ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

冬の沖縄旅行記 1日目

2021.03.31 Wednesday

3月24日で東京に引越して丸6年を迎えました。
6年前は自転車に乗って東京に来て物件探しをしましたが、あれからもう6年になるのです。
上京4年記念で行った高尾山でさえ2年前の話かと思うと、時間の流れは本当にあっという間だなと感じさせられます。

そういえば去年の今頃に上京5年記念と称して日暮里の宗林寺に行きましたが、それも結局記事にできてません。
宗林家と宗林寺に直接の関係はなかったのでそれ単体では記事にしない予定ですが、綺麗な桜の写真が撮れたので、今後松阪に行って宗林家を詮索するネタを記事にした時に掲載しようと思います。

・・・

それではネタが古くならないうちに本題に入ります。
今年の1月に生まれてはじめて沖縄へ行ってまいりました。一人旅です。

なぜ沖縄に行こうと思ったのか、それは航空券がとても安かったからです。なんと行き帰りともに1万円でお釣りが来るような値段で取れました。
昨年10月に福山に行った時と同じように帰りは実家に寄りたかったので、行きは羽田発那覇行き、帰りは那覇発関西行きの航空券を取りました。
1月15日から17日の2泊3日の旅です。

・・・

もともと15日の午後に飛行機に乗る予定でしたが、それが欠便になってしまったため早朝の便に変更になりました。
自宅から羽田空港は距離があり、寝坊すると一発で詰むので前日の夜のうちに空港の近くで泊まることにしました。
幸いにも友人の車で羽田空港の近くまで連れて行ってもらい、車内泊をした後に余裕を持って早朝の便に乗り込むことができました。
あまりにも時間が早かったのでまともな店が開いておらず、朝食はお菓子や弁当を買って機内で食べることにしました。


福山の時と同じく右の窓側の席を取りました。前回はJALでしたが、今回はスカイマークなので主翼にハートマークがついてます。


右は言わずと知れた富士山。左に見えるのは南アルプスこと赤石山脈。


赤石山脈にさらに近づいたタイミングで撮影。この中に富士山の次に標高が高い北岳や、赤石山脈の名前の由来となった赤石岳が含まれますので拡大してよく観察してみてください。

ここから機は南西に針路を変えて太平洋の上を飛び続けることになりますが、ちょうどこのタイミングで客室乗務員が来て空いてる席を案内してくれました。
その時に左側の席に変わりました。


静岡の御前崎あたりで太平洋に出て、ここから到着までほぼ同じ景色が続きました。
残りの時間は一旦景色から離れてパソコンで作業をしたり食べながら過ごすことにしました。


飛行機に揺られること3時間、ついに着陸です。沖縄のエメラルドグリーンの海がすぐ下に見えます。


那覇空港に到着しました。綺麗な魚たちが出迎えてくれました。


空港のすぐ近くに南国を感じさせる森があります。つい3時間ちょっと前は東京にいたことが信じられないですが、それを見て南国に来たんだなぁと思いました。

ところで沖縄旅行はレンタカーを借りるのが王道のようです。しかし私はゴールド免許(意味深)ですのでレンタカーは借りず公共交通機関と徒歩で移動します。


よく「沖縄には鉄道がない」と言われますがそれは嘘です。ゆいレールがあります。あれ、モノレールは鉄道に入りましたっけ???
それはともかくこれから3日間、このゆいレールをメインで使って那覇市内を散策しますので、ゆいレールの2日フリー乗車券を購入しました。



沖縄に到着して最初に向かう目的地は瀬長島です。
瀬長島は那覇空港のすぐ横に位置し、最寄り駅は隣の赤嶺駅ですので1駅だけゆいレールに乗ります。


赤嶺駅は日本最南端の駅なんですね。自撮り趣味はないので空っぽの状態で記念撮影。

さて、空港の横の島なので歩いてすぐ着くかと思いきや案外距離があり、3キロは歩きました。
1月だというのにぽかぽかと暖かく、歩いてると暑くなってきたので上着を脱ぎました。
今朝の東京がとても寒かったのがまるで嘘のようです。


エメラルドグリーンの海は見ていて飽きません。


瀬長島に到着しました。



瀬長島のウミカジテラスにあるGallirallus (ガルリラルルス)というお店に入りました。
ビー玉のような寒天の中に本物のお花が入ってます。
美しい沖縄の海をバックに写真に収めると絵になりますね。



これが1月の景色に見えますか?


