ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

東京で過ごす6回目の誕生日

2020.11.25 Wednesday

今日で32歳になりました。
昼間は副業に行きましたが、誕生日ということで夕方は帰りにしゃぶしゃぶを食べてきました。

27歳から6回連続で誕生日を東京で過ごしました。
ただし東京在住の期間は5年半を超えたところです。
とはいえ来年の誕生日を迎える頃には東京在住の期間が人生の2割になると考えると感慨深いものがあります。

30代は20代と比べるとやはり変化や刺激に乏しいようで、あまり大きなイベントがないまま早くも2割過ぎてしまいました。
消費税増税やコロナによる混乱もありましたが、それらは10代の頃に経験した混乱を考えれば比較にならないほど小さなものです。

そういえばCOVID-19が最初に中国で広がり始めたのは去年の今ぐらいでしたので、COVID-19もまた1歳の誕生日を迎えたと言えます。
ウイルスと誕生日が近くても嬉しくありませんね。

アメリカの大統領も交代するようですが、これからの1年が平穏であることを願ってやみません。
来年の誕生日をまた東京で過ごすにしても京都で過ごすにしても、今日のように楽しく笑って過ごせたらと思います。

広島・福山の旅

2020.11.01 Sunday

先月4日、広島の福山に行きました。
福山市は広島県の西の方に位置し、広島市に次ぐ広島第二の都市です。



東京から広島に行くにはいろいろな方法がありますが、今回は時短で旅を楽しもうと思って飛行機を選びました。
ちなみに今回の旅の目的は友達に会うことです。

ところで松阪はどうしたんだと言われそうですが、松阪の方は諸事情によりいくべきかどうか迷ってます。
多少ためらい要素はあるもののいずれは宗林家のルーツを探りたいですが、あまり急いでるわけではないので先に福山の方に行くことにしました。

・・・


というわけで羽田空港にやってまいりました。

東京の中でも田舎の方に住んでるので羽田空港まで距離があり、朝はとても早かったです。
羽田へ行く時はいつも品川駅から京急に乗るのですが、京急=羽田に行く電車というイメージがあって乗るととてもテンションが上ります。
他の乗客も大きな荷物を持ってこれから飛行機に乗る人が大半で、それがますますムードを引き立てます。

羽田空港には出発の1時間前に到着しました。
時間に余裕があるので塗り薬を買いました。
チェックインを済ませて、荷物を預けたり手荷物検査を受けて飛行機に乗り込みます。

今回乗った便はJALのJL255便です。
飛行機に乗る時はいつも窓際で、後ろのほうの席を取ることが多いです。
今回ももちろん後ろの窓際席を取りました。


飛行機が離陸すると上空から羽田空港の全体が見渡せました。
最高の眺望です。


多摩川を挟んで手前が川崎、奥が東京です。
都心のビル群やレインボーブリッジも見えます。


ところがどっこい、今日は天気があまり良くなかったためか巡航高度に達すると雲で隠れて地面が見えなくなりました。
せっかく双眼鏡を持ってきたのに残念ですが、これはこれで美しいのでよしとしましょう。
下が見えないので機内WiFiを使ってGPSで位置を確認しながら空の旅を楽しみました。


長野と岐阜の県境付近を通過してます。


飛行機が名古屋上空に差し掛かったあたりでいちご味のたけのこの里を食べました。
ちなみに私はたけのこ派です。


たけのこの里を食べてる間に飛行機は実家のある亀岡に接近しました。
とは言っても京都市右京区京北町上空ですので亀岡からはちょっと離れてます。


母校である京都府立農芸高校の近くを通過しました。
もし雲がなければ間違いなく寮とか見えてただろうなあ。

これより先は実家より西になりますので土地勘があまりなく、眺望もよろしくないのでこれから会う人と思い出話をしてました。
位置情報を見てると中国地方の瀬戸内海沿岸よりもだいぶ内陸を飛んでたようです。
それにしても飛行機でネットが使えるとは便利な時代になったものです。


いよいよ目的地が近づいてまいりました。
広島空港は福山よりも西にあるので、一旦福山を通り過ぎてからまた福山に戻る形になります。


ところが広島空港も通り過ぎてしまいました。
これは着陸する時にUターンして西から東に向けて滑走路に進入する必要があるためだと考えられます。

機はUターンしながら高度を下げて無事に時間通り広島空港へ着陸しました。


8時40分に東京を出発して約1時間半、10時過ぎにはもう広島に降り立ちました。
あまりにあっという間すぎて「本当に広島に来たのか?」と不思議な感覚でしたが、これを見ると「ああ、広島に来たんだな」と思いました。

