ブログメニュー

カレンダー

記事一覧

検索

プロフィール

Feed

人の上に立つ人間は人一倍高潔であるべき

2021.07.23 Friday

東京2020オリンピックがついに強行されることになりました。
そして小山田圭吾、のぶみ、ラーメンズなどボロが次々に出て炎上聖火リレーの様相を呈しています。

今回の記事では彼らの炎上、特に小山田圭吾に絞って人の上に立つことの重大さについて取り上げたいと思います。

・・・

小山田圭吾はコーネリアスというバンドに所属し、オリンピックの開会式の曲を担当するはずでした。
しかし1995年に投稿した雑誌の記事で義務教育の頃にいじめをしてたことを自慢していたためそれが蒸し返されて炎上し、曲の制作から外れることになりました。
雑誌に投稿したのは27年前、いじめは40年前の話です。かなり昔のことなのでSNS上でもいいのでしっかり謝罪すれば許された可能性も高かったでしょう。
ろくに謝罪もせず辞任で終わらせようとする態度も炎上に油を注ぐことになりました。

大昔のことを蒸し返されてかわいそうだと言う人がいますが、小山田の悪行は業界では有名でした。
私も以前存在した「クソガキどもを糾弾するホームページ」を見ていじめをやってたミュージシャンの存在自体は知ってました。

コーネリアスこと小山田圭吾の悪行(ウェブアーカイブ)

おそらく雑誌に掲載された後も音楽仲間にはいじめを武勇伝のように自慢してたのでしょう。

・・・

小山田のファンの中には擁護する人も少なくないようで、ツイッター上ではそれが論争を巻き起こしています。
例えば「作者と作品は別」という論調をここぞとばかりに吹聴する者が多数出てきました。

この意見に対して私は「クソが作ったものは問答無用でクソ」だと考えます。
コーネリアスの曲をユーチューブで聴いてみましたが特にいい曲とは思えませんでした。
これが小室哲哉のような作風なら結末もまた違ったかもしれません。

実際に小室哲哉は逮捕されたことがありますが、現在では復帰していてファンもたくさんいます。私も小室哲哉のファンです。
小室哲哉はそれほど問題のある人物ではなく、単に世渡りが下手だったためにトラブルに巻き込まれたのだと私は考えてます。
本当に小室哲哉が悪人ならあれだけのヒットを出すことはできなかったでしょう。

翻っていじめをするような心の汚れた人物に良い芸術作品が作れるでしょうか。答えはノーでしょう。

これは小山田から炎上聖火が引き継がれたのぶみを見てるとよくわかります。
のぶみは絵本作家ですが、子どもに読ませるには大いに問題のある絵本を書いてるため子育てをしてる人からは蛇蝎の如く嫌われています。
のぶみの絵本を読んだことがありますがどれもこれも酷いものでした。いくつかまともな本もあると思ったら今度はパクリだったというオチ付きです。

のぶみがクソであることはのぶみの作品がクソであることとセットだという意見に多くの人は異論がないと思います。
ところが小山田に関しては彼の音楽が好きだという人が一定数いて、それがどうやら「作者と作品は別」という派閥と、「作品が悪くないので作者も悪くないはずだ」という派閥に分かれているようです。

歴史上の芸術家の中に性格に問題があったと言われてる人は少なくありません。
生きてないことをいいことに事実とは異なる人物設定を付け加えられたケースもかなりあると思われますが、それが事実だったとしても作品に対する評価は揺るぎないものがあります。
このことから、作者と作品を分けて評価する論調にも一定の社会的コンセンサスがあるようです。

・・・

では小山田が小室哲哉のような万人受けする曲を作っていたら辞任しなくてもよかったのでしょうか。
それもまたノーです。

オリンピックの開会式の曲を作曲するとなればそれは日本を代表する作曲家として名乗りを上げるも同然です。
東京2020に参加することはどうやら不名誉な経歴になりそうですが、本来であればオリンピックに携わるのは他の作曲家から眺望の眼差しで見られるようなことです。
そして本来であればこの経歴はキャリアとなり、オリンピック後は多くの作曲家を指導する立場になっていくことでしょう。

このことはすなわち人の上に立つということに他なりません。
人の上に立つということは他人の人生や社会に大きな影響を与え、多くの人のお手本になるということです。

お手本になる人がいじめをするような人でいいでしょうか?

