ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    地球は300億年冷え切らない

    2018.06.27 Wednesday

    先日大阪で大きな地震がありました。
    これを南海トラフの前兆だと言ってしまうのは多少強引な気がしますが、しかし南海トラフ地震がいずれ起こるのは確実です。
    それが明日か50年後かというだけの話です。
    地震を防ぐことはできないですから、いつか地震が来ることを前提に対策するしかありません。

    ・・・

    ところで地震はなぜ起こるのでしょうか。
    プレートの動きが原因であることはよく知られてますが、そもそもなぜプレートが動くかというと地球の中がまだ熱いからです。
    地球の中心部は太陽の表面に匹敵する5000度の高熱で、その熱が宇宙空間に逃げる過程でマントルが対流してプレートはそれに乗っかる形で動いてます。
    熱い味噌汁がお椀の中で対流してるイメージです。

    お椀の味噌汁はいずれ冷めますので、地球も同じようにいつか冷え切るはずです。
    ところが地球誕生から46億年も経ってるのに未だに冷え切っておらず、冷たいのは表面の薄皮だけで体積のほとんどは1000度を超えています。
    それだけ地球には膨大な熱が蓄えられているということです。

    では地球が完全に冷え切って人類が地震と火山の脅威から解放されるのはいつになるのか予想してみましょう。
    地球に残存してる熱を知る上でちょうど良い指標があり、それは内核のサイズです。
    現在の地球の核は液体の外核と固体の内核の二重構造になってますが、地球誕生当初は内核がなくて全て溶けてました。
    また、地球が冷え切ると核は全て固体になって外核が消滅します。

    ・・・

    核全体の体積は1764億km3あります。このうち76億km3が内核で、核全体の4.3%を占めます。
    内核の形成が始まったのは地磁気の痕跡から30億年前と考えられており、計算すると1年で2.53km3のペースで固化が進んできたことになります。
    液体が固体になる時に熱エネルギーを放出します。水やジュースを冷凍庫に入れてもなかなか凍りませんが、それは0度の水が0度の氷になる時に0度の水を80度のお湯にするのと同じだけの潜熱が放出されてるからです。
    この潜熱こそが46億年間プレートを動かし、地震や火山を活動させてきた原動力と言えます。

    いいですか、46億年経ってもたったの4.3%しか固まってないのですよ。
    計算すれば全部固まるのに666億年、その間核の温度は融点付近でほぼ一定に保たれることになります。
    ただ最近の研究によると地球の熱の半分は放射性物質の崩壊熱が起源となっているようですので、実際は半分の300億年くらいかもしれません。
    それでも60億年で太陽の寿命が来ることを考えるとその5倍も持つのです。

    地球が太陽の膨張を乗り切れるかどうかはわかりません。
    太陽が軽くなって軌道が外に移動するという理論に従えば大丈夫なはずですが、果たして60億年後も地球の軌道が円に近い軌道を描いてるかというと怪しいところです。
    木星や土星も太陽から離れるわけですから、その影響で軌道が不安定化して極端な楕円軌道に変形してるかもしれません。

    もし仮に飲み込まれなかったとすれば太陽が寿命を終えて白色矮星となった後も地球のプレート運動はずっと続くことになります。

    はてな事件について思うこと

    2018.06.26 Tuesday

    有名ブロガーのhagex氏が、はてな荒らしの低能先生こと松本英光に刺殺されました。
    私もかつてはてなでブログやってたことがありましたが、もうはてなから離れて何年も経つので両者ともこの事件があって初めて知りました。
    そしてはてなは5chやツイッターよりも平和で知的なイメージがあったため余計に衝撃的です。

    ・・・

    hagexさんはセキュリティの専門家で、はてなでは低能先生によく喧嘩を売られていたようです。
    hagexさんを責める人がいますが被害者を叩くのはやめましょう。

    低能先生ははてなの荒らしで、捨て垢を大量に作っては不特定多数に喧嘩を売りまくり、運営に通報されてバンされてもまたアカウントを登録し直すということを繰り返してたようです。

    ネットが原因の殺人事件がいつか起こるだろうとは予想してましたが、それならテキ屋に喧嘩を売ったヒカル、なぜかやたらとアンチの多いシバター、国際○融資本を敵に回したりヤクザの事務所の前で演説をやってるベンジャミン・フルフォードが先かと思ってました。

    まさかちゃんとしたセキュリティ会社の社員が、リアルでは喧嘩慣れしてないであろう42歳引きこもりニートごときにやられるとは驚きを隠せないと同時に恐ろしくなります。
    おそらくhagexさんもまさか自分が、それもただの荒らしに殺されるとは思ってもなかったでしょう。