・・・

広島空港は広島市と福山市のちょうど中間にあります。
普段ならどちらからでもアクセスしやすいと言えますが、あいにくコロナの影響で福山行きのリムジンバスが運行を停止していたためここから空の旅と同じくらいの時間をかけてバスと電車を乗り継いで福山に向かいます。

まずは空港からリムジンではない普通のバスで三原駅へと向かいました。
地方の普通のバスという感じでしたが、それはそれで味があってよかったです。
次に三原駅から山陽本線で福山へと向かいます。電車はガラガラで景色を楽しみながらの快適な旅でした。
車窓から三原や尾道の景色がよく見えました。

そしてついに福山駅に到着。
ここで相手の車を探して無事に合流しました。

相手は女性の方です。彼女ではありませんし好きな人でもありません。お客様でも仕事上の人間でもないです。
純粋にお友達としてお会いしました。


最初に向かった先は福山駅のすぐ近くにある福山城です。


立派なお城ですが中には入れませんでした。

次にご当地グルメである尾道ラーメンを食べに尾道ラーメン竜ちゃんへ行きました。

竜ちゃん - 西新涯町/ラーメン [食べログ]

福山市内ですが尾道が隣にありますので、ここは尾道ラーメンの激戦区。
実は羽田空港へと向かう電車の中でレビューを見てこの店に行こうと決めてました。

迷わず看板メニューである尾道ラーメンを注文しました。
背脂が多いですが味はしつこくなく、あっさりしていました。
尾道に行かれる方は是非立ち寄ってみることをおすすめします。

大きな荷物を持ってきたので店員が気を利かせて荷物を入れるための箱を用意してくれました。
食事中はそこに荷物を入れてたのですが、お店を出た時に荷物に箱がくっついてることに気づかずそのまま外に出てしまいました。
そして駐車場に出た時に相方がそれに気づき、慌てて箱を店内に返しに行きました。

これはもう大笑いでした。これを超える笑いは向こう1年ぐらい出てきそうにありません。
今これを書いてる間も思い出し笑いをしてしまいます。

次に向かったのは鞆の浦。とものうらと読みます。
鞆の浦は瀬戸内海に面した港町で、崖の上のポニョの舞台にもなった場所です。
鞆の浦の沖には仙酔島があり、そこにはフェリーで行くことができます。


手前の鳥居が立ってる島が弁天島で、奥の大きな島が仙酔島です。

フェリーの料金は往復で240円ととてもリーズナブル。
1時間に3本も運行してるので、鞆の浦に来たのであれば乗らなきゃ損です。


「平成いろは丸」はディーゼルエンジンで動く船で、バスのような音がしました。
乗り心地もバスとよく似ています。バスのように安いのも納得ですね。


船が走る様子を動画に収めました。動画でお楽しみください。


もう仙酔島が間近です。あっという間の船旅でした。


仙酔島に上陸し、鞆の浦に戻っていく平成いろは丸を見送ります。


仙酔島探検のはじまりはじまり~。相方いわくここはポケモンが出没するとのこと。


小島をバックに子どもが海水浴?潮干狩り?を楽しんでます。


露出した岩盤にいかにも人工的に固められた壁が混在してる様子がいい味を出してます。


ところどころ岩肌が露出した険しい地形からダイナミックな地質活動と浸食が絶えず続いてることがわかります。


鉄を含むきれいなオレンジ色の岩盤。


海沿いの道を歩いてると砂浜にたどり着きました。
このまま島を一周して船着き場に戻ってくると思いきや、ここで行き止まりなようです。
というわけで来た道を引き返すことにしました。


戻る途中で綺麗な花が咲いてるのを見つけました。ランタナというクマツヅラ科の植物です。


仙酔島をあとにして鞆の浦へ戻りました。

この後は岡山の笠岡までドライブしたりスタバに行ったりしました。
東京にも京都や大阪にもないドラッグストアやスーパーの看板を見ると遠くに来たなぁと感じます。


福山駅で相方と別れて、駅ナカでお土産を買ってから東福山駅へと向かいました。
駅のホームから見えるライトアップされた福山城が綺麗です。

東福山駅の近くのココイチで食べてから大阪・梅田行きのバスへと乗り込みました。
翌朝には京都に到着し、しばらく京都に滞在してから東京へ帰りました。

福山を案内してくれました相方にこの場を借りて感謝いたします。

・・・

今回の旅は福山で宿泊しませんでしたのでGotoトラベル等は利用できませんでした。
しかし福山やその周辺には他にも見どころはたくさんありますので、泊りがけで行くのもおすすめです。
カップルや子連れの方はGotoトラベルキャンペーンが行われている今だからこそ泊りがけで行ってみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