いい訳ありませんね。
作曲に限らず、人の上に立つ人間は人一倍高潔であるべきです。
これは日頃から批判している国立大学の教員にも当てはまります。

性格が悪くても研究実績さえ上げてたらいいという話ではないのです。
地位にかこつけて多くの学生や研究者を指導する立場であるからこそ人間としての高潔さが求められるのであり、それなしにはいくら研究能力に長けていても地位を与えてはいけません。
もし地位にかこつけてハラスメントを行うような者がいたら直ちにその地位を剥奪すべきです。

・・・

また、人の上に立つということはその下にいる人の責任まで引き受けるということでもあります。
小山田はいい歳ですので既に多くの後輩を指導されてることでしょう。もしその後輩がいじめなどをしていたらそれは小山田の責任でもあります。
音楽にしても学術研究にしてもろくでもない指導者のもとでろくな人間は育ちません。
負の連鎖を起こさないという意味でも人の上に立つ人間は高潔でなければならないのです。

冬の沖縄旅行記 3日目

2021.07.08 Thursday

冬の沖縄旅行記 1日目2日目の続きです。

気づけばあれから半年近くなりますが、本日7月8日は那覇の日なので今日で沖縄旅行の記事を完結させます。


沖縄に来ることは滅多になく、次がいつになるかもわからないので1日目と2日目でお土産を大量に買いました。
ここに写ってる他にさらに空港でも買ったのですが、これだけ買っても帰ってから2週間ぐらいで全部なくなりました。
チンアナゴドロップは好きなツイキャス配信者に贈るお土産です。

これだけお土産があると荷物をまとめるのも大変です。
お土産が破損しないように荷物の詰め方を工夫しました。

ホテルのチェックアウトは11時、飛行機の出発は13時です。
そして12時にはゆいレールフリー乗車券の期限が切れるので急いで空港へと向かいます。

・・・と言いたいところですが、空港へ向かう途中で行きたい場所があったのでそこに立ち寄ることにしました。



はい、何の変哲もない公園ですね。


ん?



漫湖公園、なんと素敵な名前の公園でしょうか!

この公園は桜、藤、ハイビスカスなど多種多様な花が植わっていて見頃になると写生大会が行われるそうです。
沖縄と言えどもさすがに冬だと花はポツポツとしか咲いてませんでした。

このすぐ近くには漫湖という湖があります。漫湖にある公園だから漫湖公園、そのまんまですね。
漫湖水鳥・湿地センターという博物館的な施設もあるので行ってみたかったですが、あいにく時間がないので空港へと急ぎます。
漫湖公園は空港からあまり離れてないので、帰るまでのちょっとした時間つぶしにはおすすめです。

次回来た時は漫湖水鳥・湿地センターに行ってみようと思います。

・・・

フリー乗車券の期限が切れる前に無事空港に到着しました。


沖縄うどん。ラフテーが入ってます。

まだまだ時間があるので前述の通りお土産を追加で買いました。
そしていよいよ飛行機に乗り込みます。


行きはスカイマークでしたが帰りはピーチです。また、行きは羽田空港から出発しましたが帰りは関西国際空港行きです。
つまり、広島の時と同じく実家に帰るということです。


那覇空港は滑走路を自衛隊と共有してますので、自衛隊機や自衛隊の格納庫が見えます。
陸海空、全ての自衛隊施設が那覇空港にあります。


さらば沖縄、また会う日まで。


何やら美しい島が見えます。手前から神山島、クエフ島、ナガンヌ島、奥に見えるのが前島とその周辺の島です。
どれもとても綺麗な島のようなのでいつか行ってみたいです。


あっという間に飛行機は雲の中へ。飛び立ってから7分程度ですが、もう美ら海水族館の近く、伊江島の沖に差し掛かってました。


徳島上空。広い谷を流れる川は吉野川です。
なんか既視感のある景色だなと思ったら、2008年にオーストラリアに行った時の帰りにもこの景色を見たのでした。
この景色を見ると「ああ、もうだいぶ帰ってきたんだな・・・」と思いますが、2008年のそれは帰ってから怒られることが約束されていたため、かなり気が重かったです。

今回はもちろん帰ってから怒られるようなことはありませんが、ちょっと嫌なことを思い出してしまいました。


明石海峡大橋。小さく見えますが実物は巨大です。


神戸空港。このすぐ近くを通ってぐるっと旋回して関西国際空港に着陸します。

2時間のフライトはあっという間でした。
実家に帰るにはここからさらに3時間かかります。

関空特急はるかは運休していたようなので鈍行で帰りました。


JR京都線の車窓から。

家についた頃には18時を過ぎてました。

・・・

今回の沖縄の旅はあっという間でしたが、冬場ということもあって観光客も少なくのんびり楽しむことができました。
是非来シーズンも行ってみたいです。
美ら海水族館など同じところに行ってみるのもいいですが、沖縄本島だけではなく周辺の島々を訪れたり、さらに数百キロ足を伸ばして石垣島や宮古島にしてもいいなと思いました。

また、今回は前回の広島と違って完全なる一人旅でした。
一人旅ってこんなに楽しいんだなあと気づいたのが今回の旅の大きな収穫であります。

関西圏や関東圏の一人旅はよくしてましたが、一緒に行く人がいないので仕方なく1人で行ってるようでどことなく寂しさを感じる旅になりがちでした。
しかしこの沖縄旅行は1人でも全く寂しくなく、むしろ1人でいることを最大限に楽しめました。

これは沖縄が一人旅に適しているのか、それとも歳のせいなのでしょうか。

ページ先頭へ