瀬長島の山のほうはこんな感じ。
右奥にはホテルがあり、左がさっき行ったウミカジテラスです。

アロハシャツを売ってる店があったので買おうと思いましたが、高かったのと露出の高い服装は蚊に刺されそうなのでやめました。
暖かいということはつまり1月でも蚊がいるということです。

瀬長島をあとにして、来た道をそのまま戻って赤嶺駅へと向かいます。
2日目は美ら海水族館に行きますのでバス券を買いに行く必要がありますが、荷物が多いので一旦ホテルに行って荷物を置くことにしました。

もともとネカフェに泊まろうと思ってましたが、旅に出る前に好きな人(最高のクリスマスから1年を参照)がちゃんとしたホテルに泊まることを勧めてくれました。
GoToは使えませんでしたが、それでも非常にコスパの良いホテルを見つけましたので皆様にも紹介します。


グリーンリッチホテル那覇は通常の部屋と男性専用のキャビンルームの2種類があり、私はもちろんキャビンルームのほうに泊まりました。
キャビンルームとはカプセルホテルのようなもので小さな部屋が2段構成でたくさん並んでいます。

GoToなしでも1泊2000円で泊まれましたので、男性の皆様には是非おすすめです。



最寄り駅はゆいレールの美栄橋駅です。
駅からは徒歩8分と少し離れてますが、街歩きを楽しめる人には全然苦にならない距離です。


歩道橋から見た那覇の街並み。


県庁前駅からの眺め。なんとなくさいたま市の浦和駅周辺と雰囲気が似てるような気がしますが、気のせいでしょうか。


程よい都会度です。

那覇バスターミナルに行って美ら海水族館に行くバス券を買いました。
往復のバス券を2900円で買うことができました。
窓口の人の話し方がとても特徴的だったので、外国の方か聞いてみたところウチナーンチュ(沖縄人)でした。
そして私が関西出身者であることが一発でバレました(笑)



有名な国際通りを歩きます。
国際通りはすごいとかやばいとかよく聞きますが、実際に行ってみるとよくある地方都市のメインストリートです。

国際通り沿いにある「沖縄美ら海水族館アンテナショップ "うみちゅらら"」でお土産を買いました。
お店に入ったときに女性店員がお菓子をいろいろ試食させてくれたので、それを参考にお土産を選びました。
とりあえずちんすこうは外せませんね。
買いたいお土産はたくさんありましたが、明日美ら海水族館に行くので程々にします。

・・・

午前中に沖縄に上陸しましたが、あっという間に時間が過ぎてあたりは暗くなってきました。
よく考えると昼食はあの綺麗なジュースだけだったので夕食はバイキングでガッツリ食べたいと思いました。
ところがバイキングの店がなかなか見つからず、1日目は焼肉五苑アクロスプラザ古島駅前店に行くことにしました。



バイキングなので昼の分までガッツリ食べました。
しかしここは沖縄料理の店ではないので、2日目は沖縄料理の店に行きたいと思いました。

ゆいレールでホテルに戻って大浴場に入り、明日の美ら海水族館を楽しみにしつつ眠りにつきました。
予定よりずっと早く沖縄に上陸してあちこち散策できた、とても充実した1日でした。



本日の移動。
飛行機の距離はすごいですが、まだ沖縄のほんの一部しか見てない感じです。
地図で見る沖縄は小さな島ですが、実際に行ってみると想像以上に広かったことを明日知ることになります。

2日目に続く。

ページ先頭へ