ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    手相占いはなぜ当たるのか

    2018.11.29 Thursday

    去年のクリスマスは好きな人と都内と横浜でデートしました。
    あれからもう1年近く経つわけですが、今年のクリスマスは多分ぼっちだと思います。
    もしかするとクリスマス会に行くかもしれませんが、そこに好きな人はいません。

    ・・・

    さて、去年のクリスマスはある一つの転換点でもあります。
    それは私が手相占いに興味を持ったことです。

    当時の記事はこちら
    永久に片想い?

    デート2日目、両国のホテルを出発して錦糸町に寄ってから横浜に行きました。
    当初占いに行く予定はありませんでしたが、中華街のお店で好きな人が占いに行くことを提案してくれたので適当に安い占いの店を探して入りました。

    占ってもらってびっくり! ちゃんと当たってるではないか!
    これは認知バイアスやバーナム効果なんてレベルではなく、かなり細かいところまで言い当ててました。
    相手の方も同様です。
    この時に惜しかったなと思ったのは相性を占ってもらわなかったことです。気まずくなるのを恐れてのことでしたが、もし占ってもらったらこれが良いきっかけになったかもしれません。

    これ以来手相占いに対する考え方が変わり、後日その店に一人で足を運んだことは秘密です。

    ・・・

    タロット系は乱数ですので今でも懐疑的ですが、手相のほうは実際に当たるのです。
    占い師はこれを「統計学」だと言います。

    手相占いが当たるのは先人が積み上げてきた経験則の賜物で、統計的にもそれは確かなのでしょう。

    ただ、なぜ当たるかという科学的な裏付けについては占い師もうまく説明できないと思います。
    私はもともと科学畑、それも生物学が専門ですのでそこに切り込んでいきます。

    ・・・

    手相は遺伝形質として生まれつき持ってるものであり、また後天的に変形していくものでもあります。
    利き手は未来を表し、利き手じゃない方は過去を表します。これは利き手のほうが使用頻度が高くて手相が変形しやすいためのように思えますが、実際はもっと複雑な分子生物学的過程が関係してるのかもしれません。

    発生学的な手相の形成過程ははっきりとわかってませんが、性格に関係する遺伝子との相互作用でバリエーションが出るのではないかと考えられます。これは性格が顔に出る説にも通じるところがあります。

    DNA→mRNA→タンパク質

    この過程は分子生物学のセントラルドグマとして知られています。そして、近年はRNAがDNAとタンパク質の単なる橋渡し役だけでなく様々な機能を持つことが明らかになっています。
    手相とは直接関係のない遺伝子が手相に影響を与えるのはRNAが干渉したり、あるいはその遺伝子自体が何らかの副反応を起こすためかもしれません。
    例えば、性格や感情に関係するある遺伝子が発現して特定のコドンに対応するtRNAが消費された結果、同じコドンを持つ手相に関係するmRNAの翻訳にブレーキがかかるといった副反応が考えられます。

    DNAが後天的に変わることは(免疫細胞を除いて)ありませんので、手相の形成や変形にはRNAやタンパク質の副反応が関わってると考えるのが自然です。

    ・・・

    手相は私の専門ではないためラフにしか議論できませんが、遺伝子発現の副反応が関係してることだけは間違いないと思われます。
    これは大変興味深いことだと思うのですが、残念なことに科学とスピリチュアルは敵対関係にあるためほとんど手付かずなのではないでしょうか。

    はっきり言って生物学者の多くは生物のことなど何もわかってません。
    「君はなにもわかってない」とほざいてた京大のクソーリン然り、なまじ知識と学歴と社会的地位があるからこそ自分の知識がこの世の全てだと思いこんでしまうのです。
    私はこのことに早めに気づいたからこそ生物から化学へと移ったのですが、残念ながら・・・京大に私の期待してたものはありませんでした。

    関連記事
    化学と生物学の関係

    しかし上京してからの4年間で秩父や横浜、飯能で素敵な出会いに恵まれましたので、科学とスピリチュアルの橋渡し役的なポジションを目指しつつあります。

    本当は科学とスピリチュアルはもっと仲良くすべきだと思います。

    最近中国で人間の遺伝子をいじってエイズに耐性を持った赤ちゃんを作ったというニュースがありましたが、これは大変危険なことです。
    大事なことなのでもう一度いいますが生物学者の多くは生物のことなど何もわかってません
    何もわかってないからこそこんなことができてしまうのです。

