、ファームウェアにバックドア等の悪意のあるプログラムを埋め込むことは十分に考えられるからです。
もはやそのリスクは回避しようがなく、悪意のあるプログラムがネットワーク機器に組み込まれている前提でエンジニアもユーザーもネットを使わなければならない時代になりました。

例えば野良WiFiも盗聴されててやばいと言われてますが、それもSSLつまりURLをhttpsにすることで防御可能です。

置き去り事件の時にいち早くネットワークセキュリティに対して問題意識を持ったエンジニアが一体どれほどいるでしょうか。
あの時にコインチェックがあったかどうかは知りませんが、なかったとしてもこれからコインチェックを設立しようとしていた人間が一人でも使用しているルーターやハブが攻撃者のスパイとなる可能性まで考えていたらコインチェック事件は防げたのではないかと思います。

学校や会社を損切りする勇気

2018.05.24 Thursday

日大アメフト部のタックル事件で日大アメフト部の抱える問題がいくつも明るみに出ています。
これはアメフト部だけにとどまらず日大そのものの問題、そしてしいては社会全体の問題であると考えることができます。
日大でアカハラが多発しているであろうことは容易に想像できます。

・・・

アメフトといえば京大のアメフト部、ギャングスターズでも以前強姦事件が問題になったことがありました。

京都大学-お知らせ/ニュースリリース 2006年9月26日 本学学生による事件について

  本学としては今回の事件は、人権の尊重、人間の大切さの理解という人の生き方や在り方の基本に係る重要な問題として深刻に受け止め、学生に対してあらゆる機会を通じて指導を徹底するなど、このような事件が二度と起こらないよう、大学を挙げて取り組んでいるところであります。


はい嘘乙!
2012年3月に暴力事件の発生を許しておいてよく言うよ。


アメフト事件のさらに10年前にはオウム事件がありましたが、オウム事件のときも口だけで何もしなかったのでしょう。
それがアメフト事件、そして明るみに出ない多数のアカハラ案件の多発へと繋がっているのです。
これは京大全体の問題です。

・・・

日大は京大と違って私立ですし、名前が無駄に立派な割には偏差値はそれほどでもないようなので旧帝ほどのハラスメントはないであろうと考えてました。
ところがやっぱりというかなんというか京大と負けず劣らずだったわけです。

日大と京大に共通するのは名前が短くてなんとなくカッコイイことです。
名前が短い、カッコイイ、覚えやすいというのはそれだけで大きなアドバンテージになりますし、マーケティング戦略としては最も単純にして最強と言えます。
しかしこれが学生を大事にしない大名商売に繋がり、教育機関として全く機能しなくなる遠因となったと言えます。

改善できるものなら改善すべきですが、改善できないならそんな大学は潰しましょう

・・・

日大に限らず大学に在学中の学生さんでアカハラに悩んでる方はまずはこれをご一読ください。

大学院生・大学院志望者のためのアカハラ対策マニュアル

この記事は1年以上前に書いたものですが、アカハラに対処しつつ大学には残ることに主眼を置いています。

しかし考えてみれば必ずしも残ることが得策とは限らないのです。
京大や日大のように大学全体がズブズブに腐敗してたら研究室を変えても結果はあまり変わらないかもしれません。
中にはマトモな研究室もあるとは思いますが、研究室ガチャでハズレばかり引くようならそんな大学は捨ててしまったほうが得策だと言えます。

私はバカなので教授と学生の両方からのアカハラに耐えながらなんとか卒業まで踏ん張りましたが、これはたまたまうまく行っただけの話なので万人にはおすすめできません。
同じ出身大学からの仲間がみんな脱落した中でなぜ私だけ卒業できてしまったのか、自分でもわかりませんが今思えば出たら奴らに仕返ししてやるというモチベーションがあったのかもしれません。

当時は出身大学の同級生と仲が悪かったこともあって脱落した仲間を「ヘタレ」「ざまあ」と見下してました。
しかし今思えば脱落した仲間は決してヘタレだったわけではなく、腐りきった京大に見切りをつけて人生の損失を最小限に食い止めたと考えることもできます。

・・・

投資をやってると「損切り」はとても重要であることに気付かされます。
損切り上手は投資上手と言ってもいいほどです。
損切り不要の投資法もありますが、資金効率が悪いため金持ちかよほど下手な人にしか向きません。
一般ピーポーが投資で実用的な利益を上げるには多かれ少なかれ損切りは必須の手段なのです。

投資をしたことがない人のために説明すると損切りとは損を確定させてしまうことです。
例えば1ドル120円で上がると思ってドルを買ったとします。ところが下がって119円になりました。ほっとけば戻って上がるかもしれませんが、それ以上に下がる可能性もあります。
不確定性はリスクですので、ここで一旦売ってこれ以上損が広がるのを防ぐのが損切りです。