    私も京大やら日大やら叩きまくってるので気をつけなければならないと思いました。
    しかしこれにビビって批判をやめるのは私のポリシーに反しますし、それはテロに屈するということです。
    経験者の立場として未だに続いているアカハラや税金の無駄遣いを黙って見てるわけにいきませんので改善されない限り糾弾を続けさせて頂きます。
    やめてほしければ内情を改善し、それを大学や研究室の公式見解として告知してください。
    タテカンを規制したり病む学生が未だに出てる現状は納税者としてもOBとしても容認できません。

    大学全体として改善は望めないでしょうが、せめて研究室単位であれば「テレビでアメフト選手個人の記者会見を拝見し、大学人として悲しい思いを抱いてしまいました。本研究室では学生ひとりひとりを大切に育てるという理念を持ち、それを誇りに大学の方針に惑わされることなく活動を続けていきます。」とHPで告知することはできるはずです。
    まあ口だけなら意味ないですが。

    ・・・

    一旦武術訓練を中断してましたが、また再開しようと思います。
    秩父の例の場所に行くときはなるべく一人で行くことは避けるようにします。

    この事件では東京在住のhagexさんが低能先生の住んでる福岡に来た時を狙われました。
    おそらく低能先生は東京に行く金がなかったのでしょう。
    しかし三鷹ストーカー事件など遠くから遠征してきた例もあるので、相手が遠く離れた京都や徳島だからと言って油断は禁物です。

    京都に帰った時を狙われたら元も子もないので、やはり臨時休業は告知しない方針で行きます。
    一応人気商品は持って行きますのでいくつかの商品は臨時休業中でも出先から発送できます。
    もしご注文された商品の中に東京に置いてきたものがあればメールしてその都度対処させて頂きます。

    ・・・

    テロに屈するというわけではないのですが、そろそろこのブログで大学の問題を話題にするのはやめてもいいのかなと思ったりもしてます。
    あのアメフト事件があったことも関係して既に政治が動き始めてますし、早かれ遅かれ京大にも是正圧力がかかるものと予想されます。
    それに私自身これ以上泣かされる学生を出してはいけないという正義感から注意喚起を続けてきましたが、学歴ロンダリングに夢見て飛んで火に入る夏の虫はいなくなりません。

    まあ私も京大の問題点を指摘していた先輩の忠告を無視して突撃したわけですから、そういう人を止める必要はないし止められないでしょう。
    中に入ってから「こんなはずじゃなかった」と思った時に学校や会社を損切りする勇気大学院生・大学院志望者のためのアカハラ対策マニュアルに目を通してくれたらなと思います。

    最近アカハラ対策マニュアルへのアクセスが増えてるので、やはりアカハラに泣かされてる学生が多いことを憂う半面、これでアカハラと戦うことを決意した学生が一人でも多く出てるであろうと考えるとこの記事を書いた甲斐がありました。

    もう思い出したくもないことですし、古傷を抉るだけなので続きは政治に近い人に任せて行こうかなと思います。
    奴らに直接危害を加えられなくても常に奴らのことが頭にあるとそれだけで健康を害しますので、護身という意味でももう忘れたほうがいいのかもしれません。

    地震・気象兵器の嘘と真実

    2018.06.18 Monday

    今朝大阪北部で大きな地震がありました。
    大阪北部や京都在住の皆様はご無事でしょうか。
    熊本地震の時は最初の地震から数時間経過後に本震が来たことで被害が広がったというケースがありますので、万が一に備えてお風呂に水を貯めておくなどの対応をおすすめします。

    また、小さなお子様のいるご家庭では絶対にパニックを起こしてはいけません
    私は阪神淡路大震災を経験していますが、地震そのものよりも大人のパニックのほうが嫌でした。これはトラウマになってます。
    いい年をした大人がパニック、これは大人げないだけでなく二次災害の原因となりますので絶対にやめましょう。

    ・・・

    さて、表題の件ですが、大きな地震が起きると「地震兵器だ」と言う人が出てくるのが一種の風物詩になっています。
    地震兵器なんてものが存在するのか? それが被害が起こるような地震を引き起こせるのか?