    遺伝子とは情報である、情報をこうやって弄くればこういうことができる。それはそうでしょう。
    自然に起こってる進化の過程もそう大きく違うものではなく、人為的に進化を加速させてるだけと言えます。
    ところがこれが問題で、自然に起こる進化は何万年という気の遠くなるタイムスケールで起こるもので、環境と折り合いをつけながら調和的に変化していくものです。
    しかしゲノム編集のような人為的な進化はそれらをすっ飛ばして出し抜くものであり、危険な副作用を伴います。
    これは人類を滅ぼし、地球全体の生態系に不可逆的なダメージを与えるかもしれません。

    ・・・

    科学者は悠久の歴史を持つ自然界に対して畏怖の念を持つべきであり、生物を都合のいいように改変しようと考える前に生物からもっと多くのことを学ぶべきです。
    人類も他の生物も40億年かけて作られ、絶え間なく手直しされ続けてきた大変完成度の高いものです。これをたかだか200年程度しか歴史のないテクノロジーで今よりも良い形に改変できるでしょうか?
    それが一見良いように見えてもあとから問題が出てきてその問題のせいで人類が滅亡の危機に立たされることだけはあってはなりません。

    生物系の皆さん、画面の前で私のことをボロカスに言ってる京大や京大OBの皆さん、どんなに優れた能力も人間としての高潔さがあってはじめて価値を持つものだということを肝に銘じておいてください。

    東京で過ごす4回目の誕生日

    2018.11.25 Sunday

    今日は何の日?フッフー

    私の誕生日でした。
    ちなみに椎名林檎も今日が誕生日です。

    あーあ、ついに私も30歳ですよ。
    20代、長かったようで短かったなあ。10代はわりと長かったが。
    なんだか成人式がまるで去年のことのようです。

    ・・・

    10代を振り返ってみると、子どもから大人になっただけでなく成績劣等者から成績優秀者に成り上がった10年でもあるので大変変化に富んだ10年間でした。
    それと比べると20代は変化に乏しいですが、それでも全く退屈しないほどにイベントが盛り沢山でした。

    20〜22歳は私立大学生物学科にいました。大学に迷惑がかかってはいけないので大学名は伏せさせて頂きますが、成績優秀者の夢を見させてくれたいい大学でした。
    ただ大学のネームバリューがなく、また生物学よりも化学に興味が出てきたため京大に行くことを決めたのは20歳の頃でした。

    22歳の時に京大の院を受験して無事に合格しました。1浪して紆余曲折はありましたが、念願の京大生になれたわけです。
    ところが入ってびっくり、天下の京大に似合わないような品格の教授や学生がアカハラをしてきました。
    今の私だったらここで損切りをしたでしょうが、当時は1浪までして入ったのであきらめるわけにもいかずどうにか粘りました。
    完全に研究意欲も削がれましたが修論は惰性で乗り切りました。まあ半分やり逃げみたいなものでしたが。
    この努力が正しかったのか、評価が分かれるところです。経営者仲間からの評価はいいが投資家からの評価はすこぶる悪い。答えが出るのにまだ10年はかかるでしょう。

    店を始めたのは24歳の頃でした。京大のM2の時で、インターンで東京に行ったのがひとつのきっかけとなったように覚えてます。
    今でこそ東京での生活を維持できる程度には売上がありますが、開業当初は月の売上が2000円もザラでもちろんアホ教授とバカ学生はもちろんこれをネタにいじってきました。

    25歳になってようやく理不尽なクソ研究室から解放されました。よし、これでやっと商売に集中できる。そう思ったのが甘かったね。
    売上が伸びず金欠が続いたことに加えて家の中の居場所がなくなっていく。なんか邪険に扱われてるような気がする。

    こういうことが積み重なってついに家にいるのが嫌になって2015年2月に自転車で上京しました。26歳の時でした。
    どこかに出て行くということはその1年前、つまり京大を出た直後に一度検討したのですが条件が合わずうまくいきませんでした。
    今度は住む場所も決めずにいきなり上京です。途中、真夜中の墓地に迷い込むという恐怖体験もしつつ6日かけて東京にやってきました。
    ネカフェや知人宅に泊まりながら家探しをするというなんとも過酷な旅で、トラブルもいろいろあり、初っ端から辛かったです。

    上京して間もない頃は金欠と孤独で京大の頃といい勝負なぐらい辛くて帰りたくなったりもしましたが、だんだん友達もできて東京が気に入りだして都会生活をエンジョイするようになりました。
    26歳はとにかく婚活を頑張ってました。おかげで結婚話が出ましたがあっけなく破談に。
    27歳で紆余曲折の末に婚活の失敗を認めることになり、長く続けてきた婚活を一旦中断して結婚を完全にあきらめるか既に出会った中から探すという方向に切り替えました。