学校でいうと配属された研究室がクソ研究室でした。この研究室で2年踏ん張るか、さっさと見切りをつけて大学を去るかという選択を迫られます。
これが大学院ならまだ捨てやすいですが、卒研なら踏ん張るしかないですね。しかし実際に踏ん張ってうまくいくかどうかは未知数です。

私の場合はお受験に何年もかけたことや、念願の京大に入れたということ、そして諦めたら身内全員+αから総スカンを食らうであろうことからいくら腐っていようが捨てるという選択は取れませんでした。
これはギャンブル中毒者の心理状態と同じようなものであり、結構危険な賭けだったと思います。

・・・

このケースは特別な思い入れがあったため無理して踏ん張ったのはそれはそれで良かったと思います。
しかしそういうものがないようなら合わない学校や会社は早いうちに捨てることをおすすめします。

石の上にも三年だの、そんなんじゃ社会でやっていけないだのと脅す輩がいますが、そんなものただの脅しです。
今はFXや仮想通貨がありますし、投資する元手がないなら治験のアルバイトとかで元手を作ればいいのです。
ゲイバーで稼いだ元手をFXと仮想通貨で大きく増やした知り合いもいます。

投資は嫌だ、体を売るのも嫌だ、と言うならクラウドワークスで手堅く文書作成やプログラミングの仕事をしたらどうでしょう。
文書作成は最初効率が悪いですが、続けていくうちにスキルが上がったり信用を得たりして稼げるようになるようです。プログラミングを勉強するのもおすすめです。

少なくともクソ研究室で2年を無駄にして、アメフト事件のような不祥事の多発で10年ぐらいで朽ちてしまう学歴をもらうよりもよほど役に立ちます。
これこそが本当の働き方改革と言えるのではないでしょうか。

化学と生物学の関係

2018.05.07 Monday

私の経歴は変化に富んでいて、農業高校から生物学科、そして化学科(大学院)、風船屋、兼業投資家という異色の経歴を持ってます。
おかげで様々な経験を積むことができました。
生物や化学をやってなければ風船屋になることも投資で利益を上げることもできなかったでしょう。

・・・

昔から風船屋を目指していたわけではありません。
風船や空ビは好きでしたがそれで食べていくという考えはなくて、じゃあ何になりたかったかというと大学教授です。
植物が好きだったので植物の研究・教育をしたいと思ってました。

そして農業高校に入って寮生活や実習を通して多くのことを学びました。
成績はまあまあ良かったですが飛び抜けて良いわけではなく英語がダメだったので国公立大学に入ることはできませんでしたが、タイミングよく近くの大学に生物学科ができたのでそこへ行きました。

生物学科はできたばかりで、まだ学生は多くありません。
良くも悪くも女の子は少なかったので色恋に惑わされることなく勉強に励んで学科でトップクラスの成績になりました。
そして教授の勧めで京大を目指しました。
余談ですが生物学科の教授は京大出身が多く、しかもいい人ばかりだったので教授と京大への憧れはどんどん強くなっていきました。

ところが生物学は就職が良くありません。ネットの書き込みとか見てるとアカハラが頻発してるなど研究も泥臭いことばかりです。
そこで生物学には見切りをつけて大学院は化学に行くことにしました。

・・・

大学院に行くと例のアカハラ教授から「生物がダメで化学に逃げてきただろ」とか「生物と化学は基礎も実験手法も違う」とかほざいてましたが、もちろんこれは何もわかってないやつの言うことです。

生物学科では決して落ちこぼれていたわけではありません。
学科でトップの成績を叩き出してましたし、生物に関してはそこらのバカ生物学者よりもよく理解していました。
じゃあなぜ物理とか工学じゃなくて化学に行ったかというと生物と化学は密接に関連してるからに他ありません。

生物学をどんどん極めていくと化学になります。
表面を撫でてるうちは化学を知らなくても理解できますが、タンパク質がどうやって塩基配列を認識するかという話になってくるともう完全に化学です。
逆に言うと生物学という領域に留まってしまうとその先に進むことができません。理解をより深めるために化学を本格的に学ぶことに決めたのです。

また、歴史的にも生物と化学には密接な関わりが見られます。
例えば有機化学の「有機」とは生命体を意味しますし、有機化学は無機化学や分析化学とも密接に関連して化学の一大カテゴリーとなっています。
それに生物の誕生は化学反応の偶然の連鎖から始まりました。生物学を究めていけば自ずと化学を学ぶことになるのは池袋から西武線を乗り続ければ秩父に行くのと同じくらい当然の帰結なのです。

しかし池袋から秩父に乗り換えなしで行けるのは特急レッドアローや土日限定の直通列車だけです。
私が乗ってたのは飯能止まりの急行でしたので飯能でレッドアローに乗り換えた…つもりでした。
どうやら間違えて八高線にでも乗ってしまってとんでもないところに連れて行かれたようです。
まあ多少遠回りになりますが、寄居あたりで秩父鉄道に乗ればそれでも秩父に行けます。