    いずれも嘘です。

    小さな地震であれば穴を掘って爆薬を仕掛けるなどすれば起こせますが、それで体に感じる地震が来るのはせいぜい数キロ、被害が出るかというと全く出ません。
    核実験レベルなら近くにたまたま活断層があると刺激されて動く場合があります。北朝鮮の核実験で刺激されたと思しき地震も実際にありましたが、それは既に歪みが溜まっていたので核実験がなかったとしても早かれ遅かれ動いていたでしょう。
    核兵器で歪みが溜まってそうなところをピンポイントで刺激して地震を誘発するぐらいなら核兵器をそのまま使ったほうが手っ取り早いです。
    しかもそのような場所はほっといてもいずれ地震が起こるので、それをわざわざ誘発したところで兵器としての意味は全くありません。

    以上のことから地震兵器は存在しないと結論付けられます。

    ・・・

    では気象兵器は存在するのでしょうか。
    こちらは何とも言えません(あえて言いません)が、少なくとも実現可能であることだけは確かです。

    地震の場合は相手が厚さ数キロにも及ぶ岩盤ですので、歪みが溜まってるところを核兵器でピンポイント攻撃しない限り地震らしい地震を起こすことは不可能です。
    ところが相手が大気の場合はそれよりも遥かに簡単に操れてしまうのです。

    人類による気象操作は古くから行われていましたし、今日でも人工降雨は実用化されています。
    よく知られてるのは雨乞いで、火を燃やすことで上昇気流を発生させて雲ができやすくします。
    この時にある植物の葉っぱを燃やしたり爆竹で大きな音を出したりするとそれが凝結核になったり、過冷却状態を破る刺激となるのでより効果的です。
    葉っぱを燃やす、爆竹を鳴らすはそれぞれアフリカと中国で見られる文化です。

    日本の雨乞いでも太鼓を鳴らしたりしますが、それが刺激となって雨が降りやすくなることを昔の人は経験的に知っていたのでしょう。

    今日では主にアフリカのやり方、つまり凝結核となる物質を散布する方法が実用化されています。
    凝結核としてよく使われているのはヨウ化銀という化学物質で、多摩川上流の小河内ダム付近にはヨウ化銀を加熱して蒸散させる装置が設置されています。
    雨が降らない時はこれを作動させることで気休め程度ですが都内の渇水を緩和することが期待できます。

    気象兵器も基本的な原理は雨乞いと同じです。
    ただ雨乞いとの違いは煙モクモクというレベルではなくロケット等を使ってダイレクトに上空に凝結核を散布します。
    実際に中国では北京オリンピックの開会式を快晴で迎えるためにロケットで風上に雨を降らし、雨雲を撃退しました。
    戦争の時はこのロケットを使えば敵国に豪雨や干ばつを引き起こせることになります。

    ・・・

    去年、私が埼玉県内の山岳地帯に行った時のことです。
    駅にいた時は晴れてたのに山に入ったら突然雷とともに大雨が降ってきました。
    しかもこれは2回ありました。

    何の用があってそこに行ったかというと、京大アカハラ問題やその他いろいろタブーの話をするためです。

    裏で糸引いてる奴らがついに気象兵器HA○RPで攻撃し始めたか!

    到着した時そう思いましたし、現地にもそれを疑う人がいました。
    HA○RPとは電離層に電磁波を照射する研究施設(表向きは)のことで、本家はアメリカにあります。しかし構造が単純であるため然るべき波長の電磁波を電離層に干渉できる強度で出せるものでしたら何でもその代用になります。
    また、メーザー(レーザーの電波版)を用いることで移動式気象兵器も可能かもしれません。

    HA○RPの動作原理は電離層を刺激することで下層大気への宇宙線の入射量を増加させ、それが凝結核となって雲が発生しやすくなるものと考えられます。

    いろいろ議論した結果あの雷雨は気象兵器ではない、たまたまゲリラに見舞われただけだろうという結論に落ち着きました。
    ロケットよりも低コストとはいえ、広範囲の気象に影響を与えうるものを私個人に攻撃するためだけに使うのはいくら裏で糸引いてる連中であっても考えられないことです。

    しかしこれで気象兵器の存在が否定されたわけではありません。もし今なかったとしても今後作られる、あるいは気象兵器として作られたわけではないものが気象兵器として転用されることは大いに考えられます。

    怪しいのは京大の前の総長が研究していた宇宙太陽光発電で、これも気象兵器として転用可能です。
    こんなものに1兆円もの科研費が出てたというのはどう考えてもおかしいわけで、エネルギーフラックスが1.4kW/m2(太陽定数)を超えなければ太陽光発電と渡り合えません。
    焼き鳥野郎はそれよりも遥かに低い100W/m2で送電するとほざいてます。
    こんな素人でもダメだとわかるものに巨額の科研費が降りてるのは当然裏があります。