    また、26歳は投資を始めた歳でもあり、27歳は投資家として戦略を確立していった歳であります。28歳の時にその戦略は成功し、29歳の時に今度はそれが仇となって大損してしまいました。
    本業のほうは月ごとで見ると波があるものの年で見ると売上はコンスタントに伸びており、最初は指数関数でしたが現在は鈍化して直線的な緩やかな伸びになっています。
    一体あと何年で私は風船界の前澤友作になれるのでしょうか。

    20代最後の29歳は好きな人と東京・横浜クリスマスデートに始まり、2018年に入ってからは株暴落やNEM盗難事件、トルコショックで多くの損失を被ってしまいました。度重なる自然災害も売上を落ち込ませましたが、前半の売上があったおかげで年間を通しての売上は去年を大きく上回ってます。ただ株や為替取引で損を出してしまったのが痛いです。

    さて、本日は(書いてるのはもう26日だが)人生の重要な節目に相応しい出来事がありました。
    それは別のアプリを開発する仕事が舞い込んできたことです。
    これは風船と直接関係ないので本業優先であくまで暇な時に作っていくものですが、当店のアプリやサイトの技術がかなり転用できるのでちょうど良かったです。

    なお、現在当店のサイトとアプリは水面下で統合作業を進めており、商品検索の精度と使い勝手を改善して探している商品をすぐに見つけられるようにする予定です。
    サイトの表示も若干ですが速くなると思います。

    ・・・

    30代最初の1年は売上をもっと増やし、風船界の前澤友作に向けた一歩を踏み出していこうと思います。
    20代の10年間は全体を通して金欠で、常にほしいものが一部しか手に入らず場合によっては三度の飯にすらありつけないような生活を強いられてました。
    かつて京大の同じ研究室で過ごした同年代のアホカスにもおそらく所得水準では何倍も、もしかすると10倍ぐらい負けてるでしょう。要領の良さしか取り柄のない人間のクズのほうが良い生活ができるのは間違ってると思いますし、負けてるのは悔しい。

    次の10年はかつて落ちこぼれからトップに君臨した10代のようなゴボウ抜きを再現することを目標にしていきます。
    もしかすると10年後の40歳の誕生日は宇宙空間で迎えてるかもしれません。

    グラビアアイドルを恣に抱きまくったグッドウィル会長の折口がスピード違反で逮捕というあまりにも情けない末路を辿りました。日産のゴーンもそうです。
    名高い成功者が一夜にして転落するということはその逆も言えるわけで、上がるほうは一夜というわけには行きませんが落ちこぼれから成功するチャンスはいくらでもあります。

    飯能のムーミンパーク、metsaに行ってきました

    2018.11.10 Saturday

    今日はオープンしたばかりのムーミンテーマパーク、metsaに行ってきました。
    オープンは昨日でしたので、今日はオープン翌日ということでできたてホヤホヤを見てきました。

    以前metsaについてブログに書いたことがありますが、もともと2017年4月にオープン予定だったのが大幅に遅れた形となります。

    カブトムシ、ムーミン、ミイ入荷

    metsaはメッツァと読み、埼玉県飯能市にあります。



    飯能といえばムーミンの街でもともと飯能にはムーミンがテーマのあけぼの子どもの森公園がありましたし、飯能のふるさと納税は返礼品にムーミングッズを選ぶことができます。

    埼玉県飯能市[はんのうし]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道 | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]



    2018年11月10日現在は入場無料で、入ったらまずレストランとおみやげ屋さんらしき建物が目に入りました。
    今日は人が多くて一人では入りづらかったですが、次回はここでお土産を買おうと思います。





    宮沢湖でボートに乗れます。是非好きな人と行ってみたいですね。



    南側(左)に行ってみると紅葉がきれいでした。



    絵になりますね!



