ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

    Feed

    CCSなんかもうやめよう

    2019.02.24 Sunday

    ブログのSSL化作業を1月中に進めてたのですが、体調を崩したりリア充兄妹の祝事があってあたふたしてるうちに確定申告シーズンに突入してしまったため2月中には難しそうです。
    なお、ショップのほうは一昨年にSSL化してますので安心してご利用ください。まだなのはブログだけです。

    多くのショップオーナーはショップサイトやブログの技術的な部分は全て業者にやってもらってると思いますが、私は技術がありますのでサーバーだけ借りてあとは自分で作ってます。
    サイトはHTML、JavaScript、CSSから構成されています。サーバー側はPHPやPythonで作られてますが、今見てるページはこの3種類でできてると言っていいです。
    そしてSSLとはこれらのデータを暗号化して送る技術であると言えます。

    HTMLはタグによって構造化されたデータで、Webページの基本となる形式です。
    JavaScriptはブラウザ上で実行されるプログラムで、HTMLの中に埋め込まれています。
    CSSはカスケード・スタイル・シートの略称で、Webのデザインを決めるものでJavaScriptと同じくHTMLに埋め込まれています。

    ・・・

    さて、今日の本題はCCSです。CSSではありません。
    CCSとはCO2を地中深くに加圧して封じ込めようとする技術のことです。
    北海道でまた地震がありましたが、鳩山由紀夫元首相がCCSが原因ではないかとツイートして話題になっています。

    これが問題のツイートです。




    「CCSによる人災と呼ばざるを得ない」と言い切ってるところがうーん、という感じです。
    北海道警察はこれをデマとして注意喚起しています。

    確かに、鳩山元首相の言い切る態度はどうかと思います。しかし北海道警察もそれをデマだと断定してる時点で同じではないでしょうか。
    これは性的や暴力的なコンテンツが犯罪傾向に繋がるかどうかという話と同じで、因果関係が立証できない以上は議論するだけ無駄です。

    私も一応専門家の端くれとして言わせてもらうと、「もともと歪みが溜まっていた場所にCCSなんかで刺激を与えたらそれがトリガになって地震が誘発されてもおかしくない」程度の話です。仮にそうだとすればCCSがなくてもいずれ地震が起きてたと言えます。

    ・・・

    そもそもCO2を地面に埋めようという話自体がナンセンスだと思います。
    これが地震のトリガになったかどうか関係なしにCCSなんかもうやめようよ。

    まずCO2と温暖化の関係自体よくわかってません。早い話因果関係が立証できないわけです。
    因果関係がよくわかってないものを原発推進に利用したのがイギリスのサッチャー政権で、そのために設立された利権団体がIPCCです。
    実際のところよくわからないものをさも因果関係があるかのように定説として定着させ、そしてCO2を減らすべき悪者だと吹聴してきました。

    CO2を減らすことはエネルギーを節約することになるのでそれ自体は悪いことではありません。実際、CO2削減キャンペーンのおかげで自動車や発電所の燃費が向上したのも事実です。

    ところがCCSだけはダメです。何がダメかというとCO2を地面に埋めて誤魔化すだけで実際の排出量はむしろ増えてしまうからです。
    地面に埋めたCO2が絶対に出てこない保証はありませんし、加圧して埋める時にエネルギーが必要です。つまり同じ量の燃料から得られるエネルギーが目減りして、これが資源の無駄遣いとなるわけです。

    地面に埋めたCO2がどんな挙動をするかよくわからない以上こういうことをすべきではないでしょう。
    CCSで得をするのは利権団体や御用学者だけです。税金の無駄ですから今すぐやめましょう。
    もしCCSがなければ鳩山前首相が変なツイートをすることも、北海道警察や気象庁がデマ認定することもなかったわけです。

    CCSに限らず温暖化やCO2が絡む研究はどれもこれも胡散臭いものばかりです。
    排出されたCO2を経済的合理性のある資源として利用しようというならいいですが、ただ捨てるために穴掘って埋めるだのドライアイスにして海に捨てるだのはただの利権目当てでしょう。