・・・

化学は生物学の延長線上にあり、生物学を極めていけば必ず化学にたどり着きます。
生物学だけでなく地質学も化学ですし、心理学も生物学を経由して化学に収束していきます。
そして化学を極めていけば物理学になり、そこで天文学なども含めたすべての自然科学が収束します。

さらに物理学は数学、数学は哲学へと帰結していくのです。
池袋と秩父のたとえは逆転させたほうが良かったかもしれません。
東京駅の位置に哲学があり、これがすべての中心であり基本です。銀座や丸の内界隈は数学で、四谷、市ヶ谷には物理学があります。
そして池袋、新宿、渋谷などの副都心は有機化学、無機化学、分析化学などが来ます。
池袋が有機化学だとするとそこから埼京線、西武、東武などが放射状に伸びているように合成化学や生物学など様々な派生学問へと発散します。

生物学の枝はさらに散らばり、生態学や心理学が派生していきます。経済学もこの枝の中にあります。
私が投資で利益を上げられていることは生物学や化学を学んでたことと無関係ではないことがわかるでしょうか。

もともと植物学という末端のほうにある田舎の駅で電車に乗り、どんどん極めていくうちに都会までやってきました。
そこで乗り換えれば別の末端駅に行くこともできるのです。

以上が生物学と化学、そして他の学問分野の関係性です。
おわかりになられましたでしょうか。

京大がタテカン禁止とかマジかよ

2018.05.03 Thursday

京大がついに立て看板を禁止し、それが原因で学生とひと悶着もふた悶着もあったようです。
しかも京大が単独で禁止したのではなく京都市が景観が悪くなるという理由から京大に圧力をかけて、京大は京大でそれに素直に従ったとのこと。

おいおい、少しは抵抗しろよwww

なんというか完全に行政の言いなりになってますね。
まあ、税金で運営されてる機関ですからこれは仕方ないといえば仕方ないのです。
そもそもかつての自由な時代のほうが異常だったのかもしれません。

私も自由に憧れて京大に行きましたよ。
待ってたのはアカハラ教員、DQN学生、クソ総長でしたけどね!

余談ですがあの日馬富士と山口達也でさえ表舞台を降りたというのに暴力事件をもみ消したり乱○パーティーで学生が妊娠したような研究室が未だに残ってるなんておかしくないですかね。
乱○パーティーに関しては実際にあったかどうかわかりませんが、当時の連中の勢力図を考えるとなかったと考えるほうが不自然ではないかと思います。(私が入学した途端やめた可能性もあり)
ハブられてたので知りようがありませんが!

・・・

だいぶ話が横道に逸れましたが、職員どもも権力者にペコペコしなければ食い扶持が失われかねないので必死なのです。
したがって矛先を職員に向けるのは何の解決にもなりません。

ではどうすればいいのか?
それは京大を税金をあてにしない独立運営にするしかありません。
やり方としては文科省に行って京大はお前らの穢れマネーをあてにしない、俺達で勝手にやっていくから予算をカットしろ!とデモすればいいのです。

文科省も本心では大学を切りたくて切りたくて仕方ありません。
いきなり切ると利害関係でだいぶ揉めるので最初のうちはポーズで渋るでしょうが、根気よく続けると挙句の果てにそれじゃあ勝手にしろ!となるかもしれません。

カットされたらこれまでのような研究はできなくなりますし、サークル活動も大きく制限されます。
そして学費は馬鹿みたいに高くなるでしょう。
しかしそれと引き換えに自由の学風を取り戻すことができます。
まあ完全に権力者と切れるわけではなく、金に目がくらんだ教員が個人的に権力者の犬となることはあるでしょう。
それでも大学ぐるみのペコペコがなくなるだけでもだいぶ違います。
クソーリンみたいなやつはいなくなるのではないでしょうか。めでたしめでたし。

・・・

いろいろ問題の多い京大ですが、ひとつ褒めるところがあります。
それはFXのレバレッジ10倍規制推進派の御用学者を金○庁に送り込まなかったことです。

金○庁のことですから間違いなくアカポスのジリ貧ぶりに漬け込んで札束ビンタをしてきたでしょうが、京大はそれを丁重に断りました。
なお、学○淫大学は札束ビンタに屈服してわけのわからない教授を御用学者として金○庁に送り込みました。

うーん、札束ビンタを断ったのは京大としてのプライドや科学者の良心なんかではなくこんなしょーもない端金のために万一森友みたいに問題になった時に既にいろいろ真っ黒なものに手を出してるのが一挙にバレたらまずいというのが真相のようですね。

根拠が捏造だらけのタイワンザル虐殺に批判声明ひとつ出さないヘタレ総長。
もうどうしようもないね。

ページ先頭へ