ブログメニュー

カレンダー

コメント

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

アベノマスクはガーゼとしてなら使える

2020.07.02 Thursday

皆さんのもとにはアベノマスクは届きましたでしょうか。
私はアベノマスクをだいぶ前に受け取りましたが開封すらしてません。
コロナの思い出として記念にとっておくつもりです。

安っぽいガーゼマスクにしてはえらくコストがかかってる、その割にはカビが生えてたりして品質に問題があるなど、巷ではあまり良い話を聞きません。
まあ政府が提供するものにまともな品質と価格を期待するのは野暮というものです。
政府が提供するものは公教育といい国立大学といい、高かろう悪かろうがデフォですから。

ばらまかれた10万円も後から増税で何倍返しにもなって回収されるので覚悟しておきましょう!

余談ですがツイッターにアベノマスクは受取拒否しましたと言うおもしろい人がいました。

無能弁護士から送りつけられてくる脅迫内容証明郵便であれば保管期限まで居留守してたら勝手にUターンしていきますが、アベノマスクは郵便受けに投函されるので受取拒否はできないはずです。
もしかしてこの方の家には郵便受けすらないのでしょうか…。

・・・

それでは本題に入ります。
昨日、ドラッグストアの店員さんにいいことを教えてもらいました。

アベノマスクはマスクとしてではなくガーゼとして見れば使えると。

マスクや消毒液の流通状況は改善してきましたが、ガーゼは今でも品薄です。
切って使ってもいいですし、ひもを結べば固定できるのでテープがない場合の応急処置にも適してます。
災害時の怪我の手当などに使えるので、アベノマスクをまだ使ってない人はもしもの時の備えとして救急箱に保管しておくことをおすすめします。

ところで、アベノマスクを受取拒否したと言う方はダニやカビに汚染されてることを心配されてました。
もちろんアベノマスクをガーゼとして使うのは手元にあるアベノマスクが綺麗で品質に問題がないことが前提です。
個包装された滅菌ガーゼがあればそれを使うに越したことはありませんが、背に腹は代えられない状況ならアベノマスクでも無いよりマシでしょう。

市販のガーゼやタオルでも保存状態が悪ければすぐにカビや害虫に汚染されます。
気になる方はエタノールや熱湯で消毒し、乾燥剤または使い捨てカイロと一緒にジップロックに入れて密閉しておくといいです。
害虫もカビも水分や酸素がなければ生きていけません。

・・・

私もアベノマスクは愚策だったと思います。アベノマスクに限らず政府のやることはどれもこれもろくでもないです。
しかし今更批判しても無駄遣いされた税金が戻るわけでもないので、どうにか有効利用する方法を考えたほうが建設的ではないでしょうか。

アベノマスクをガーゼとして使うことを教えてくれた店員さんは私の知り合いです。
マスクや消毒液が品薄だった頃はうるさいお客さんの相手に心を砕いてました。

今後大地震などでガーゼが品薄になり、記憶に新しいマスク戦争が今度はガーゼで再現されることは十分に考えられることです。
いざという時に命を落としたり人に迷惑をかけなくていいように日頃から準備しておいてください。
これは店員さんからのお願いであり、私からのお願いでもあります。

ページ先頭へ