    奥まで行くとまだオープンしてないお店があり、そこで行き止まりっぽかったですが横から山に入る道があったので山に入ってみました。



    前の台風の影響か木が倒れてました。
    それと山道に橋がかかっていてゴーカートのようなものが通ってたのでこれもひとつのアトラクションかと思いきや近隣のゴルフ場のゴルフカートだったようです(笑)



    山道を歩いてるとパークの入り口付近に出てきましたが、途中で駐車場がよく見えました。
    早速観光バスが来ていることが見て取れます。また、奥のほうは昔からここにあった宮沢湖温泉の駐車場で、共用となってるようです。



    次に右へ行ってみます。奥に見えるのがダムの堤防です。



    お花畑。



    堤防の上から。



    反対側はこんな感じ。



    ちらっとですが大岳山が見えました。

    この奥の森にも入ってみましたが、まだ工事中のようです。
    来年にはさらにアトラクションが増えるようなので実に楽しみです。
    近くですので気分転換にたまに足を運ぼうと思います。

    皆さんも機会があれば是非行ってみてくださいね。


    移民政策は双方向であるべき

    2018.11.08 Thursday

    アメリカの中間選挙では上院で共和党、下院で民主党が勝つというねじれ状態になりました。
    もっともねじれはオバマも経験したことであり、トランプにはお灸を据えられたと思って残りの任期を頑張ってもらいたいところです。

    さて、なぜかこのタイミングで中米からの移民だか難民が隊列をなしてアメリカに向かっています。
    タイミングからして実に怪しいのですが、移民がわんさか入ってくるというのはヨーロッパもかつて通った道であります。
    トランプはもちろん移民に軍をけしかけて、発砲するかどうかはともかくとして絶対に入れないつもりです。

    ・・・

    ところでアメリカの人口は2億人ぐらいいます。そこに1万人の移民が入ったところでお風呂に大さじ一杯の醤油が入る程度、微々たるものではないでしょうか。
    よく移民が入ると治安が悪くなると言う人がいますが、犯罪率が2倍の移民が人口の半分を占めるようになってやっと治安が1.5倍悪くなるという程度です。
    仮に単純計算以上に治安が悪化したとすればそれは単に警察が無能なだけです。

    アメリカはもともと移民の国であり、トランプももちろん移民です。もっと言うとインディアンも氷期にベーリング海が陸地になった時にユーラシア大陸から入ってきた移民です。
    移民を排除するということは自分たちの存在意義を否定することであり、しいてはアメリカという国自体を否定することになります。

    お風呂に大さじ一杯ぐらい入れてやれよと思うのは私だけでしょうか。
    それを許せば次から次へとわんさか来るかもしれませんが、その人口増加分は少子化と相殺すればやはり微々たるものではないでしょうか。

    ・・・

    移民問題は日本も対岸の火事ではなく、少子化を移民で穴埋めしようという論調は珍しいものや突飛なものではなくなりました。
    それに、かつて移民として入ってきた朝鮮人にまつわる揉め事は今も続いています。
    安易な移民政策は間違いなく数十年にわたって揉め事の種となるでしょう。

    とはいえ移民は悪いことばかりではありません。
    移民してくる側は当然ながら安全や快適さを求めて入ってくるわけで、場所を変えることによって安全で快適な生活が手に入れば移民は成功です。
    来た方は安価な労働力で少子化を穴埋めできる他に、遺伝子プールに外部の遺伝子を取り込むことで病気の耐性を強めたり優秀な学者や選手を出すことに繋がります。

    毎年のようにインフルエンザが流行しているのは地域個体群(この場合は日本人)の遺伝子が揃ってしまっていて免疫を簡単に突破できてしまうためです。
    この遺伝的多様性が増加すれば少しは突破されにくくなり、それはウイルス自体の進化にブレーキをかけることになります。

    ・・・

    移民で揉めるのは「一方通行」を前提としたものだからではないでしょうか。
    アフリカから欧州へ、中南米からアメリカへ、アジアから日本へ。
    一方通行に移民すれば元いた人は雇用を奪われたり、言われてるほどの影響はないとはいえ治安が悪化するかもしれません。
    そうなった時に元いた人は逃げ場がないから揉めるのであり、元いた人も同じように自由に移民できたら今みたいに揉めることはないのではと思うのです。

    中南米からアメリカへ移民するのであればアメリカから中南米に移民する権利も認められるべきでしょう。
    欧州、アフリカ、アジアも同様です。
    日本もアジアからの移民を受け入れると言ってますが、それをするのであればアジアへの移民も受け入れてもらわなければ不公平です。

    最終的には全世界で好きな国に住むことができるというのが理想です。
    世界で通貨を統合するという試みはビットコイン等仮想通貨の出現であっさり成功しつつあります。
    次は世界の政治が統合されるべきであり、それは国連が各国を下部組織として統治することになるのか、仮想通貨のようにブロックチェーンで分散的に行われるのかわかりません。
    しかし織田信長の時代は日本さえ統一されてなかったわけで、いずれ世界が統一されて移動が完全に自由になることを展望するのは荒唐無稽ではないと思います。

    ページ先頭へ