    HA○RPなんかは局地的にしか気象操作できませんが、宇宙兵器なら世界中どこでも、場合によっては台風の発生や進路までコントロールできてしまうかもしれません。
    こんなものが実現していいわけがないでしょう。

    ・・・

    地震兵器は不可能だし存在しない、気象兵器は可能でそれに転用できるものは既に存在するし作ろうとする者もいる。
    実際に兵器として使われたことがあるかどうかはわかりませんが、以上が地震兵器と気象兵器の嘘と真実です。

    投資とギャンブルの違い

    2018.06.17 Sunday

    私は投資をしてますがギャンブルはなるべくしないようにしてます。
    パチンコ、競馬、競輪、宝くじなど言わずとしれたギャンブルは全くしませんが、投資のつもりがいつの間にかギャンブルになってしまってたことならあります。

    投資とギャンブル、一体何が違うのでしょうか。
    一番わかりやすい違いは期待値です。期待値とは投資額が平均してどれだけ増えて、あるいは減って返ってくるかということです。
    パチンコは0.9、競馬や競輪は0.8、宝くじは0.5ほどと言われてます。つまりこれらは当てずっぽうにやれば必ず損するのでギャンブルであると言えます。

    株は1年間続ければ平均して15%のリターンがあります。配当と自社株買いによるものです。
    こちらは期待値がプラスなので我慢強ささえあれば当てずっぽうにやっても勝てます。ただしタイミングと銘柄選定が悪ければやはり負けますので最低限の分析は必須です。
    ただ、配当が無視できるほどの短期でやった場合は証券会社に払う手数料分だけ損しますのでギャンブルになってしまいます。

    微妙なのはFXです。
    FXも株でいう配当にあたるスワップポイントがあり、それを考慮すれば期待値はプラスになりそうです。
    ただ、スワップポイントは金利から出ているもので、金利はインフレを抑えるためにあります。
    金利平価説に従えば高金利通貨はそれだけ減価しやすいのでスワップポイントを考慮してもゼロサムあるいはマイナスサムゲームになるという論調もあります。
    実際には金利平価説は当てはまりませんし、為替市場のプレーヤーはFXトレーダーよりも実需が圧倒的に多いので、全体がゼロサムだったとしてもFXがゼロサムである理由にはなりません。

    FXトレーダーの収益はどこから出てるのか

    ・・・

    投資とギャンブルの境目は意外と漠然としていて、長い目でよく考えてやれば投資になるものも近視眼的にやってしまうとギャンブルになります。
    「投資のつもりがいつの間にかギャンブルに」というのはこういうことです。長期で持ちこたえるためにはレバレッジを低くして少々の暴落でも平気なように手堅くやる必要がありますが、ついつい欲を出してレバレッジを上げてしまうと暴落時にやられます。
    実際2月のVIXショックでやられてしまったので、これに反省して投資手法を見直しました。

    株にも為替にも裏で相場を動かしてボロ儲けしてる卑怯者がいます。卑怯者は暴落(急騰というパターンもある)を発生させてそれでボロ儲けします。
    リーマンショックも、スイスショックも、VIXショックも、卑怯者によって引き起こされました。レバレッジ規制騒動の本当の理由も卑怯者が今以上にさらにボロ儲けしたいからです。
    卑怯者は資金力がありますので各国の政府までコントロールできてしまうのです。

    もしかすると株もFXも卑怯者ではない善良な市民にとっては実はマイナスサムゲームなのかもしれません。
    相場で安定的に勝つためには卑怯者の行動パターンを読むということが必要になってきます。

    ・・・

    投資のつもりがギャンブルになるのは相場に限った話ではありません。
    受験戦争や学歴ロンダリングは世間一般にはそのコストを後の人生で回収可能な投資だと思われてますが、経験者から見るとそれこそギャンブルではないかと思います。

    それもパチンコや競馬よりもずっと悪どいギャンブルです。

    受験戦争は多くの軍資金が必要で、子どもの頃のかけがえのない時間を勉強に費やすことで多くの機会損失が発生します。
    また受験戦争を勝ち抜いても勉強について行けなかったりアカハラでやられることも珍しくありません。
    入学しても戦争は続くのです。

    そして就職すれば回収できるかどうかというのも怪しいと言わざるを得ません。
    おそらく京大生が好んでいくような大手もかなりブラック化してるであろうという確信があります。京大が上場企業にDQNを数多くねじ込んでるのをこの目で見てきたからです。
    アカハラに加担するようなDQN学生が就職先でパワハラをやらないわけがありません。おそらく今頃新人をいじめまくってることでしょう。
    既にクソーリンチルドレンのせいで退職に追い込まれた人もいるかもしれませんね。