    オーストラリアの思い出

    2019.02.13 Wednesday

    今日は2月13日の水曜日です。
    私にとって13日の水曜日とは13日の金曜日以上に忌まわしき日で、それも2月13日の金曜日となればもう震え上がるぐらい恐ろしい日なのです。
    そんなわけで今日は配送以外引きこもって大人しくしてました。

    ・・・

    遡ること11年、2008年2月13日。
    その時私はオーストラリアにいました。
    まだ投資もしておらず語学研修目的で来たはずでした。ところが思わぬトラブルに巻き込まれて大変な目にあったのです。

    11年前の今日、些細なきっかけだったと記憶してますが、同じ大学(京大ではない)から来たDQNに喧嘩を売られました。
    うまいこと逃げ切ったと思いきや追いかけてきました。万事休す。そこから先は記憶がないですが多分喧嘩になったのでしょう、DQNともども拘束されてました。

    あのDQNが何を言ったのか知りませんが、いつの間にかこっちが悪いことにされてました。
    奴のほうが英語が得意なので今度はあっちがうまいこと言って逃げやがったようです。
    語学学校の教職員の奴らも頼んなかった。ああ、オーストラリアってこういう国なんだな、と失望しました。

    それから金をぼられたりお土産を買わせてくれなかったりいろいろあありました。DQNはというと何事もなかったように学校に復帰。
    私はどうなったか?ご想像におまかせします。

    ・・・

    投資家の間ではオーストラリアドルは高金利で有名ですが、その高金利は旅行者、留学生、ワーホリ等の犠牲の上に成り立ってるのです。
    というわけで投資で旅費やぼられた分を取り返すことを決意しました。

    結果、取り返せました!

    YahooのFX掲示板でこの話をしたら「お前が悪いだけだろ、ファンダメンタルズと絡めるな」とかほざいてた馬鹿トレーダーがいましたが、どうぞそう思って損してくださいという感じです。
    実際そいつはアメリカ大統領選の大相場で退場したのか掲示板から姿を消しました。
    一方で私は豪ドル投資で無事に旅費と予想外のぼったくりを取り返しました。
    どっちが正しかったか言うまでもないでしょう。

    ・・・

    当時の写真が残ってるので、せっかくなのでいくつかピックアップします。
    昔のガラケーのカメラですので画質はあまり良くありません。



    車からの景色。オーストラリア到着の初日に撮影しました。(2008-02-03)







    メルボルンの市街地。東京と比べると小ぢんまりしてるように見えますが、南半球で一番高いビルがあります。後ほど登場します。(2008-02-06)



    馬車が走ってます。日本ではなかなか見られない光景です。(2008-02-06)



    博物館か美術館。どっちか忘れました。(2008-02-06)



    車からの景色。写真じゃわかりづらいですがこの日は天気が良かったです。(2008-02-07)



    バスからの景色。フィールドトリップでフィリップ島へ向かう途中です。広大な牧場にたくさんの牛がいます。(2008-02-09)



    海。青春を感じる風景です。(2008-02-09)

    さて、この4日後に喧嘩を売られたわけです。
    喧嘩した奴はこのトリップで一緒に行ったメンツの中にいましたが、トリップは無事にやり過ごすことができました。
    残念ながら喧嘩を売られた時の写真はありませんが、13日は本来ならビーチに行く予定だったと記憶してます。



    13日以降、別行動になって行動も大きく制限されてしまいましたが、それでもホストファミリーが融通を利かせてくれて私のことを気遣っていろんなところに連れて行ってくれました。今でもとても感謝してます。
    写真に写ってるのはホストファミリーの子どもです。(2008-02-16)





    記憶が曖昧ですが戦争の記念館だったと思います。背後に見える高いビルが南半球で一番高いビルだと思います。ちょっと自信がないので間違ってたらコメント欄で指摘してください。(2008-02-16)

    ちなみにこの場所で私と子どもたちで一緒に記念撮影したのですが、プライバシーに配慮して載せるのはやめておきます。
    写真を見てしみじみ思うのですがあの子たち大きくなっただろうなあ…。



    オーストラリアよさらば。あまりにも早すぎる別れでした。(2008-02-18)

    ページ先頭へ