    これも相場と同じでずる賢いやつとかならず者ばかりが勝って、生真面目な人は平均すれば負けてるのかもしれません。
    それに国立大学はそれだけのコストに見合った教育を提供してくれません。
    当時はクソーリンがハズレクジだった、京大がハズレクジだったなどと考えてましたが、どうやら国立大学はどれもこれも似たようなものだったようです。
    そして私立はまだマシかと思いきやアメフト事件が起こってしまいました。

    ある程度有名な私立は国立と同じでグズグズに腐っていて、胴元(教授や経営陣)とイカサマ学生ばかりが得をする世界です。
    国立は税金がぶっ込まれてるので挑戦しなければ損という考え方もありますが、挑戦するのであれば損切りラインを決めてから入ることをおすすめします。

    それにしてもこんなパチンコよりも遥かに遥かに悪どい不健全な賭博場が教育機関の皮を被ってるのは大問題ですね。
    教育機関は本来人を選別するようなものではあってはならないはずです。

    理想を言えば希望者は全員入れるべきです。
    ただそれはコスト面から無理があるので、仕方なく定員までに絞るために入試があるのではないでしょうか。
    「たまたま入っただけ」は完全なるアカハラ発言です。

    そして入った人全員には平等に扱われるべきで、落ちこぼれを出すことはとにかく避けるべきです。
    ところが現実は気に入らない学生をいじめたり、学生同士を対立させたりしています。
    受験勉強を頑張ったのが馬鹿らしくなりましたよ。
    数年にもわたる努力を否定するような発言ももちろんありました。

    多くの学生が脱落に追い込まれた中で私が最後まで乗り切ったのは、根性というよりは単にギャンブル脳で損切りができなかっただけではないかと思ってます。
    原価のない京大卒の学歴がほしくてアカハラを我慢するのは当たりが出るまでパチンコに張り付くのと何が違うのでしょうか。たまたま出たから良かったものの、出る前にお金がなくなったかもしれないのに。

    ・・・

    世の中には投資の皮をかぶったギャンブル、それも蓋を開けたらパチンコや競馬よりも遥かに悪どいものがあふれています。
    それもイカサマ師に限定して言えば投資なのです。
    逆にギャンブルとして認知されてる競馬や競輪は選手に対する投資と考えることもできます。
    実際に競馬で安定的に勝ててる人もいるので、そういう人にとっては競馬は投資と言えそうです。

    投資とギャンブルの違いを決めるのは結局のところ自分自身なのかもしれません。

    キムトラはじきに仲違いする

    2018.06.13 Wednesday

    昨日、歴史的とも言われた米朝首脳会談が行われました。
    まず握手から始まり、特に言い争い等もなくあっさり終わったようです。

    はい、茶番劇乙です~^^

    今回の会談の成果は何かと言うと単なる合意です。
    しかも非核化費用は日韓が出せ? 冗談じゃねーよ。
    キムトラよ、お前らでやれ。日頃から相場を動かしてボロ儲けしてんだからできるだろう。

    非核化費用を韓国が出せるかと言うと無理でしょう。
    もしかするとムンは出すと口走るかもしれませんが、韓国経済にそんな余裕はないので言った途端ムン政権はおしまいです。
    クネのように刑務所行きになります。

    さて問題は安倍のほうです。
    今までトランプにいろいろ貢いだ実績があるので、もしかしたら韓国の分まで出すかもしれませんね。そうなったら最悪です。
    しかしさすがにこの要求は飲めないような気がします。

    誰も非核化費用を出せないとなればやっぱり振り出しに戻るわけです。
    したがってキムトラが程なくして再び仲違いする可能性は高いと言えるでしょう。

    ・・・

    本当に朝鮮戦争が終わることが期待できるのであれば円安、株高がもっと進行しないとおかしいはずです。
    しかし大して動かなかった。これはどういうことかというと市場は冷ややかな目で見てるということです。
    一部の脳天気な個人投資家と、それに乗っかる順張り勢で動いたに過ぎません。

    もしかすると茶番劇の筋書きを予め知ってる連中がいずれ決裂することを前提に空売りして売り圧力をかけてるのかもしれません。
    2月のVIXショックの時もショックが始まる1ヶ月前からその前兆のような動きがありました。ショックが起こることを予め知っていた連中がいたのです。
    むしろ、ショックは意図的に引き起こされるものと言えるでしょう。

    そう考えればレバレッジ規制の真の目的が何だったかというのも見えてくるのではないでしょうか。

    ページ先頭へ